FC2ブログ

ひす日記BBS

日々の出来事や、連絡事項

2020-08

40年ぶりの弾き語り

昨晩は、先月に続き近所の酒屋さんで遊んでおりました。
店内にあるライブスペースでの月に一度の弾き語りイベントがあったのです。
もちろん今回もジム仲間のおニィが出演とのことだったのですが、
私はそのことをすっかり忘れたままジムに行ってしまい、
そこで思い出し駆け付けたもんだから大慌て!
ですが、幸い出番にはちょうど間に合い、
まずは駆け付け1杯の生ビールをぐいと飲み干し、最前列でやんややんや♪

今回は持ち歌3曲すべてオリジナルで、
夏の夕べの気だるさを残した雰囲気のある曲ばかりでした。
(おニィやるな~!)

で、その後出てきたおにいちゃんは、いきなりギターを弾き始め歌いだしたかと思うと、

「うちがなんぼ、早ょぉ~♪ お~き~ても~♪」

え?チューリップのアップリケ?!
(私らより)若いのに選曲が渋い!

聞けばもともとは松山千春が好きだったそうなですが、
コンサート(ライブじゃないよ)などに行くと、必ずこの手の曲を歌ったりしていたので、
そこから好きになってしまったのだとか…

いや~、久しぶりに聞けてなんかよかったな~♪

で、その後は誰も演奏しないので、酒屋のオーナーのKさんが、
「一緒になんかやる?」
というので、私は近くにあったベースを手に、Kさんと少し遊びました。
(実はKさんとはずいぶん昔に商店街のイベントで一緒にバンドを組んだことがあるのです。)
しかし、Kさんはすぐに仕事に戻られたので、その代わりにギターを受け取った私。
すると、「なんかやれ~!」との声が上がったので、それならばと何か弾こうとしたものの、

弾き語るにも、好きな曲のコードどころか歌詞さえも覚えていないありさま!
だって、弾き語りなんて10代の頃以来まったくやっていないもん!
てなわけで、とりあえず自分で作ったのちゃんと覚えている曲などを弾きつつ歌いながら、ふと思いついた!

「誰かスマホで歌詞とコード検索して!」

そう、今の時代こういう便利な文明の利器があるじゃない♪

そこでさっそくお目当ての曲を出してもらい、それを見ながらさあ歌おうとしたものの…

「字・字が見えん!」

そう、今の私の目力ではスマホの小さな画面の文字を小さすぎて見えないのです!
そこで今度は、

「誰か!誰か老眼鏡を~!」


てなわけで、同じくジム仲間のおネェから眼鏡を借りて、
やっとお気に入りのさだまさし数曲歌い始めることができました。

とはいえ、前述のようにスマホの画面は小さいので、
歌いながらも画面をスクロールしようとするたびに、手も歌も止まる!

わははは、いやはやなんとも…
(=^^=)ゞ

その後も今度はおニィと一緒にまたもやさだまさしを歌ったりなんかして
ああ、こういうのは楽しいね~♪
久々に中学の頃、友達の家の二階で一緒に歌ったのなんか思い出したりなんかして。

そんなわけで来月もお邪魔させていただこうかと…

こんどはちゃんと譜面を持っていこう!
そうそう、老眼鏡も忘れずにね♪

(=^^=)ゞ


DSCN0090.jpg
スポンサーサイト



コメント

チューリップのアップリケ

岡林の曲もいいですが、なんといっても小学生の女の子の作文をもとにした詩は作り物には無いリアルさと迫力を持って心に迫ってくるパワーがありますね。特に自分のような岡林世代には。

消えた男の日記

チェコの作曲家 レオシュヤナーチェクの弦楽四重奏曲に、消えた男の日記。という曲があります。その男の本人の日記をもとに作曲されたもの。チューリップのアップリケと現実的に共通した社会現象の内容ですよね(みんな貧乏が悪いんや、という一面がありそれは真実ですが。)一時期、日本でも問題となった社会的現象の人間蒸発、企業に勤めていたサラリーマンがある日、温泉地のさんすけをしていた。このようなことは世界を問わずあるようですね。でもこの母親、いろいろな面で、耐えられなかったんでしょうね。娘を捨ててまで。

Re: 消えた男の日記

こんにちは

チューリップを最初に聞いたのは、確か小学校低学年の頃。
当時は歌詞の持つ深い意味などよくわからなかったのですが、
それでもなんか、どこか引っかかる、
今まで耳にしていた歌謡曲などとは違う「なんとなくまずい歌?」という印象を持ちました。
(「がいこつの歌」も同じ印象でした)
のちに、歌詞が半ば実話であると知り、
すでに思春期に入っていたこともあり、「なるほど…」と思ったものです。

ですが、そのあと「じゃりん子チエ」という漫画に出会い、
この歌と頭の中で混ざり合ったために、
今この曲を聴くと、いなくなった「おかあちゃん」と知恵の「おかあはん」がダブってしまうようになりました。
貧乏以外は全然違うシチュエーションなのにね~。
(=^^=)ゞ

>消えた男の日記
へ~、失踪の意味での「消えた」なんですね。
ある意味、そこに本人の意思が介在するから、
事故などでの行方不明になるよりも、闇が深そうですよね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hisuaki.blog31.fc2.com/tb.php/4037-11719e4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

 

プロフィール

ひす

Author:ひす
ようこそ!
私のプライバシーを覗いておくれ!
(/ω\)

「ひす画像BBS」ができました。
放出品やイベントのお知らせなどを掲載予定す。
また、各種ご連絡・ご相談もこちらまでお気軽に♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する