FC2ブログ

ひす日記BBS

日々の出来事や、連絡事項

2021-04

謎の汚れ! ~RADIUS №43 (サイレント)~

今回レストアするのはこちら。

s-l1600c_20201007170133590.jpg
スエーデン軍用RADIUS №43

前回紹介したものはローラーヘッドでしたが、こちらはサイレントヘッドであります。

まあ、こうして見る限り、程度はまあまあよさそうに見えましたし、
実際ストーブ本体を取り出し眺めても…

s-l1600b_20201007170134fd0.jpg
うん、なかなか良い状態じゃない?

と、そう思ったのですよ。
この時は…

ですがいざ作業に入ると、はたと手が止まり考えこむことしきり!

というのも、どの部分もどの部分も、固着がひどく一筋縄では弛まない!
とはいえ、トーチで炙りレンチで咥えりゃいいんじゃない?
そういうお声もあるでしょうが、
じつはこれのフィラーキャップも、ポンプロッドの留め部分も、
細かなローレット加工が施され、レンチで咥えるとすぐ傷が入る。
おまけに、それらはやたら薄いので下手に工具を当てると、
タンクに干渉してしまい傷が入る!

そんなわけで、慎重に皮で保護しつつ、レンチをかましてじっくり焦らずに緩めることに。
(むろん潤滑浸透剤も大活用)

そんなこんなで、何とかそれらを開けれても、今度はNRVが全く外れない!
というか、レンチが噛まない?!

もしやサイズが合っていない?
そう思い手持ちの数種類のレンチをはめ込んでみると、確かにそのうち一つだけは何とか噛み合う。
だけど、それと他のレンチのサイズを測ると、そんなにひどく差があるわけでもない。
そこで不思議に思いNRVをライトで照らしよく見てみると…

DSCN1318.jpg
何かの汚れでNRVの頭が埋まっている!

パッと見たときは気づきませんでしたが、
どうも千切れた皮カップの破片がオイルでかたまり、
がっちりとNRV周辺を埋め込んでおりました。
なるほど、こりゃレンチが噛まないわけだ…
(サイズの問題じゃなかったね。)

そういうわけでまずはこれの除去ですが、ガチガチに固まった年代物のこの汚れ、
中々にしぶとく手強く、油を注そうにも一向にゆるまない。
とはいえ、デリケートな部分なのでノミはもちろん金属片なども使いたくないし…

そういうわけで…

DSCN1319_20201007170140431.jpg
アルカリでぐつぐつ煮てみました
(道具はもちろんこの炊飯器

硬化しているとはいえ、革はタンパク質。
案の定グズグズに崩れ、ブラシで掃除すればきれいに除去することができました。

これでやっとNRVにアクセスできましたが、やはりここの固着がひどい!

DSCN1351.jpg
こういう時は、レンチをバイスに固定してタンクをつかんで、
押し8、回し2の力の割合で一気に押しまわします。

で、これで何とかNRVが外せてやれやれということで、
次にタンクとヘッドを分離してみたところ…

DSCN6425.jpg
なんじゃ~?!こりゃ!

通路が今まで見たこともない不思議な汚れでびっしり埋まってる!
本当にこれはいったい何?
見ようによっては、虫の卵っぽくも見えてきたので、怖くなって封印!

で、ヘッド側がこうだから、当然タンク側も…

DSCN6426.jpg
きゃぁああ~~~~!


てなわけで、手持の薬剤と掃除道具を駆使し、一気に清掃!

DSCN1384.jpg
おかげでここまできれいになりました♪

あ~、良かった~。

しかし、まあ、なんですわ。
初見程度が良さそうで、
開けてびっくりの状態で、
これはいったいどうなることかと思いきや、
掃除を終えるとやはりかなりのグッドコンディション!

おかげで消耗品以外の部品はすべてそのまま使用でき、
サクサクサクとトラブルもなく組み上げ完了!

DSCN1432.jpg
各部がキッチリ組みあがり気持がよい♪


うん、これで後はテスト燃焼だ!

そういうわけで早速加圧しプレヒート、そして着火…

DSCN1435.jpg
ナイス!

あのメチャクチャな状態が嘘みたいに、非常にきれいに燃えてくれます。

DSCN1456.jpg
無論弱火も安定していい感じ♪

そして驚いたことに、通常の強火のさらに上、
こいつには、ブースト状態の最大火力もあったのです。

それがこれ!

DSCN1440.jpg
ブオオオオオオオ~!

サイレントのくせに勇ましい燃焼音を上げるこの状態は、
ほかのストーブではそんなに見ることがないだけに、なんかビックリ!
(ここはぜひ後程動画でご覧いただきたい)

なお、よく見るとヘッド中央から青い炎の柱が噴き出ておりますが、
実はここにはヘッドの脱落防止用の穴が開いているのです。
使用時はここに針金を通し固定しますが、この時は固定していなかったので、
穴が開いたままなためこういう感じで燃えてます。

そういうわけで燃焼テストは満点以上の高スコアで合格!

後はケースに収納し、これにてレストア完了です。

DSCN1473.jpg
っと、その前にヘッドを固定しておきました


そういうわけで、手を出してからはどうなることかと思ったら、
その後は意外にも好結果!

ある意味汚れがすべてを封印し、パーツを劣化から守ってくれていたのか?
それとも、汚れがひどく放置された故、使用頻度が少なくて状態が良かったのかも…

いずれにせよ、あの謎の汚れはいったい何であったのだろう?

DSCN1471.jpg



**動画**




スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hisuaki.blog31.fc2.com/tb.php/4665-c69b60da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

 

プロフィール

ひす

Author:ひす
ようこそ!
私のプライバシーを覗いておくれ!
(/ω\)

「ひす画像BBS」ができました。
放出品やイベントのお知らせなどを掲載予定す。
また、各種ご連絡・ご相談もこちらまでお気軽に♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する