FC2ブログ

ひす日記BBS

日々の出来事や、連絡事項

2018-10

初心に帰る ~LIXADA KL-S3~

先日バイクで知り合った学生さんと話をしていた際のこと。
最初に手にしたバイクの話になって、
「これで、いつでも、どこへでも行ける!ってそんな気がしたよね。」
と、大いに盛り上がりました。

そうあの頃は、ものすごい万能の道具を手に入れ、
それこそ無敵になったような気になっておりました。
だから、バイクの種類なんてどうでもよく、
ただ単に、乗って走りだせるだけで、ものすごい!
それはもう自分史上においては本当に革命的なことだったんです。

そして話はさらに続き…

「そのうえ、テントや寝袋、そしてストーブ(コンロ)を手にしたら、ほんまに無敵やで。」
「そうですよね~。いつまでも、どこへでも行けますよね。」
「そうそう、時に自分(あなた)コーヒーはお好き?」
「はい、ブラックでも何でも好きです。」
「じゃ、まずはコンロを手にするとええよ。」
「コンロですか?」
「うん、それさえあれば遠出せずとも近所の山で十分楽しい!」
「へ~。」
「バイクでフラッと山に入って、好きな場所で淹れたてを飲むのは最高やで!」
「いいですね~。」
「今なら1000円前後でガス式のが手に入るし、ボンベも100均で手に入るから。」
「え?そんなに安くですか?」
「というか、カップとか必要なもんも全部100均でそろうしね。」
「へ~!」
「一度試してみ。絶対はまるから。」


てな感じのやりとりをしていたのですが、
かくいう自分を振り返ると、
最近ストーブやバイクで遊んでいても、
やれ、造りがどうたら、デザインがどうたら、ギミックがどうたら、
あげくに、ヴィンテージにはやはり味があるとか、言い出してしまって、
シンプルに便利な道具として楽しむことをすっかり忘れている感じ!
だからちょいと反省したりしていたんです。

そう、ある意味「手段」と「目的」が入れ替わってしていたんですね。
それはそれで非常に楽しく、趣味性の高いものだけど、
山でコーヒーを入れても、
山でこのストーブを使ってコーヒーを入れるのが楽しい!
であって、
山でコーヒーを入れるのが楽しい!
とは、ちょい違っていた気がします。

むろんバイクも同様で、好きなバイクに乗るのが楽しくなってきてしまって、
バイクでどこかに行くのが二次的な目的になっているような気がします。

まあ、それはそれらはそれらで、で手軽な割に深い楽しみがあるので、
今後ももちろん続けるつもり満々なのですが、
やはり、最初の頃の
「うわぁ!すげぇ~!」
という驚きにも似たわくわく感と万能感が薄れてきているのも確か。


そんなわけで、バイク同様初心に帰るべく、
最も手軽で便利なこいつを取り出したりしてみました。

IMG_2096.jpg
中国製ガスストーブ LIXADA KL-S3

数年前に価格の安さ(確か1000円前後)に惹かれ買ったこのストーブ。
このように折りたためば片手にすっぽり収まるサイズながらも、
なかなかどうした優れもの。

一般的なアウトドア用品店で売っているガスボンベはもちろんのこと、
別売りアタッチメントでこのように100均のボンベもワンタッチで装着可能。
IMG_2098a.jpg
使用法はいたって簡単で、①の火力調整バルブを開け、
②の点火スイッチを押すだけ。

ガスなんで当たり前なんですが、プレヒートしなくていいのがすごく気軽!
IMG_2100_20180511213628f54.jpg

三脚とゴトクも程よい大きさで、低い重心と相まって、
物をのっけたときの安定感も結構よろしい。

ただ、三脚の接地面がかなり狭い(細い)ので、
柔らかい地面だと、下手すると次第にめり込んでいくこともあるから、
そういう時はちょいとひと工夫が必要ですね。


とはいえ、必要にして十分な実力を持ち、かつコンパクトで使用法も楽ちんで、
そのうえ100均ガスも使えるんだから、まず最初に手にする一台としてはお勧め。
(そんなこともあり、以前従妹にストーブを貸してくれと頼まれた時、
迷わずこいつを貸し出しました。)

IMG_2104.jpg

とはいえ、火器は火器なんで、油断してると、
や~けどすっどぉ~!

