FC2ブログ

ひす日記BBS

日々の出来事や、連絡事項

2020-08

ミュシャ展  ~ミュシャと新しい芸術~

今日の日記は、この日のことなんですが、
バタバタといろいろありついアップするのを忘れておりました。

ですが企画展はまだまだ開催中ですので。

(*^人^*)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先週から始まった新しい企画展

IMG_1695_20180328110239c07.jpg
「ミュシャと新しい芸術」

ここでいう新しい芸術とは、とりもなおさずアールヌーヴォーのこと。
で、ミュシャといえば、アールヌーヴォーの旗手でありますから、
いかにもといえばいかにもと思えば、実はさにあらず。
というのも、ミュシャ自身は
「芸術とは普遍的なものであるべき。」
と考えていたので、いわゆる流行はもちろん、古いも新しいも芸術にはあり得ない、
とそのように考えていたのです。

ですがなぜ、そう考えていた当の本人が、
新しい芸術の波の代表のように取り上げられるのか?

今回の企画展では、その辺から始まって、
その後、つまりアールヌーヴォー以降の足跡を貴重な習作などを交えて紹介されておりました。

すごく乱暴に述べるなら、

芸術家を志しながら、時流に乗った作風で一風を風靡してしまった故、
芸術家としてよりもむしろデザイナーとして高く評価され、
自分が本当にやりたい仕事ではなく、
いわゆる「仕事」をこなすことに忙殺されたパリ時代。
それを打破すべく出版した(ほぼフリーの)図案資料集が多くの模倣を生み、
かえって彼自身の名声を高め、皮肉にもより一層多忙となり、
芸術面よりはむしろ、企業広告などの商業面にかかわり続けることとなり、
結局、それは大きな「アールヌーヴォー」という流れとなり、
ミュシャ自信をがんじがらめに縛っていった。

ですが、彼は芸術を「日常の生活の中にあるべきもの」ともとらえていたので、
そういう意味では、先ほどの「仕事」は図らずも一般家庭内に彼ならびに、
その他多くの作家の作品を定着させることとなったので、
そういう意味では、彼は一つの大きな自身の「仕事」をこなしていたということにもなった。

とまあ、つまり、意に反したはずの活動が、
結果的に本来の目的の一つを達成させてしまったばかりではなく、
のちに彼が「芸術」を大衆にと、意識して行った各種行動、
紙幣、切手などなどの無報酬デザインや作品の無償提供などよりも、
大きく深く波及したのが皮肉だなと感じてしまういました。

とまあ、私の感想はこのくらいで、実際の展示内容をざっと紹介すると、
おおむねだれもが「これ!」とイメージするパターンの作品があるので、まず嬉しい♪
しかも今回は展示方がなかなか良くて、
大判ポスターの横には、同寸の習作、
いくつかの連作がテーマごとに並列展示、
と、近づき離れて、何度も見直したくなる感じ。
また、いわゆる作品ではなく、
ビスケットのパッケージ、メニュー、カレンダー、切手、紙幣など、
彼の手によるデザインの製品の実物も多く展示されており、
これらも、その時代に触れるという点で非常に楽しいものがあります。

だから、私はちょっとの間100年前にタイムスリップした感覚を味わいつつ、
にやけた顔で展示室を数回行ったり来たりしておりました。

かなり楽しかったんで、期間中また行きたいなと、もう今からそう思っております。


皆さんもGWの間に一度訪れて見られてはいかがでしょうか?
(=^^=)ゞ










スポンサーサイト



コメント

Alfons Maria Muchaがお好きなら

ミュシャがお好きならフランス近代音楽のエルネスト=ショーソンをお聴きになられたら?
ラベルやドビュシーよりさらにミュシャ的。ショーソンの詩曲は一般の方には難解だが。

さらにミュシャ的なショーソンの、ヴァァイオリン ピアノと弦楽四重奏のための協奏曲の特に第二楽章をお聴きになってみては?

Re: Alfons Maria Muchaがお好きなら

こんにちは。
なるほど、さすが専門家!

全く知らない方なので、ぜひ聴かせていただきます。

(*^人^*)

Re: Re: Alfons Maria Muchaがお好きなら

アールヌーボーの字体もいいですよね。
ラベルやドビュシー、ショーソンもフランスのDURAND(デュラン社)から出版されている初版のものは曲名や作曲者名等がアールヌーボーの字体でしかも、小さな花が黒色でその下に一箇所だけ印刷されたりしていて(旧日本人の美学に通じる)楽譜の表表紙を見るだけでわくわくします。
(音楽家にとっては楽譜は仕事上の情報でしかないのですが)
ドイツの楽譜とは趣が異なる、お国柄面白いですね。譜面に書かれている音楽用語もイタリア語からフランス語に切り替わった時期、(現代ではまたイタリア語表記ですが)フランス人が自国を強く意識し始めた時代に切り替わって行った時期だったんでしょうね。

その国粋主義的思想、自分には良く分かります。(馴染める)

Re: Re: Re: Alfons Maria Muchaがお好きなら

へ~、なるほど…

ちょうど1世紀前。
努めれば努めるだけ、未来はどんどん開かれていく。
そういう新世界のイメージが強かった時代だけに、
個人も国も、その自分自身の立つ足元をしっかりとしたものにする必要があったんしょうね。
誇りとともに。

Re: Re: Re: Re: Alfons Maria Muchaがお好なら

ですね!

だからそのアバンギャルドの精神こそ我々日本人は見習いたいですよね。

Re: Re: Re: Re: Re: Alfons Maria Muchaがお好なら

ですよね~。

むろんその背後には、常に危機感に近い緊張と、覚悟が必要となるわけなんですが。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hisuaki.blog31.fc2.com/tb.php/3895-ced3c23b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

 

プロフィール

ひす

Author:ひす
ようこそ!
私のプライバシーを覗いておくれ!
(/ω\)

「ひす画像BBS」ができました。
放出品やイベントのお知らせなどを掲載予定す。
また、各種ご連絡・ご相談もこちらまでお気軽に♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する