FC2ブログ

ひす日記BBS

日々の出来事や、連絡事項

2021-06

バイク&ストーブ 使いどころに困ってしまう ~PIGEON IGNUS & HONDA C115~

先日持ち出して遊んでいたおフランスのかわいいストーブピジョン
こうしてちょこんとシートに乗せると…
DSCN3363.jpg
本当にかわいらしい!

で、こうしてふたを開けたら、
DSCN3365.jpg
幸せのハトが飛んで出てきそう♪

ですので、私はこのストーブが大好きなのですが、
実はいまいち扱いづらいので、持ち出す機会がとても少ないのです。

というのもその構造…

DSCN3335.jpg
このように燃焼ヘッド周辺が完全に取り囲まれているので、
使用時熱気が内側にこもり、結果タンクがかなり熱くなってくる。


おまけにゴトクまでもが上を覆ってしまう形状なもんだから、
その上にコッフェルなど乗っけたら…
DSCN3347.jpg
もう熱の逃げ場はない!

だから、ただでさえ暑い熱い夏場は日中にちょいとコーヒーを淹れただけでも熱暴走が気になるほど。

とはいえ、そういう問題ははなから想定されていたようで、
タンクとヘッドの間には、断熱材(石綿)を張り付けた遮熱版が設けられております。

IMG_9995.jpg
白く見える部分が断熱材

とはいえ、この効果はどれほどか疑問で、今夏もコーヒー一杯分の使用にも関わらず、
タンクは、「アチチ~!」で、その後帰宅してから触れても、まだ暖かいままなほどでした。

なのに、この遮熱版はプレヒート時は効果的に働くので、
通常のストーブよりも長い時間プレヒートが必要となります。
こちらもまた想定内だったのか、プレ皿は普通より少し大きめ。
つまりは、「いつもよりたくさんプレヒートしてね♪」といったことでしょうか?

てなわけで、このことから考え出した結論は…

恐らくこのピジョンは寒冷地の使用を想定したもの。
つまりプレヒートに時間がかかろうが、使用中タンクに熱をこもらせることで、
低温時も安定した火力を得られるということ。
また、結果いったん火を消してもタンクが冷めにくくなっていることから、
再点火が結構容易で、まめに使用できるというメリットも出てくる。

そう考えると、先ほどのデメリットはつまりそのままメリットとなるわけ。

うんうん、確かにフランスにはいやになるほどの高冷山岳地帯があるからな~。

しかしいかんせん!
ここはにっぽん!

私の住む大阪はどちらかというと温暖地。
ですので、夏場のメインにはなりえないし、
かといって冬場に時間のかかるプレヒートは待ちきれない。
(たいていコーヒー一杯沸かすだけだし。)

てなわけで、少々使いどころに困ってしまう一台ではあるのですが、
それを差っ引いても、かわいさが勝つので、なんだかんだと使用している一台なのです。

DSCN3354.jpg
こんな感じで♪

(=^^=)ゞ


ちなみにこの日のバイクはホンダスポーツカブ C115
DSCN3331.jpg
1960年デビューの(当時の)高性能スポーツバイク!

でも基本のエンジンはあのスーパーカブなので、扱いづらいこともなく普段の足としてもばっちり!
ただまあ、年式が年式なんで、乗る前にはしっかり暖機しないとオイル漏れを起こしたり、
調子に乗って回していると、スピードメーターが急に踊りだしたりはするけれど、
使いどころには困らない、楽しく気持ちの良いバイクです♪

特に今の季節は本当に気持がよい♪


というわけで動画です。

HONDA C115 & PIGEON IGNUS STOVE
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hisuaki.blog31.fc2.com/tb.php/4260-71b51f0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

 

プロフィール

ひす

Author:ひす
ようこそ!
私のプライバシーを覗いておくれ!
(/ω\)

「ひす画像BBS」ができました。
放出品やイベントのお知らせなどを掲載予定す。
また、各種ご連絡・ご相談もこちらまでお気軽に♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する