だから最低限以下のことは守りましょう。
①使用前には各ジョイント部や接合部の緩み、ホースの破損をチェック。
②使用後はバルブを確実に閉じ、冷えたのを確認するまで素手で触れない。


さてさて、そんなわけで今度時間ができたら、
こいつを積んでふらっとどこかへ行ってこようか。
山でもいいし、海でもいいし、
何なら大きな川の橋の下でもいい。

気の向いた時に、気の向いた場所で、好きなものをので食す。
そういう自由を心から楽しみなおしてみたいな~。

(=^^=)ゞ
スポンサーサイト

コメント

ガスストーブも個室燃焼ですか

どうも~。「ほにゃらか」です。

油断大敵ではありますが、ガスストーブまでも個室で燃焼させているのですか。
随分と慎重ですこと。

CB缶使用時は缶の向きにより生ガスが出ますので、貸出時に説明しないと危ないです。

缶転がり防止用の磁石で付く脚が売ってます。
取付け面倒で重くなりますが、大きいU字ボルトを缶に付ける手も有ります。

Re: ガスストーブも個室燃焼ですか

まいどです!

はい、うちの店内は可燃物だらけなんで、
どんな火器でも使用は個室。
だって、自分のことを一番信用していないですから…

CB缶は確かにお手軽な分、適当に装着するともれますよね。
その点だけはいつも、気を付けるように伝えております。

転がり防止は、私は風防を使っていますよ。
どんな火器でも風防はストーブとセットで持ち歩いてます。
折りたためば、こいつと同じくらい小さくなるやつとかあって非常に便利!
ヽ(^∀^)ノ

初めてのバイク、カブ

学生の頃、(すでに四輪免許は持っていたのですが)自転車しか持っていなかった頃、(初バイクは小学校5年の日曜の小学校の校庭で運転したカブ、今から思えば、父親はバイクはいいものだろう、といいたかったんでしょうね)実家からホンダのスーパーカブ50CC(実家でこき使われたものですが)を送ってもらい、うれしかった!これですきな時に好きなところにいつでも行ける!

自分にとっては革命的な出来事!(幼い頃から、白バイにあこがれていた(今でも!))

秋深いころ届いたそのカブに乗り寒さに震えながらも(薄着のため)、金木犀の香りが漂うなか、いつまでもを乗り回ていしました。

この歳になっても金木犀の香りが漂うとわくわくしますよ。

Re: 初めてのバイク、カブ

こんにちは!

そうそうそう!
いつまでも、どこまでへも乗り回していましたよね。
あの「無敵感」!
若さもあって、もはや「万能感」でしたね。
(=^^=)ゞ

>きんもくせいの香り
嗅覚は、最も古い感覚だそうだから、
記憶に直結すると、いつまでも新鮮な感覚を呼び戻しちゃうんでしょうね。
http://hisuaki.blog31.fc2.com/blog-entry-3342.html
でも、そういう「におい」を持っているととは、
それすなわち、一つの財産だと思います。

悪臭

基本的に人体の内部は無菌状態。(それでないと体が腐敗してしまう)しかし体の表面、口や胃や腸の表面、皮膚の表面等含めてばい菌だらけ、それらが発する自身の臭気はすでに自分が飼いならしたばい菌(あまり悪さはしない)なので臭くても平気なんでしょうね。(ウイルスには対応していないので、やっかいですね)

小学校3年の娘にたのまれて(娘は既に日本野鳥の会会員、娘は野鳥に関しての自分の師匠)ラムサール条約の八津干潟に野鳥観察に行った時、その手前の池に猫の死骸が浮いていてとんでもない悪臭が漂っていた。その匂いは本能的に危険だから近付くなという警告だったんでしょうね。

他人の体の悪臭に対しての拒否反応は自分が飼いならしたばい菌以外かもしれないという防衛本能からくるんでしょうね。もちろん自己愛という観点もありますが。

とても気の毒だった話なのですが、ドイツの地下鉄のトイレに住んでいる
ホームレスの夫婦の人、ものすごい悪臭だった。

Re: 悪臭

こういうことを考え出すと、
いつもどんどん、より細かく考え始めちゃいます。
それこそ、細胞レベルで見てみると、
もともと別の生命体として存在していた原生生物を取り込んで、
それを一つの器官として機能させてしまっていたりと、(リボゾーム、ミトコンドリア、葉緑体などなど)
果たして、どこまでがオリジナルの体なのかと悩んでしまうので、
なんだか不思議になってきます。

おまけに、考える、判断する、感じるという感覚が、
脳だけでなく内臓までにもあると聞くともう本当に…


(=^^=)ゞ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hisuaki.blog31.fc2.com/tb.php/3930-d9b69bf8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ひす

Author:ひす
ようこそ!
私のプライバシーを覗いておくれ!
(/ω\)

「ひす画像BBS」ができました。
放出品やイベントのお知らせなどを掲載予定す。
また、各種ご連絡・ご相談もこちらまでお気軽に♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する