FC2ブログ

ひす日記BBS

日々の出来事や、連絡事項

2021-04

箱ブスのニップルからの圧漏れ対処 ~ホエーブス(Phoebus) №225)

ホエーブスといえば、すぐに思い浮かぶのがダルマの様な代大小の大ブス小ブスですが、
今回のブスはちょっと変わり種。

DSCN2471_2020120414413403d.jpg
Phoebus 225 通称箱ブス


かなりレアなストーブで、確か1960年代ごろに作られていたとおり、
後にフィラーとポンプが変更され灯油仕様の525になったということ以外、
実は私は良く知りません。(この252はガソリン仕様)
ですが、かなり珍しいうえ程度の良いものはまず見かけないとは知っていたので、
今回このストーブを手にしてまずその状態のよさにびっくり!

そしてケースを開いてみてさらにびっくり!
DSCN2477.jpg
めちゃくちゃきれいやないかいな~!

タンクのラベルに少し焼け跡がある以外は、
「もしや新品未使用?」とそう思えるほどのグッドコンディション。

DSCN2478.jpg
ユニークなゴトクも全く焼け跡無し!

こんな良いストーブのオーナーになれたら幸せだね~♪

そう、実はこれは私のものではなく、とある方からの整備依頼。
とはいえ、前述の湯に程度が良いので、そう手こずることもなかろう。
いざ、サクサクと作業を進めよう!

というわけで、まずは圧漏れ状態を確認しました。
ポンプカップに給油して、適当な回数ポンピングしたのちフィラーを開けて音を確認。
結果、全く音がしないのでどこからか圧漏れしている模様です。

フィラーのパッキンは十分生きてる感じなので、疑わしきはNRVと安全弁。
その結果、
・NRV→コルク製で凹型あり
・安全弁→ゴム製で石のように硬化
と、どちらも密閉の役に立たない状態のため、新品と交換。

その後再確認している最中ニップルからの漏れに気づきました。
あああ、これは以前のあれだ…

実はブスのバルブ開閉は、ニードルがチューブに抜き差しされることで行われております。

ブスニードル
こちら参照)

ですので、そのあたり面が荒れていたりしたらば、
ハンドルを回しきってもバルブが閉じ切らず、漏れが起こります。
こういう場合は当たり面を磨くなど何らかの方法で対処すれば収まることもあります。
「ホエーブス ニップル漏れ修正」参照)

そこでさっそく確認してみると…

DSCN2498.jpg
あれ?

見た感じ汚れもほとんどなくきれいな状態で、
ニードルを引き抜きよく見てみても…

s-DSCN2497.jpg
傷どころか汚れもついていない…?

ただ少し気になったのはニードルの形状。
普通当たり面は下すぼまりのテーパー状なのに、
これはそうは見えず結構寸胴。

今まで初期のものから後期のものまでブスはいろいろいじってまいりましたが、
このような形状のニードルは初めて見た気がします。
225特有のもの??
それとも社外品???

いずれにせよ、おそらくこのニードルとチューブ内径がキッチリ合っていないために、
いくら頑張っても微妙に漏れが出てしまうのであろうと…

とはいえ、その漏れは本当に微小なものなので、とりあえずこのまま作業を進めることに。
(自分のストーブなら以前ように鉛を巻いて処置するのですが…)

さて、その後再度漏れを確認するとやはり相変わらずなので、
こうなるとここしかないと大きなレンチを取り出して、

DSCN2500.jpg
結局ヘッドもばらしてしまった!

で、開けてみてまずガスケットがないことに気づきいたので、
新しくガスケット作成したものの…

よく考えるとなんかおかしい…

こいつはケースに収めて使うので、ハンドル位置が決まっている。
ということは、ヘッドの取り付け位置も決まっているから、
任意の位置でキッチリ締め付けれる構造になっているはず!

ということは恐らく…

DSCN2507_2020120414414119a.jpg
取り付けネジ部がテーパーだ!

そう、下すぼみのテーパーゆえ、頑張ればどこまでも締めこめる構造になっており、
一旦緩めたら、次はさらにもう一回し締めこんでキッチリ固定できるのです。
なるほど、だからガスケットが入って無くて当たり前。

そういうわけで、ネジ部にシールテープを厚めに巻いて、
シリコングリスを塗ったうえで締めこんで完了!

