FC2ブログ

ひす日記BBS

日々の出来事や、連絡事項

2021-04

プリムス210 ~PRIMUS №210~

s-l1600d.jpg

この手の形のケロシン(灯油)ストーブは、以前日本ではラジュースと呼ばれました。
というのも、そのころ日本での圧倒的なシェアがあったのが、
RADIUS製のこの手のストーブであったから。
(詳しくは「ラジュース?プリムス?いえオプティマス!」を)

しかし世界的には、この手のストーブは「PRIMUS(プリムス)」と呼ばれております。
それは世界で最初に特許を取り販売したのがプリムス社であったから。
(本来プリムスはブランド名であり、それを所有する会社は「B・Aヨート社」から始まり、
最終的にオプティマス社となるのですが、ここでは便宜上プリムス社と表記します。)


時代でいうと、1892年(明治25年)のこと。
当時の火器は主に石炭木炭が燃料であったから、
そこに煙が出ず、点火も消火も迅速で安全なこのストーブはまさに画期的!
本国スウェーデンのあるヨーロッパのみならず、中東、アメリカ、
と文字通り世界中で爆発的にヒットしました。
(ただ日本だけは少し普及が遅れていたので、
後年PRIMUS社から分離したRADIUS社がそこに目をつけ積極的に営業をかけ、
そういうわけで、日本では「ラジュース」という呼び名が定着したのでした。)

ですので初期の製品のタンク側面には、このように数か国語で会社の所在地が刻まれております。
CIMG6024_2015040210470190e.jpg
日本語でもちゃんと、
「瑞典(スエーデン)國 ストックホーム(ストックホルム)市 ビーエーヨート株式会社 正眞(本物)」
と、縦書きで!
(その他の国の言葉もあるので、詳しくは「インターナショナル」参照)


とはいえ、当初は家庭での使用が主目的であったため、
販売されたモデルも据え置きタイプの大きめのもので、
ゴトクもタンクに固定されたこのようなものでした。

DSCN5673.jpg
PRIMUS №1(1926年製)
*とても良い色に変色しているので、只今レストアするのをためらっております。

そうして世界中に普及したプリムスタイプの灯油ストーブですが、
そうなると今度はそれらを屋外に持ち出して使用したいという家kんが多く出てきました。
そう、使用目的が家庭用からレジャー用(主に自転車ツーリング用)へと推移し始めたのです。

そうなると大型の据え置きタイプは何かと不便なのですが、
中にはこのように自転車を改造して積載可能にした方々もおられた様子。

cy0.jpg
搭載されている二つのストーブは大型の2パイント(1136ml)のタンクです。

なお、この自転車のオーナーさん(全英サイクル協会会長)に関する話はとても面白いので、
お時間があればぜひこちらを。

ですがさすがに、皆が皆このようなまねができるはずもないので、
そういう需要を受けたメーカー側は、より携行性を高めた製品を開発。
つまり、容易に分解可能でケースに収納でき、かつ小型化されたモデルが登場したのです。

その代表的なモデルが、以前ご紹介した№96と今回ご紹介する№210なのでありますが、
実はこれのモデルには前身モデルと言われる「ベビープリムス」(および№230)がありまして、
それらが初めて資料に出てくるのが、1905年から1906年頃。
その後いくつかの改良を加えられたのち1916年に№210としてデビューとなったのです。
(なお№96のデビューはそれより一年早い1915年

そしてそれらは、またもや世界中で人気を博すこととなり、
タンク容量を従来の2パイントから1/2の1パイント(586ml)にした№210と、
同じく1/4(293ml)にした№96は、その後の小型ストーブの標準サイズになり、
世界各国の様々な会社から様々な類似品やコピー製品が製造販売されることとなったのです。
オプティマス00ラディウス21バーモス21ユーベル21 などなど…)

そういうわけで、特にサイクリング人気の高かったヨーロッパでは
このような面白い210もよく見受けられたようです。

DSCN1069.jpg
ただいまこういう感じで電気ランプとして活躍中の210(1930年製)
その足元をよく見ると…


DSCN1070.jpg
ワンタッチ着脱可能なホルダーが!

これはどうも純正部品ではないようですが、
フレームに着脱が楽にできるのでかなりポピュラーであった様子。
このようなアフターパーツが市場に出回るほどまでに、
ツーリングでの使用が人気だったようです。

そうそう、前述の日本で定着した「ラジュース」という呼び名が、
主に小型のポータブルタイプのことを指すのが多いことも、
実は日本での普及が遅れたため、主目的がレジャー用となっていたためなのです。
こちらはサイクリングではなく主に登山利用が主流でしたが。


さて、前置きが長くなりましたが、最初の画像の古びた210。
よく見ればそれもそのはず1929年製でありました。
ということは昭和4年なので、なんと、うちの店の創業と同じで今年で91歳だ!

