FC2ブログ

ひす日記BBS

日々の出来事や、連絡事項

2020-08

おぼん

こんにちは。
うちはこの月火水と3日間、少し遅めの盆休みをいただいておりました。
なんせ文字通り盆と正月は、年に二度だけある貴重な連休なのですが、
なんせほら、うちにはワン&にゃんが沢山おるでしょう?
ですので、泊りがけでの家族旅行などにはもう10数年でかけておらず、
今年も家族そろって出かけたといえば、お墓参りくらい。

そういうわけで、私方奥さん方それぞれのお墓にお参りしたのですが、
実は私方のお墓は、大阪の南端のお山の上にあり、
まあ、自然の中にあり景色が良いのはよいのですが
周辺には民家などなにもありません。
さてそういうお墓なんですが、到着しお掃除の用意をすべく水場に近づくと、
「猫の声してない?」
と奥さんが。
私にはよく聞こえなかったので、そう?とか言いながらバケツに水を入れようと蛇口をひねると、
足元に小さな子猫!

しかも、妙に人なれしているのか、こちらにすりすりとすり寄って来るではないですか。
そこでたまたま途中で買っていた鶏のから揚げを少し与えてみると、
ものすごい勢いで食べつくし、奥さんの足元にくるくるとまわるようにすり寄って離れようとしない。

参ったなこりゃ…

サイズ的には3~4か月くらいで、乳離れはしたものの、
本来ならばまだ親兄弟と行動を共にしているべき時期ではないか?
でも辺りを見渡しても、親猫の姿も、もちろん子猫の姿も見当たらないし声もない。
ということは…
こんな山の中にわざわざこの子だけ捨てられた?
もしくは、この子だけ親兄弟とはぐれたのか、
反対にこの子だけ運よく生き延びていた?

よく見ると、この子のいたあたりにはからっからに乾いたパンが置いてあったので、
おそらくは、お墓参りに来たほかの人から何か食べ物をもらっていたようではある。
なんせ、ものすごく人懐っこく愛嬌があるので、そういう点ではラッキーな性格だったんだろうね。

とはいえ、お盆も終わってこれから先はそうそうお参りの人もやってこないだろうし、
まだまだ暑さも厳しい。
それよりなにより、こんな山の中で小さな子猫一匹が一体いつまで生きていられる?
だから、

参ったなこりゃ…


そういうわけで、いったん家に連れて帰ることにしたのですが、
持ち上げて体をよく見ると、全身ノミとダニだらけ!
そりゃ山の中にいたんだから当たり前か。
そんなわけで、いつも車に積んでいる私のTシャツに包み、
たまたま積んでいたヘルメットの袋を取り出しその中に放り込み口を縛って車に乗せました。

帰宅後幸い元気な様子だったため、
いったんノミ取りシャンプーで全身を洗ってから獣医さんへ走り診てもらいました。
結果、健康状態はそれほど悪くなかったのですが、猫風邪をひいているとのことで、
飲み薬と目薬を処方してもらい、さらにノミダニ退治と、虫下しもしてもらい家に戻ってまいりました。

そういうわけで、ただいま我が家にいるわけなのですが…

正直我が家はただいま犬8匹に猫1匹。
おまけに犬たちは、ほとんどが病気持ちの高齢犬。

そういうわけで、うちでこの子を飼うのは正直難しいので、
安心できる状態になれば早々に貰い手さんを探したいと思っております。

性格が良く、人懐っこい甘えたで、しっぽの長い男の子。
色は白時に黒模様。

名前はもちろんないのですが、
お盆のときに拾ったので、私はこう呼んでおります。

お盆のボンちゃん。

180823a.jpg
「ボンだにゃ~♪」

良かったら皆さんも里親さん探しにご協力くださいませ。
スポンサーサイト



コメント

お盆に出来たご縁。
私にも協力出来ることがあれば。
私のブログやFB.instagramでも声かけてみます。
ひす兄のこのブログのリンク貼ってもいいですか?

Re: タイトルなし

ほんと?
じゃあ、お店の看板猫にどう?
おとなしくて人懐こいから招き猫になれるよ!

リンクよろしくお願いします。
(*^人^*)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hisuaki.blog31.fc2.com/tb.php/4020-646e2997
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

 

プロフィール

ひす

Author:ひす
ようこそ!
私のプライバシーを覗いておくれ!
(/ω\)

「ひす画像BBS」ができました。
放出品やイベントのお知らせなどを掲載予定す。
また、各種ご連絡・ご相談もこちらまでお気軽に♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する