これにて圧漏れが収まったので、後は燃料を入れ…

DSCN2521.jpg
テスト燃焼~!

結果無事問題なくテストを終えれたので、
これにてオーナーさんのお手元にご返送~♪


と、思ったのですが!


やはり件のニップルからの漏れが納得できないので、
オーナーさんに了承を得たうえでニードルを少し加工してみました。

当初は以前大ブスで対処したようにニードルに鉛を張り付けてみたんですが、
それだとニップルでつっかえてニードルが上がってこない。
なぜ??
そこで、改めてニードルをよく見ると…

あ!これは大ブスとは構造が違う!

つまり、大ブスと箱ブスでは当たり面が違う!
前者はニードルのテーパー部分で、後者はその下にある凸凹部分。
分かりやすく図で示すとこのような感じ。

20160117103443fa1.jpg

なるほど、だから見慣れたニードルと形状が違っていたのか。
社外品などではなく、箱ブスの専用部品だったのですね。

そう、と分かれば再度この凸凹部分中心とヘッド側の当たり面を奇麗に。
しかし、それでもやはり漏れは収まらないので、そうなったら最後の手段。

DSCN2546.jpg
鉛ワシャを製作し当たり面に装着!

事前にニップルに挿入しスムーズに針先が出ることを確認したのち組付け。
そして、再度テスト燃焼というか、消火テストをいたしました。、

DSCN2553.jpg
結果はバッチグ~!

対処前は、バルブを閉じても、もわもわと頼りない火が燃え続けたのですが、
対処後は気持ちが良いほどスパッと消火!
(この辺りは、下記動画にてビフォーアフターをご確認♪)

そういうわけで、今度こそ作業完了!
オーナーさんのお手元に~♪


あ~、でもこうしてみると、
最初はちょろい作業と思ったものの、
結局あれこれあれこれ、それなりにあたまをひねらねばならなかったな~。
でも初めてのストーブで、いろんなこと知れたから良かった♪
だからストーブいじりは面白い!

箱ブス、なかなかに良いストーブ!
縁があれば私も欲しい!

DSCN2527_20201204144144922.jpg

ヽ(^∀^)ノ


**動画**

スポンサーサイト



コメント

箱ブス

こんにちは

箱ブスなんて知りませんでした。
ホェーブスのサイレントヘッドは実に綺麗に燃えて良いですね。
炎が当たる所の還元されて光り出すのも綺麗だ。

225ヘッドの空気取り入れ形状は逆さ卵型なんですね。
個人的には625の鍵穴形状方がカッコヨイな。

ポンプ部のパッキンは硬化していると取りずらいですよね。
ピンバイスにドリル加えて砕きながら除去しないといけない。
100均のピンバイスドリルφ1mmだかφ1.5mmを折っちまった経験があります。

ポンプ先端のPIPは、真鍮の受けカップが有るタイプならゴムシート打ち抜きの円筒形で良いでしょうが、カップが無いバネ直付けはPIPが凸形状だから製作が多少面倒になりますよね。
長めの円筒形ゴムにカッタナイフで切込むか、ドリルにくわえてヤスリで削って段差を付けるかになるんだろうな。


最近、気温が低くなってきて
MSR-WLガソリンノズルで灯油燃焼だと気化しにくく赤火が出やすいです。
燃料ボトル内の灯油が冷え切っているからです。

Re: 箱ブス

まいどです!
箱ブスはかなりレアなんでほとんど目にする機会がないと思います。
(そういえば、これとよく似たプリムス41もかなりレアで、同様に見かけない…)
でもヘッド辺りは見慣れた感じで安定の高火力でしょ?

ポンプ部などの狭い部分の高架下ガスケット類は、
私はいつもトーチ&精密ドライバーで処理します。
マイナスの頭をノミ代わりに押し付け、一部が砕かれOがCになれば簡単に外すことができますよ。
凸型ピップは鉛筆削りでテーパー加工してから作成してます。
結構使えますよ。

きょうは急に冷えてきたんでこれからいよいよシーズン到来ですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hisuaki.blog31.fc2.com/tb.php/4711-a5b7554c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

 

プロフィール

ひす

Author:ひす
ようこそ!
私のプライバシーを覗いておくれ!
(/ω\)

「ひす画像BBS」ができました。
放出品やイベントのお知らせなどを掲載予定す。
また、各種ご連絡・ご相談もこちらまでお気軽に♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する