デビュー後13年目の製品で初期のものと言えますので、やはりかなりの年代物。
ですので丁寧にレストア作業に入りましたが、
幸い程度がよく割と簡単に復活してくれました。
(そのざっとした内容は後ほどの動画でご覧ください。)


というわけで、
DSCN1062.jpg
復活!

黒く塗られたケースの下地がうっすら見えるのですが、
この黒塗りもなかなか雰囲気があるので、これはこれでよいな~♪

ちなみに、PRIMUS社では、ケース付きの製品は、品番の後ろに「L」をつけることtなっているので、
これは正式には「№210 L」となります。
(ということは、ストーブ単体の販売もあったんですね。)

てなわけで、早速組み上げてみましたらば…

DSCN1042.jpg
美しい~!

実はこのモデルはデビューの1916年から1980年代半ばまで、
おおよそ1世紀弱の長きにわたり生産され続けてはいたのですが、
タンクの形状などが微妙に変化してきており、それらは主にコストカットから来る変化であるため、
初期モデルだけがこういうエッジの効いたソリッド感を持つのです。

そういうわけで、組み上げたらもう火を入れるしかないですよね?

てなわけでいそいそと灯油をタンクに注いだのち、
焦る気持ちを押さえつつ、しっかりキッチリプレヒート。

そして、そこからの…

DSCN1049.jpg
ファイヤ~!

ああ楽しい!

ああ嬉しい!

ひと作業終えたのちに見るこの炎!
その美しさとカッコ良さは本当に格別!
調理せずともこうして眺めるだけでもう大満足!
こうなるともはや主客転倒であるのは重々承知なのですが、
それでもやはり楽しいのだから仕方がない!

うんうんうん…
これだから、やっぱストーブいじりはやめられんなと、
ニヤニヤしながら91年ものの吐く炎に見とれる私なのでありました。

(=^^=)ゞ「次回は、もう一つのミニストーブ№96をいじります。」

**動画**

スポンサーサイト



コメント

古い記事にすません

我が家にもやっと210やってきました。なかなか程度の良いものなくて。元々、垂直型のストーブの扱いうまくなく、今回垂直1号機となりました。ピカール君で金ぴかにしましたが、一回燃焼後は・・・。燃焼はかなり、勢いがありましたが、バーナーヘッドの1か所から火炎上がらず、ニップル清掃中です。質問なのですが、こいつにケロ満載で燃焼時間どれくらい持つものですか。

Re: 古い記事にすません

まいどです。
なんと、あの手のストーブが初めてですと?!
道東さんはかなりレアなストーブのたくさんお持ちなので、なんかすごく意外です。
扱いやすいストーブなので、今後ぜひご愛用を♪

さて、満タン時での連続燃焼時間ですか?
試したことがないのでなんちょも言えませんが、
タンクが同サイズでラージヘッドのマナスル96が1時間半とのことですから、
スモールヘッドの210だと、2時間弱まで伸びるような気がしますね。
ぜひ一度実験なさってみてください。

2時間

やはり2時間くらいですか。燃料ほぼ満載にして、(図らなかったので)燃焼させておったのですが、2時間くらいしたら、加圧しても燃焼せず、しかしタンクにはまだケロ残っているのです。ただ昨晩寒い中コーヒー沸かしに使用し、ポットを外した瞬間に火力弱まりましたから、ヘッド冷えちゃったかなと思いまして。ヒスさんの動画見ながら分解組み立てしましたよ。細かいところまでよくわかり、参考になりました。ニップル掃除一応できたので、明日の午後にでも、燃料は買っていれて、燃焼時間見てみます。

Re: 2時間

まいどです。
ほほ~、すでに実践されていたのですね?
そして、やはり2時間ほど…
(燃料が残っているのに火が消えたのは、チューブ先端に空気が触れてうまく吸い上げられなかったからでしょうね)
動画が参考になってなによりです。
次回も快調な燃焼でお楽しみを!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hisuaki.blog31.fc2.com/tb.php/4654-7de46a46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

 

プロフィール

ひす

Author:ひす
ようこそ!
私のプライバシーを覗いておくれ!
(/ω\)

「ひす画像BBS」ができました。
放出品やイベントのお知らせなどを掲載予定す。
また、各種ご連絡・ご相談もこちらまでお気軽に♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する