ひす日記BBS

日々の出来事や、連絡事項

2018-02

ミニー合流!

というわけでこんな感じで私がバイクで走り回っている間にに、
家では奥さんが寒い中にもかかわらず、
汗をかきかき一仕事してくれておりました。

というのは…

IMG_0906.jpg
すっきりした~♪

朝からミニーちゃんをシャンプーしてくれていたのです。
というのも、患ってた耳と皮膚の病気の方もずいぶんよくなり、
先日お医者さんから
「他の子と合流しても大丈夫ですよ。」
とのお墨付きをいただいたので、
この日はうちの子たちとの顔合わせをすることにしていたのです。
だからその前にシャンプーをしてきれいにしていたというわけ。

そういうわけで、みんなとドキドキの初対面でしたが、
当初、かりんをはじめとする女子組(チップ除く)で派手なケンカがあったようですが、
その後は、微妙な距離をとりつつも一見平穏。
(ちなみに、女の子同士のけんかがあったとき、
男子チームは火の粉が飛んでこぬよう離れており、
特に、ポチなどは部屋の端まで行き、
「女の子怖い…」
と固まっていたとか。)

で、私が帰宅したころには、もう皆仲良くしている風で、
前述の女子チームとも、

IMG_0926.jpg
「くんくんくん…」
「………」


と、ケンカをしたりはしなくなりましたので一安心。

で、どう?ここは?

IMG_0908.jpg
「寂しくなくて嬉しい♪」

そうそう、一人で寂しく過ごしていたときと違い、
今はもう常に誰かがそばにいるからね。

だからみんなと仲良くご飯を食べたらリラックスし、
IMG_0917.jpg
ZZZZZZZ…

しっかり定位置を決めて、そこで丸くなっておねむ。

こうして最初の顔合わせは無事に終えることができ、
少し気にしていたおトイレも、きちんとお利口にしてくれてほっと一安心。

そして翌日。

IMG_0931.jpg
「お散歩♪お散歩♪」

そう、お散歩もみんなと一緒に行けるのでもう寂しくありません。
でもまだ慣れないので、まずはポコと一緒にゆっくり散歩。

でもポコのお散歩なので、連れて出るのはお母さん。
で、実はお母さんがミニーちゃんを連れ出すときは、今まで決まってお医者さんへ行くとき。
だから、ミニーちゃんの脳裏にはふと不安がよぎります。
IMG_0930.jpg
「え… もしかしてお医者さん?」

でも、大丈夫。
今は本当のお散歩やから安心して楽しんでおいで。

IMG_0933.jpg
「本当にお医者さんと違う?」
「ちがうで~♪」


そんなわけで散歩に出たミニーちゃんですが、
途中までは信じておらず、
「ほんまはこうやってお医者さんへ連れていんやろ~。」
という表情のままで、帰り道、家の方向へ向かうと、
一目散で家に向かって駆け出したとか。

まあ、お家が大好きな子になってくれてよかった。



さて、このような感じで一応区切りはついたものの、
実はミニーちゃんのお腹のできものが非常に気になる。
おそらくは乳腺炎だとは思うけれど、悪性のものである可能性も否定できない。

そういうわけで、落ち着けば手術することとし、
その回復を待って、H岡さん宅にお届けしようかなと考えております。

ミニーちゃん

この時書いたように、最近ではご機嫌で散歩に出るミニーちゃんですから、
今では、顔を合わすと…
IMG_8653.jpg

とこの様にお散歩をねだってきます。

ですが、ここしばらく極端に気温が低かったので、しばしお散歩を中止していたところ、

「わんわんわん!(行きたい!い・き・た・い~!)


