FC2ブログ

ひす日記BBS

日々の出来事や、連絡事項

2020-08

なぜかベイビーエンダース ~ENDERS № 9063 (ベイビ-エンダース)~

小さいながらも一丁前!

そういう印象なのがこの ENDERS № 9063 通称「ベイビ-エンダース」
IMG_1594.jpg

その名の通り、エンダースの小型ストーブの最小版でありながら、
装備と実力は必要にして十分。

小型ながら加圧ポンプを備えたタンクと、そのまま風防を兼ねるケースとで、
強風時、寒冷時でも安定して着火でき、見た目からの印象以上の火力を得ることができます。

IMG_1583_201910231608448db.jpg

ですので、一人用としてだけでなく、複数人のパーティでも力を発揮!

また造りもシンプルで結構頑丈にできているから、長期間放置していても、
最低限のメンテで即時線投入できる優れもの。
そのうえ、操作性も楽しいし、見た目もユニークなため結構ファンが多いのです。
むろん私も大好きなストーブのうちの一台。

ですが、考えると、私はあまりこいつを持ち出しません。
なぜだろう…?

IMG_1587_20191023160846e27.jpg
簡単に沸きすぎるから?

いや、そういうこともないな…

でも、思い起こすと、これを積極的に持ち出すというよりは、
他にもっていくべき適当なものが思い浮かばないときに、
「これならまずハズレはないし…」
と、そういう安パイのような感じで持ち出しております。

実際この時も、なんだかんだの消去法でこいつを手にしておりました。

う~ん…

小型で使いよくて、安定した火力もある。
そのうえ、結構面白い。
考えてみれば非の打ち所がないのにね?

でもその他のストーブの場合は、
「今日はこいつでないとダメなんだ!」
という感じがあるのに、これの場合はない。

う~ん…

工業大国ドイツ(西ドイツ)の製品としてはそれが正解なのかなという気もするけれど…


それにしても…

IMG_1592_2019102316084702e.jpg
今日のコーヒーはやけにザラつく…

その理由は↓の動画で。


*動画*

スポンサーサイト



コメント

オプティマス№96はサイレントバーナーの夢を見るか

こんにちは。
エンダースって火力凄いんですね!!
塗装やラベルが焦げてる個体があるのも納得です、激しいwww

時に、オプティマス96のサイレントバーナーがひとまず形になりましたので報告します。

まず、バーナーの六角部分をちょっと薄く削って高さを稼いで・・・
https://i.imgur.com/X3t7tuV.jpg

スピリットカップと変換ジョイントをロウ付けです。
https://i.imgur.com/Qs8Yw1q.jpg
https://i.imgur.com/F7I459l.jpg

サンダーの跡も荒々しいアジアンワイルドなビジュアルになりました。ロウ付けに手こずっててんこ盛りになったロウをサンダーで削り落とす際にサンダーが引っ掛かってベンチバイスに挟んだバーナーが家の壁まですっ飛び、新品のスピリットカップが派手にひしゃげて涙目。諸々修正後に組付けたのがこちらです。
https://i.imgur.com/etdPMQs.jpg
https://i.imgur.com/fHWXV3D.jpg
イイ感じにバーナートップをゴトクの下に収めることが出来ました、なかなか愛嬌のあるビジュアルになったと思います。

早速燃焼試験。
https://i.imgur.com/nje5y5i.jpg
https://i.imgur.com/D9Y4A9P.jpg
スピリットカップを使ったものの、今日は気温が低い上に少し風もあるので1回では気化しません。結局ガスバーナーでプレヒート。
炎が殆ど映っていませんが青火です、音も中火までは「しゅーっ」っと静か、安定しています。火力調整もヴァポライザー仕様より扱い易いかも。でしたが・・・、

気を良くしてポンピングして強火にしたところでロウ付け部からリークしました、2枚目の画像で既に少しリークしていますね。この後 リーク燃料に引火して追いヒート→火力MAXのターボ燃焼モードになりましたw「漏れ修理しないといけませんねぇ・・・」という所で今回はひとまず終了です、じっくり作戦を練って完成させたいと思います。

Re: オプティマス№96はサイレントバーナーの夢を見るか

お~!えすえふだ~!
(フィリップ・K・ディックは吾妻ひでおで知りました。)

で、待ってました~!ヽ(^∀^)ノ

ふむふむふむ…
今回も見ごたえ読みごたえばっちりですね!
で、見事なおち(?)まで!
(=^^=)ゞ

いやしかし、本当にお見事ですね!
最後の漏れは、てんこ盛りを削った時はね飛んだ衝撃のせいもあるんではないでしょうか?
とにもかくにも、これでまず実用可能なストーブになったのは間違いない。
96の夢はもはや現実になったわけですね。

それにしても、ヘッドとチューブの高さ加工は良いですね。
サイレントのいままでの背高なイメージが一新され、ずんぐりぎゅっとカッコイイ&かわいい!
これ商品化できますよ!

ヽ(^∀^)ノ

>エンダース
ベイビーの名前に惑わされるとやけどしちゃうよ~!

Re:Re:オプティマス№96はサイレントバーナーの夢を見るか

>最後の漏れは
おっしゃる通り飛ばした事が原因だと思います。再ロウ付けするか内側からオーディオ用の銀ハンダで塞ぐか悩み中です。
漏れ箇所から出てくる灯油は液状で火力を上げない限り気化しないので温度はさほど高くない、ハンダが耐えられる温度ならハンダを使う方が塞ぎ易いと思っています。

>ヘッドとチューブの高さ加工
思ってたより面白い形になりましたねー。
ライジングチューブを切り詰める事が気化に影響しなかったのは幸いでした。ロウ付けした大型のスピリットカップがヒートシンクとして働いているのか、タンクが過剰に熱くならないのも嬉しいです。

>これ商品化できますよ!
あははは。
でも、割と基本形状が決まっちゃってるケロシンストーブ界ですので カスタムという選択肢はもっとあってもいいとは思います。勿論、いつでもオリジナルに戻せる事は必須条件ですよね、やっぱし。

>エンダース
全然ベイビーじゃないw
風防がどちらかと言うと風より防炎目的になってる感があります、スタート前のドラッグマシンみたいなド迫力です。

Re: Re:Re:オプティマス№96はサイレントバーナーの夢を見るか

まいどです。

なるほど…
チューブ根本付近もはんだ処理を多々見ますから、それで行けるなら越したことないですね。
よく耐熱パテなど使用される方もおられますが、私の経験的に無理ですね、あれらは。

カスタムはもっとあってもいいと思うんですよ。
でも現実問題、ケオrスト自体がどんどん数を減らす中、
思い切った改造はやはりもったいなくてできないというのが正直な話でしょうね。

実は一時、↓の予熱バーナーを大きめのケロストに移植しようとしていたのです。
http://hisuaki.blog31.fc2.com/blog-entry-2972.html
屋外の使用時に便利だろうなと思ったのですが、
収納時かさばってどうしようもなくなることに気づき断念しました。
(=^^=)ゞ

>スタート前のドラッグマシン
あ~~!
はいはい、それそれそれ!

何かに似てると思たんですよ!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hisuaki.blog31.fc2.com/tb.php/4385-291be0eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

 

プロフィール

ひす

Author:ひす
ようこそ!
私のプライバシーを覗いておくれ!
(/ω\)

「ひす画像BBS」ができました。
放出品やイベントのお知らせなどを掲載予定す。
また、各種ご連絡・ご相談もこちらまでお気軽に♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する