FC2ブログ

ひす日記BBS

日々の出来事や、連絡事項

2020-08

天国への階段♪ ~地衣類~

先月のツーリングで行ってきた高野山。
バイクで走り回るだけでも楽しい、高地のスカイライン♪
しかもそれが延々と続く!
こうなりゃ、それはもう楽園でしょう?

でも実は、個人的にバイク以外でも楽園であったのであります。

それは、休憩時に周りを取り巻く溢れんばかりの樹木!
で、自然の中たくましく成長しているそれらの木々の樹皮には、
もれなく素敵な宝物が~!

シラゲムカデゴケ?

はい、今回も凝りもせず地衣一日を眺め恍惚としておりました。
こりゃもう楽園というより天国だ!
だから、ここに至るスカイラインは、私にしてみれば天国への階段?

さてさて…
でも、そこで目にしたものは、普段近所で目にすることはないようなものばかりで、
いったいどういう種類なのかがよくわからない。
(=^^=)ゞ

そもそも一口に地衣類といっても種類は様々で、
正直、細かな話になると専門家でも分類しきれないほど。
それというのも、地衣類は、単なる植物や菌類とは違って、
菌類と藻類が共生状態にある複合体なため、
同じものでも見た目が違ったりすることもあるため、
正確に調べるには、色形のみでなく、裏側の偽根(根っこみたいな組織)や、
子器(胞子を作る組織)、はては断面の様子などで総合的に判断せねばいかない場合もよくあるのです。
ですので、専門家の方々は、地衣類を見かけた場合は、
少しはがし持ち帰ってから、きちんと調べているようです。

とはいえ、私はそこまで気合が入っているわけではないので、
「ほ~ほ~ほ~♪」と眺めて悦に入る程度。
しかし、やはり、それがどういう種類なのかは気になるので、
少ない知識を振り絞りつつ名前を推察。
そういうわけで、先ほどのやつは「シラゲムカデゴケかな?」とかいう感じ。

だから家にある、「苔類、地衣類原色図鑑」でも持ち歩けばいいのだけれども、
あれは分厚く重いうえに、図が手彩色のもの一葉だけなので、
前述のように少しバリエーションが変わるとまったくの別種に勘違いしてしまうことが多いのです。

だからこういう時は、ネットによる画像検索が一番。
というのも、多くの方々がいろいろなところで撮影しているため、
細かかなバリエーション違いにも対応できるし、
なにより、数をこなせば、大方の特徴が見えてくるので同定に非常に役立つ!

そういうわけで、こういう場合現地にパソコンを持ち込めれば一番いいのだけれども、
それは土台無理な話。
なのでこの時ほど、
「あ~、スマホ欲しいな~。」
と思ったことは最近なかったのですよ。
(ちなみに私のガラケーはとうとうネットのつながらなくなりました。)

そんなわけで、この時目にした多くの地衣類のうち、
けっこうかっこよくて気に入ったものをいくつかご紹介。

葉状部分が少し膨らんだ感じで、子器が特徴的なんで、たぶんリボンゴケ
リボンゴケ?
先ほどちらりと書きましたが、子器とは胞子を作る組織で、いわば地衣類のキノコのようなもの。
でも、街中でこれをつけたこの手の地衣を見ることはまれだったので、今回は大喜び!
写真でいうと、画面中央より下側、右側寄りに見える緑に縁どられた茶色い組織。
グロいルックスという声もありますが、私はワクワクします♪

これが写真が荒くいまいちよくわからなかったのですが、おそらくアナツブゴケ?
(左は先ほどと同じくムカデゴケの仲間?)
アナツブゴケ?
接写のできるちゃんとしたカメラがないので、せめて老眼鏡でも持ってて行ってれば…


これも黒く丸い子器が無ければさっぱりなんだかわからなかった。
アオチャゴケ
多分アオチャゴケ
大気汚染に大変弱い種類だそうですが、さすがにこの場所では元気です♪


そんなわけで、来年までにはスマホを購入しようかなと…

そうなりゃもっとこの地衣類天国を楽しめるので、
ある意味それもまた天国のへの階段?

(=^^=)ゞ
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hisuaki.blog31.fc2.com/tb.php/4255-d78e2598
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

 

プロフィール

ひす

Author:ひす
ようこそ!
私のプライバシーを覗いておくれ!
(/ω\)

「ひす画像BBS」ができました。
放出品やイベントのお知らせなどを掲載予定す。
また、各種ご連絡・ご相談もこちらまでお気軽に♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する