と騒ぐではないですか。
まあ、こういう場合も少し放っておくとこの子は諦めて小屋に戻り大人しく寝るのですが、
それもかわいそうだなと思い、「それではね…」と連れ出すと。

IMG_0545_20180124105324318.jpg
「なにこれ?!メチャ寒いんですけど!」

と、風を受けしばし硬直。

で、近所を一通り歩くとすぐに納得したかのようで、
そのまま家に向かってスタコラサッサ♪

その後は暖房のきいた部屋の中で、ガムをかじってご機嫌でした。


この子が警察からやってきてもうひと月。
その間皮膚と耳、そして目の治療を続けてきた結果、
ずいぶんよくなってきたので、
そう遠くなく、うちの家を出て新しい飼い主さんの下へと行っちゃうのです。

むろんそれがこの子にとって本当に喜ばしいことであるのは十分わかってはいるのですが、
既に私は情が移ってしまっているので、そのことを思うと気持ちが…


だから最近では、
まだもうちょっと、耳の調子がいまいちやね…
とか言いながら薬を点し、そしてこの状態がもう少し続けばいいのにとさえ思ってしまいます。

でもな~。


だからまだ今はもう少し、
この子と一緒に散歩に出たりしたいなと…


*予告*

そんなミニーちゃんに先日あることが!
くわしくは明日!

ムクの眼

さて、先日の日記の最後で「必要に迫られて」と書いたように、
とある用事で車を出して向かった先は、

IMG_0811.jpg
動物の高度医療センター、「ネオベッツVRセンター」


IMG_0793.jpg
「え?またここですか?」

そう去年末に一度ムクはここで目の検査をしてもらいました。
「ムクとおでかけ」参照)
ですがその後急激に眼の容態が悪化してきたので、再度診てもらうためにやってきたのです。

IMG_0797.jpg
「なるほど、グーグー」


いやいや、あんたの眼のことなんやで!

IMG_0799.jpg
「はいはい、好きに見てくださいよ… ZZ…」

とまあ、本人はこの様にいたって呑気で、その後の診察時も半ば夢心地。
でもさすがに途中で一度目を覚まし、

「え?!ここはどこ?! 私は…ムク?」

となったものの、またすぐに眠くなって、

IMG_0806.jpg
「ZZZZZ…」

まあ、こんな感じで痛みや不快感はないようで一安心は一安心。

ですが、前述の悪化した眼の状態はというと、かなり深刻で、
具体的には角膜中央部に穴が開き、体液が流れ出て、
今は薄皮一枚で眼球内部が閉ざされているような状態だとか!

下の画像で見ていただくとよくわかると思うのですが、
IMG_0806A.jpg
白内障で白く濁った角膜中央部、一見瞳に見える部分がクレーターのような穴です。

そしてその原因としては、潰瘍や感染が見られないことから、
自壊作用と、自己修復機能の衰えではないかとのことでした。

こういう場合本来は、手術などで対応するのですが、
高齢のムクの場合、メリットよりもはるかにデメリットが大きい。
(どのみち、白内障で見えなくなっている眼ですし。)
また、痛みなどもないようなので、このままの状態を見守るのがベストであろうとのこと。

とはいえ、少しでも進行を遅らすための薬の点眼や、
家の中で誤ってぶつけたりして破裂させないように、
問題のありそうな場所をクッション材などでカバーしたり、
そういったことはせねばなりません。

とはいえ、本人に痛みが無いことがわかったので、
ある意味ほっとしつつ診察室を出た私たち。

ムクも疲れ果てたのか、首をだらしなく垂れて完全熟睡。

IMG_0808_201801311040203ac.jpg
「ぐ~~~~。」


さあ、帰ったら取りあえず、ぶつけそうなものをプチプチで梱包しようか。

IMG_0812_20180131104022b96.jpg
「プチプチよりも抱っこがいいな~。」

貧乏性(お散歩篇)

さてさて、先日の休日はこの冬最高クラスの寒気襲来!
(なんか毎週こういう事言ってるね。)
ですが、ふたを開けたら朝から良い天気で風もない。

だから、バイクに乗ろうとガレージに向かったのですが、
その前に、少しだけわんこ達を散歩に連れ出してやることに。

まずはミニーちゃん。
IMG_0661.jpg
「うひょ~!寒い寒い~!」


「あれ?」


IMG_0662.jpg
「むしろ暖かい?」

と、ミニーちゃんも少し混乱するほどに、日陰と日向で温度が違う。
お日様の力って偉大過ぎるね~!

だから、その後のわんこ軍団も…

IMG_0720_201801311321563d0.jpg
「あたたか~い♪」

で、程よく暖まったのですすっもうかと思うと…

IMG_0722.jpg
「日向から出るのがもったいないです!」

と、以蔵君&影法師が断固拒否!

