FC2ブログ

ひす日記BBS

日々の出来事や、連絡事項

2021-06

本当に同規格? ~M-1940 AMG製~

DSCN1779.jpg
ブバババババ~!

と元気に火を噴いてるのは、

DSCN1778.jpg
米軍用M-1940!

ほぼ80歳になろうかというから、もはやりっぱな後期高齢者。
ですが、まだまだこのように元気です。

さて、この1940をはじめとする米軍用ストーブ、いわゆるGIストーブシリーズは、
同一の規格にて、複数の会社が製造しておりました。
ですから本来、全てにおいて部品の流用が効くはずなのですが…

そこはそれ、アメリカ製なのでそんなにきちんとできるはずがない。

なるほどたしかに、大まかな部品はそれぞれ流用はきくのですが、
内部の細かな部品については、なんだか微妙にしっくりこず、
特に、スピンドル周辺はどうにかすると圧漏れが収まらなかったりと、もう大変。

まあ、これは同一規格ではあっても、各会社の加工精度に違いがあるうえに、
使用している素材にも違いがあるし、
なによりも、その会社の癖のようなものもあるから仕方がないのでしょうね。、

じっさい、そういうこまかな面だけではなく、
パッと見た目や、手にした時の感触が明らかに印象が違うのですよ。

例えば、今回使用しているのはAGM(アメリカン・ガス・マシン)社製ですが、
これといつものコールマン製と比べると、全く違う!

見た目、手ごたえ、ともにAGMの方が、ごつく、く太く、そして荒く感じます。
だから、これを使ったとコールマンの1940を手にすると、
「やけに小ぶりでかわいく、そして丁寧だな…」
と、そう感じてしまうのです。

とはいえ、実際はそんなことはないのですがね。

DSCN1843.jpg
ほら!ほぼ同じ寸法(左AGM、右コールマン)

でも、なぜだろう?
確かに先ほど言った印象は、毎回毎回、手にするたびに感じるのです。
だから、感覚としてのそういう差は必ずあると、そう思う。

そしてその差は、とりもなおさず好みに直結してくるから、
結局、どちら製が好きなのかということになるわけなんですが…

実はそう簡単に、理屈通りには決まらない。

それぞれどちらにも良い味があれば、悪い部分もあるわけで、
どちらかを選ぶのは正直無理な話。
だから結局は、その日の気分で、どちらを持ち出すのか決めておる次第であります。

そんなわけで、ややワイルド気分になりたかったこの時はAGM製を持ち出しました。

DSCN1792.jpg
結果大正解♪

ワイルドなアメリカン気分に浸りつつ、
朝食のマクドも、

DSCN1798.jpg
ックダノーズ!

こういう時、テーブル代わりにできる大き目タンクのゴリラは良い!

てなわけで、今まで特に意識したことのなかった使い分けですが、
今回を気に振り返ってみると、
どうも土草の上ではこのAGM。
そうではない舗装路などではコールマン。
と、こんな感じで使い分けているkとが判明しました。

私の場合、どうもコールマンは都会的で、AGMは泥くさい、
そういうイメージがあるのかな?

DSCN1802_20201028112031996.jpg


**動画**

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hisuaki.blog31.fc2.com/tb.php/4681-fd4dc16d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

 

プロフィール

ひす

Author:ひす
ようこそ!
私のプライバシーを覗いておくれ!
(/ω\)

「ひす画像BBS」ができました。
放出品やイベントのお知らせなどを掲載予定す。
また、各種ご連絡・ご相談もこちらまでお気軽に♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する