FC2ブログ

ひす日記BBS

日々の出来事や、連絡事項

2021-06

イタリアの美しい火山 ~Vulcano 222D Tourist~

DSCN2119.jpg
この日美味しくいただいていたコーヒは、

実はこのストーブで淹れておりました。
DSCN2114.jpg
Vulcano 222D Tourist
おおよそ7~80年前のイタリアのストーブです。

IMG_9999_20190123155716512.jpg
はがれかけたシールには、その名の通りヴォルケーノ火山のイラストが♪

で、四角四面のケースの中には…
IMG_9983.jpg
本体とゴトクが収納されております。

背が低く座面が広いストーブですので、
大きな鍋やフライパンでも安定して使いやすく、
また、その際もタンクがケース外に出ているため、
なべ底からの熱によるオーバーヒートの危険性も少ないです。

IMG_9985_201901231557194f4.jpg
ですので、風防も背の低いタイプの方が使いよいかな。

またゴトク形状も、小鍋から大鍋まで安定して使用できるものとなっております。

IMG_9988_20190123155720eb5.jpg
だから、一人用としてはややオーバースペックかな?

実は、多くのストーブのにおいて、
バーナートップ、つまりガスの出口である火口はおおむね同様な形状をしております。
ゆえに噴き出る帆のも似たような感じに。
一般的なのは、SVEA123に代表されるこの形状。

IMG_3442.jpg

小型のローラーバーナーにおいては最も効率的であろうから、
他の国においても、また燃料が灯油であってもこの形状が最多数。

IMG_3380.jpg
独軍 医療用2バーナー ~Barthel(バーセル)

CIMG1621.jpg
モニター・ピクニック・ストーブ 灯油

まあ、なかには英軍のようにちょいとへそまがりというか、変態的なものもありますが…
IMG_1975_201608302247345cc.jpg
英軍 №2 MkⅠ(マーク1)

IMG_0081.jpg
英国軍用ストーブ  クッカー№2 Mk


そういうのは別として、このヴォルケーノは一般的なストーブでは珍しく火口が9つに分かれているため、
炎の形状も独特で見ていて楽しくなるのです。

IMG_5149_2017030414565706b.jpg
こんな感じで、かわいらしく並ぶ炎がまるで花びらの様。

これが本燃焼に入るとトッププレートが赤変しだすので、
暗いところで見ると、まるでヒマワリの花のように!

IMG_5158.jpg
これは本当に美しく、見ていて楽しいものがあります♪

だから、つい湯w菓子を終えてもそのまま燃やし続けていたくなるんですよね。

とはいえ、これは明るい日中は見ることができないので、
屋外で楽しむなら、やっぱテントで一泊せねばならんのだろうな~。


*動画*
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hisuaki.blog31.fc2.com/tb.php/4155-ceda7807
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

 

プロフィール

ひす

Author:ひす
ようこそ!
私のプライバシーを覗いておくれ!
(/ω\)

「ひす画像BBS」ができました。
放出品やイベントのお知らせなどを掲載予定す。
また、各種ご連絡・ご相談もこちらまでお気軽に♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する