そうこうしていると前方から見慣れた人&犬影が。
IMG_0731.jpg
あ!ぽこ&へちまの仲悪いコンビだ!

実はこの二匹、とても、とて~も仲が悪いのです。
ですが、どちらも負けず劣らずお母さんが大好きなので、
この様に揃って散歩するのです。

IMG_0732.jpg
「へちま嫌い! フ~ン!」
「ポコ嫌い! ツ~ン!」


ですがこの二匹こちらに気づくと…


IMG_0733.jpg
「なんだ?なんだ?」
「どした?どした?」


で、一通り挨拶と情報交換を済ませたら、
IMG_0737.jpg
「いってきまぁ~す!」×2
「なんか、気が合ってるよね。」「ね。」


で、わたしたちは家に戻ったのですが、
その後、私はバイクを取り出し一通り乗り出したのですが、
相変らずの天気の良さにたまらず、
再度わんこ達を散歩に連れ出しました。

しかし、確かに陽は出ているものの日が傾いた分日陰ばかりで、
おまけに風も出始め、寒い寒い!

そういうわけで、わんこ達は今回もすき間のような日向を見つけ、
IMG_0761.jpg
一旦集合~!

で、体を温めた後また歩き出したのですが…

IMG_0764.jpg
「いや、もうちょっとここに…」

なんだかデジャヴのような光景でした。

(=^^=)ゞ


で、一通り歩いたのち、今度はミニーちゃんを連れ出して。

IMG_0738.jpg
くんくんくん…

すっかり散歩に慣れたこの子は、近頃は自分のペースで歩きたがります。
でも放っておくと、すぐ道の端っこに行って、あれこれにおいを嗅ぎたがるので、
引っ張らぬよう巧みに誘導し、今まで行ったことない場所まで連れ出してみました。

IMG_0741.jpg
「あれ?ここはどこ?」

でも鼻が良いのか、こういう時は迷わず家に方向へ向かいます。
IMG_0742.jpg
「お家はこっち♪」

そんなわけで、結局何度も散歩に出たので、
この日私が歩いた距離も、6キロほどとなりました。

時間がないよ~!
とか言いながらも、こういう天気の良い日はつい、

「わんこ達を連れ出さねばもったいない!」

と、そう感じてしまう貧乏性な私なのでした。

(=^^=)ゞ

寒い日散歩

IMG_0534.jpg
「いってきまぁ~す!」

毎日厳しい寒さが続きますが、こちらは雪が降ることがほとんどないので、
相変らず私たちはこうして毎日散歩に出ることができております。
とはいえ、我が家のわんこは皆高齢の小型犬なので、寒さには弱い。
(くわしくは「愛犬は家の中へ…」を参照ください。)
ですから、朝一番の散歩は休み、
お日様の出ているお昼時を狙って散歩に出ます。
こういうことができるのは、常に家にいる自営業ならではの特権ですね。

CIMG1312.jpg
「いい天気で嬉しいね♪」


でも…

CIMG1315_2018012612265703e.jpg
「日陰は寒い~!」

とはいえ、こんな感じでやはり日中でも寒さは厳しい!
特にこの日など…

CA395735_20180125131209f92.jpg
メダカのバケツが凍ってる!
(このお宅は、表にたくさんバケツを並べメダカを飼っておられるのです。)

こういうときは自販機のHOTなコーヒーがとてもありがたいのです。
CIMG1317_2018012612265983d.jpg
お財布にも優しい自販機。

ですが、ワンコ達にはそうはいかないので、
時折のお日様を逃さず暖まります。

CA395736_20180125131207220.jpg
「ほげ~、あったけ~♪」

ですが、そうそうお日向ばかりを歩けるわけではないので、
日の照らない時はせっせと歩いて体を温めるのです

CA395737.jpg
「ファイトオ~! ファイトオ~!」

あ、なんだかこれって、小学校の体育の授業みたい…


(=^^=)ゞ







«  | HOME |  »

FC2Ad

 

プロフィール

ひす

Author:ひす
ようこそ!
私のプライバシーを覗いておくれ!
(/ω\)

「ひす画像BBS」ができました。
放出品やイベントのお知らせなどを掲載予定す。
また、各種ご連絡・ご相談もこちらまでお気軽に♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する