FC2ブログ

ひす日記BBS

日々の出来事や、連絡事項

2021-04

宇宙イモ?

昨日の日記(「スペースアポロ」)では宇宙ネタを少しお話ししておりましたが、
今日も引き続き(ある意味)宇宙もの。


先日いつの模様に八百屋さんへ買い物に行くと…

「毎度!今日も社長の好きそうな変な野菜入ってますよ!」
「いや、変なのが好きなんやなのうて、変わったのが気になるだけやん!」
「あら、そうでしたか?!」
「で、どんなん?」
「ほら、やっぱり~!今日はね…」
「うんうん。」
「鈴ナス、ヒラタケ、長キュウリと、宇宙イモ。」
宇宙イモぉ?!
「ほ~ら、食いついた~♪」
「それはいったい?? フリーズドライとか?」
「いえね、なんちゅうか、隕石というかゴジラというかそんな形してますねん。」
「なるほど…」

というわけで、見事術中にはまった私はそれを買って家に戻ったのでした。

で、こちらがその宇宙イモ。

DSCN2154.jpg

ほほ~。
八百屋の兄ちゃんお話しでは、自然薯っぽいイモだとのことだったが、
確かに食べ方を見るとそんな感じ。
で、早速調理すべく中身を取り出すと…

DSCN2156.jpg
確かに隕石かゴジラの背中や!

そこでとりあえず皮をむいてみたところ、

DSCN2159.jpg
へ?

自然薯や山芋系の白く繊維だった感じはなく、未熟で固いジャガイモみたいな感じ。
とはいえ、手には結構なねばねばがあるので、まずはそのまますりおろしてみると、

DSCN2162.jpg
赤くなった!

どうもこのイモはアクがきついようで、擦り下ろす尻から、
というか、カットする尻からこうして赤く変色します。
試しに少し口に入れると、やはりアクのせいかかなり癖のある味。
なお、粘りはかなりなもんで自然薯同様まるでお餅みたい。

ですので、山芋のようにそのままとろろにするには不向きだと思い、
ダシとタマゴで適当に薄めとろろにしました。
それでもおやはりクセは残っておりました。

そこで全てをとろろにすると持て余すなと感じたので、
半分は別の調理法で食べることに。
ただ前述のようにアクが強いので生食よりはやはり加熱した方がよさそう。
なお少し短冊で試してみましたが、少し土臭く、水気のない生イモのようでいまいち。
(でもこの味は確かに以前食べたことあるぞ…??)

てなわけで…

DSCN2161.jpg
一番失敗しなさそうなフライドポテト(?)に

軽く塩コショウを振り熱々をほおばると、
う~ん、不味くはないけどそこまで美味しくもない。
先ほどのとろろの時も感じましたが、
なんというか、全体に大味なんですよね。

例えていうならそう…

大きなムカゴ?
(ムカゴ=山芋のつるに着く実の様な栄養体。詳しくはこちらを。)

思えばムカゴも小粒だから美味しいのであって、
一粒一粒がもっと大きければかなり印象変わりるはずで、
それがたぶんこの宇宙イモにを食べた印象に近くなるんじゃないかな?
と、そう感じると同時に、先ほど生を食べたときの、「食べたことある」感の正体が、
子どものころ生のムカゴをかじった時のそれであったと思いだしました。

というわけで、結論。

宇宙イモの正体は、
宇宙エネルギーで巨大化した
おばけムカゴでありました!


ヽ(^∀^)ノ


というわけで、今日記を書き終わりふと気になった。
「果たしてこのイモは一般に流通しているくらいメジャーなのか?」

そこで検索して調べてみると…

宇宙芋やエアーポテトと呼ばれてるものは、
(学名)Dioscorea bulbiferaの東南アジア原産とされるヤマノイモ科の一種で、
その蔓にできるムカゴを指します。

(くわしくはこちら

本当に巨大なムカゴだった!


というか、以前の日記(「秋の収穫」)に掲載した友人からのこの画像の正体はこいつやったんや!

081017_1934~01

いや~、なるほど、さすが宇宙イモ!
隕石みたいにきれいにオチた!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hisuaki.blog31.fc2.com/tb.php/4699-4b42d808
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

 

プロフィール

ひす

Author:ひす
ようこそ!
私のプライバシーを覗いておくれ!
(/ω\)

「ひす画像BBS」ができました。
放出品やイベントのお知らせなどを掲載予定す。
また、各種ご連絡・ご相談もこちらまでお気軽に♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する