FC2ブログ

ひす日記BBS

日々の出来事や、連絡事項

2020-08

ニードルなしでの燃焼

DSCN0431.jpg

私がよくツーリングに持ち出すオプティマス111

数人分のコーヒーを一度にわかせる実力と、
加圧式の安定感、パッキングしやすい形状などで、
ついついこのストーブを優先的に使用してしまいます。

ですがここ数回、出先の使用で不具合あがありました。
その不具合とはバルブ調整がきかなくなことで、
原因はクリーニングニードルの引っ掛かりにありました。

つまり、バルブ操作の際ニードルとスピンドルのギアの噛み合いがずれてしまい、
ある時はそのままハンドルが回らず、
またある時はニードルがつっかえてバルブが閉じられず、
いずれにせよ、火力が上がらなかったり、消火化できなかったりと危険な状況。
(あ!もしかしたら、このストーブのもともとの火災の原因はここにあったりして?)

で、その原因を調べるべく何度もばらして組みなおしてみたりもしたのですが、
見た感じでは問題はないし、実際くみ上げ後の操作感も問題なし。
でも、ツーリング先でよくこうしたことが起こるので、
試しに組み上げた後、ストーブを激しく揺らしてみると、
そこで例の症状が!

つまり激しい揺れが原因か?
ということは、おそらくスピンドルとニードルがかなり微妙にずれていて、
静止時には問題なくとも、ある程度の振動で少しずれてしまうということなんだな。

その後、スピンドルとニードルのどちらに原因があるのか調べようとも思い、
別の111のものといろいろ組み合わせてみたもの、問題はなく、
問題が起こるのは、この組み合わせの時のみ。
本当に微妙に絶妙に相性が悪いのでしょうね。

そういうことで完全修理はあきらめて、
その都度セッティングしなおせばいいやとも思いましたが、
それはそれで、その都度ニップルを外さねばならず非常に面倒くさい。

それならいっそ…

ニードルなんて取っ払っちまえ!

以前復活させたジャンクのR1の時も取っ払ってやったしね。

そういや、このニードルって何か燃焼時に微妙な役割というか、
立ち位置というか、何とも言えない存在なんですよ。
実は前述のR1のほかにも、8R、123Rなどでニードル抜きを使用していたりするのですが、
感想としては、使用上特に問題は感じないし、
むしろプレヒート(余熱)時間が短縮できたような気すらしました。
これは単純に金属パーツが減るので、ヘッドへの熱の回りが早いから?
でもそうかと思うと、いつぞやの№2の時のように、
ニードルなしだと燃焼に安定性を欠くので、
ダミーをこしらえて放り込んだことも。
これは反対に金属パーツが減るので、蓄熱性が低下したから?
でもこんな小さなパーツで?と思うものの、
実際結果がそうなんだから納得するしかないのかな?

そんなわけで、この111もニードルレス仕様にしてみることに。

結果は?


DSCN0433.jpg
炎上?!


いえいえ、実は
「余熱が少なくてもOKだよね~♪」
とか思っていつもよりアルコールを少なめにしたのがこの結果!

どうも、ごくシンプルなヘッド形状のR1,8R、123Rなどと違い、
そこそこボリュームのあるローラーバーナーでは、
ニードルの有無は余熱時間に対して影響しないようでした。


では、今度は燃焼の安定性はいかに?

そういうわけで、立ち上がる赤い炎を温かく見守っていると…

次第に炎は落ち着きだし。
DSCN0434.jpg
気持ちの良いブルーフレーム(青炎)で安定燃焼。

この辺は動画でどうぞ。



というわけで、今回の結果からみると、
ローラーバーナーの場合クリーニングニードルがなくとも、
使用上はそう影響ないのかなとか思ったりしております。
でも、念のため掃除用のプリッカーを放り込んでおくとより安心ですね。


そんなこんなで、今後もこの赤い111はツーリングで活躍できそうです♪
DSCN0444.jpg
スポンサーサイト



コメント

炎上

久々のストーブ特集バンザーイ。
毎週金曜日がストーブかなと思っていたのですが、さすがにネタ切れかな?

予熱不足の炎上
最近、気温が下がってきたので、真夏の調子で予熱を少なくすると炎上すること多々ありますね。

赤箱の塗料がかなり取れてきていますね。
まだ塗ってから2年経っていないと思うのですが。
焼き付け塗装で無かったのか?
焼けた元の塗料が残っていたのか?
バイクの振動で擦れたのですかね?

プレーヒート皿の下のカーボンフェルト
やはり、擦り傷防止に敷きたいでしょうね。
固定はどうしているのでしょうか?
両面テーブでは熱でベロベロになり剥がれるのではないですか?

Re: 炎上

まいどです。
はい、この夏はあまりの暑さに、
ほとんどストーブをいじることなく終わてしまいましたので、
ネタ切れのプスンプスンのガス欠状態です。
でも涼しくなってきてくれたのでまたこれからね♪

塗料のはげ?
ああ、そういえば確かにあちこちありますね。
これはおそらく、私が無造作にバイクに積んだり、
アスファルトの上で使ったりしているからかな?
確か塗装してもらったとき、
「これはトースターに完全に入らないから、焼き付けできるかな~?」
とか聞いたんで、そういうこともあるんでしょうね。
でもまあ、こういう塗装はげも自分専用の証ですよね♪

プレ皿下のフェルトはすれ防止ではなく、底面への断熱をねらってなんです。
耐熱でない普通の塗料なので、使用後塗装が柔くなるため、
砂利や砂のあるところで使うと、塗装面にくっついてくるんですよ。
まあ、手で払えば簡単に取れるのですがうっとうしいのでね。
でも、言われれば擦れ防止という面d目お役立ってますね♪
ちなみにこいつは固定せず挟んでいるだけ。
でもずれるkとなくいつもちゃんと収まってるんで、
燃焼熱で型がついてきれいについているんでしょうか?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hisuaki.blog31.fc2.com/tb.php/4039-c0d9e117
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

 

プロフィール

ひす

Author:ひす
ようこそ!
私のプライバシーを覗いておくれ!
(/ω\)

「ひす画像BBS」ができました。
放出品やイベントのお知らせなどを掲載予定す。
また、各種ご連絡・ご相談もこちらまでお気軽に♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する