FC2ブログ

ひす日記BBS

日々の出来事や、連絡事項

2021-04

ウイック作成 ~RADIUS 42~

今回はこのストーブをレストアします。

DSCN4843.jpg
1940~50年代のスエーデン製「RADIUS 42」

私の大好きな身にストーブで、奇麗にしてから誰かに譲ろうかなと思っております。
(ストーブの詳細はこちらを。)

さて、まずは分解。

なんですが…

こいつはタンクとチューブがロウ付けで固定されているために分解できません
初めて手にした時、そうとは知らずに引き抜こうとして、
「なんじゃこれ?やけに固いぞ??」
と、頭をひねったことがあります。

まあ、私みたいに頭をひねるだけならいいのですが、
タンクがねじれてしまったら泣くに泣けないから要注意ね。

そういうわけで、ウイックはタンクの底にある燃料口から引き抜きます。


それなりに固着はしておりましたが、手こずるとまではいかず無難に作業完了。

ガスケット類は全部だめだから新調し、ウイックは…
DSCN4847.jpg
なんか見た目はいけそうなんだけどな…

でもよく見てみると、先端が炭化しているし、部分的に金属部も腐食している。
これもやっぱ新調する方が無難かな?

そうそう、ちなみにウイックの引き抜きは、力任せに引っ張ってはダメ!
下手したら、芯材が折れてしまったりするから、固い場合はまず潤滑剤。
CRCなんぞを吹き付けて、ウイックがそれを吸い込むのを待ってから、
左右に回転を加えながらじわじわ引き抜いてください。

そういうわけでまずは各パーツの洗浄です。

DSCN4909.jpg
いつもの通り薬浴ののち磨き上げピッカピカ!

毎回この状態になると組み上げるのが楽しくてワクワクします。

で、フィラーパッキンと、グラファイトガスケットを新調し挿入。
で、ウイックの方も新たに製作して挿入します。

そこで、時折ウイック製作についてお問い合わせがあったりするので、
今回はその手順をわかりやすくご紹介。

まずは素材。
耐ガソリン性、耐熱性、吸水性を併せ持つものならなんでも可能ですが、
私は入手しやすさと加工のしやすさから脱脂綿を使用しております。
芯材には腐食しにくく加工しやすい銅線がおすすめ。
画像のように一回くるんと巻いておきます。

で、まずは脱脂綿を必要な長さにカットします。

DSCN5031.jpg
幅は約1センチ程度。(画像はさらにこの半分の幅にカットする前のもの)
長さは撚っていくと短くなっちゃうので必要分の4割り増しくらい。

カットした脱脂綿の片方を固定し、指で一定方向に撚っていきます。
DSCN5039.jpg
あまり神経質になることもないですが、偏りができるとちぎれたりするので、
なるべく均等になるよう意識して撚ります。

で、限界までよれたら、中央部部で折り曲げて重ね合わすと、
DSCN5041.jpg
このように勝手によじれてくれます。

でさらにこれに撚りを加えしっかりしたひも状に仕上げてゆき、
これを必要分作ったらば、先ほどの芯材のわっか部分に半分まで突っ込んで、
そこで芯材をネジリあげ固定します。

DSCN5035.jpg
大体こんな感じ。

で、芯材に軽く巻き付けるような感じでウイックを固定。
DSCN5036.jpg
これで完成!

で、挿入する際も引き抜くとき同様CRCなどを少し含ませてから挿入するとスムーズです。
その後ペンチで簡単に引き抜けないのを確認してから、(燃料を含むと多少痩せるので)
残りのウイックをピンセットなどで順繰りにタンクに押し込んでゆきます。

DSCN5037.jpg
こんな感じで出来上がり。

その後ウイックが正常に働いているかを確認、

まず息を吹き込み詰まりがないのを確認したら、
燃料を少し入れたのち、タンクを掌でしばらく包んで温め内圧を高めます。
DSCN5042.jpg
そののち、バルブを少し開けてみて、ニップルから燃料が出てくればOK!

出てこない場合は、正しい位置までウイックが押し込まれていないか、
燃料不足か、どこかで圧漏れを起こしているか…

今回は問題が無かったため、燃料を入れたついでに試験燃焼。

DSCN5054.jpg
お~♪いい感じで燃えている♪

というわけで、これbにて作業完了!

ついでなんでケースもざっと磨いてみました。

DSCN5058.jpg
こんなもんかな?

年代物なんで、さびとペイントロスはむしろ勲章!

で、磨き上げたストーブをセットすると…

DSCN5071.jpg
おお~!一気に貫禄が出てきた!

てなわけで、今回も無事作業完了!

DSCN5070.jpg
使ってみたい方おられますか?


*動画*


スポンサーサイト



コメント

ピクニックストーブ購入した藤平です!

こんにちは、ピクニックストーブ購入した藤平です!こちらから失礼します、この前購入したストーブの他に、ケロシンストーブを1台持ってます、何故か火力が上がらず、タンク内に圧をかけると燃料が逆流してきてしまうのですが、この現象は逆流弁の劣化ですかね?アドバイスお願いします!

Re: ピクニックストーブ購入した藤平です!

こんにちは。
それは恐らくNRV(逆止弁)の不良ですね。
PIP(ゴムパーツ)の劣化で微妙に圧漏れを起こしているので、
加圧できずに火力が上がらず、また年老の行久留生を起こしているのだと思います。
対応策としては↓の記事をご参考に。
http://hisuaki.blog31.fc2.com/blog-entry-2673.html
ではまた何かございましたらいつでもどうぞ!ヽ(^∀^)ノ

逆流弁

逆流弁の圧漏れ、了解です!明日オーバーホールチャレンジしてみます!

Re: 逆流弁

頑張ってください!ヽ(^∀^)ノ

a89yisjci9qwjbqhtmuw@ezweb.ne.jp

バッチリ点火できました!アドバイス最高に役立ちました!

Re: a89yisjci9qwjbqhtmuw@ezweb.ne.jp

よかったよかった!
またいつでもどうぞどうぞ♪
ヽ(^∀^)ノ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hisuaki.blog31.fc2.com/tb.php/4387-3f6f0fb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

 

プロフィール

ひす

Author:ひす
ようこそ!
私のプライバシーを覗いておくれ!
(/ω\)

「ひす画像BBS」ができました。
放出品やイベントのお知らせなどを掲載予定す。
また、各種ご連絡・ご相談もこちらまでお気軽に♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する