FC2ブログ

ひす日記BBS

日々の出来事や、連絡事項

2021-06

カブエンジン盆栽計画 その5

わたしのガレージの居間に鎮座しているこのエンジン。
IMG_0965_20180210153909efe.jpg
正体はホンダスーパーカブ C102のもの。

もともとは、これ(C105)を入手したとき、念のため部品取り目的で手に入れたもの。
ですが幸いにも、いまのところこれに頼ることなく無事活躍してくれておりますので、、
ただいまこのエンジンは、文字通り床の間の飾り、
いわゆる盆栽エンジンとしてここにこうして置いてあります。

ととはいえただ単に放置しているだけではなく、
一見してお分かりのように、キャブレターとマフラーが付いているのみではなく、
IMG_0964.jpg
移動可能な木製台座の中にはコイル内蔵で、
この様にニュートラルランプとメインスイッチも設置。

またキャブレターにはケーブルが接続し、
この様にスロットルも備えてあります。
IMG_0962.jpg

ということはつまりどういう事かといいますと、

この状態でエンジンをかけて遊べる!

実際過去にテストをし、一応始動のめどが立ってはいたのですが、
一人ではキックが不安定で踏み下ろしづくらく、
かといって手で押し込むにはちょい無理があるので、いまいちお手軽にはいかず、
いつの間にかそのまま放置になっていたのです。
(過去の記事、その1その2その3その4

そういうわけで、その後はガソリタンクを外し、エンジンオイルを抜き、
こうして部屋の中にしまい込んでいたのですが、今更ながら気が付いた!

IMG_0968.jpg
このエンジンはセル付きだったじゃないか!

そう、一番最初に動作確認をしたものの、
その時モーターが不動だったため以降その存在を無視していたのですが、
ここを修理すれば、ボタン一つでエンジン始動できるじゃない!
そうなりゃ、部屋の中もお気軽にエンジンをかけて遊ぶことができる!

モーター不動の原因はなんだろう?
導通自体はきちんとはあるから、
おそらくブラシの摩耗くらいじゃないかな?
というわけで、さっそくブラシの手配。

とはいえ、もう50年以上前の部品当然メーカー在庫は期待できないので、
あちこち探してなんとかゲット。

IMG_1197.jpg
「ブラシ?これで歯を磨くの?」

いえいえ、ブラシというのはもモーター内部のコイルに断続的に電気を流すパーツ。
絶えず回転面に接触しているため、柔らかい黒鉛でできており、
ゆえに定期交換が必要な消耗品なのです。

というわけで、先日時間があるときモーターを分解にかかったのですが…

いや~、固い!

モーターとケースを止めているボルトが固くて緩まない!
むろんトーチであぶって、ショックドライバーで叩いたりしてるんですが、
しつこい2本が緩まない!

さてさて、こんな状態で無事復活なるのか?
スポンサーサイト



コメント

いいね~

そのネジはプラスネジ?
ボルトならエアーインパクトで取れると思うけど…

Re: いいね~

そう、大きめのプラスねじ。
今なら六角ボルトなんですがね~。

セルモーター

いまだに怒りがおさまらず!

さて、セルを廻した時のキュルキュル音。
モーター音にしては変。
Vベルトの滑り音か?
滑っているなら効率が悪い。
バッテリが弱っていても鳴るしなぁ~。
いったい何が音を出しているか?
やっぱりモーターか?

Re: セルモーター

こんにちは。
おや?まだ怒り心頭?
じゃ、時間をかけてゆっくり冷却なさってください。
(*^人^*)

さて、セルのあの音ですが、
確か車のセルは、ギアで直接駆動しているはずなんで、ベルトではなかったと思いますよ。
(このカブのはチェーンで回してます)
だからモーターに負荷がかかっているときの回転音か、
もしかしたら、モーターでエンジンを回しているときのベルトの音なのかも?
始動後はエンジンの駆動音でかき消されるとか?

いちどボンネットを開けて聞いてみるのが確実かも?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hisuaki.blog31.fc2.com/tb.php/3854-0ad243cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

 

プロフィール

ひす

Author:ひす
ようこそ!
私のプライバシーを覗いておくれ!
(/ω\)

「ひす画像BBS」ができました。
放出品やイベントのお知らせなどを掲載予定す。
また、各種ご連絡・ご相談もこちらまでお気軽に♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する