FC2ブログ

ひす日記BBS

日々の出来事や、連絡事項

2019-08

あっと驚く新製品

私はもう半世紀以上生きておるのですが、
いま振り返ると、
「いろいろな変化を直(じか)で体験できて得をした世代だよな~。」
と感じます。
まあ、これには環境面、物質面、精神面すべての面においてそう思えるので、
その評価自体には賛否両論あるでしょうが、とりあえず物質面、
特にいろいろな新製品、新発明というべきものについては、
それが身近であったゆえに、多くの方がそう感じられているのではないかと思います。

もちろん今の世の中でも次々と新製品がでてきてはおりますが、
それは全体的に、今まであったものを、より高性能で便利ににまとめたものという印象が強く、
今まであり得なかった革新的な新発明というのとは違う気がします。
だから、「へ~、すごいな~。便利になったな~!」とは思うものの、
「え?うそ!まさかそんなことができるようになるとは?!」
という驚きはあまりないのですよ。

たとえば、初めてテレビが世に出たときの驚きを、
その後の改良(カラー化、音声多重化、デジタル&高画質化など)が決して越えられないように、
全く予想のつかない新製品の出現に出会え、立ち会えるというのは、
極々まれで、ある意味一つの幸運であると思えるから。

そう具体的に例をいくつか挙げていくと…

・使い捨てカイロ

今や冬のド定番で、カイロといえばこれを指し、むしろ昔のタイプのカイロの話をすると、
「え?ハクキンカイロ?燃料がベンジン?なにそれ?」というほど。
でも、初めて手にした時は驚いた!
寒風吹きすさぶ屋外でも、袋から出してもみもみしていたらどんどん熱くなり、
しかも、マッチもライターも電池もいらないので、子供でも簡単に扱える!
だから、冬場に釣りをしに行くときも、これをジャンパーのポケットに忍び込ませていれば、
それだけでずいぶんと心強いものでした。
でも、これ当時不思議でね~。
何度も袋を破って中を見たり、「塩と鉄の化学反応だ。」と知った時には、
錆釘と塩水で同じものができないか、
もしできたらいつでも缶コーヒーを温めることができるんでないか?!
と、いろいろ試してみたりと…
(そののち懲りずにこういうこともしてました。)
実際のその熱以上に、こちらが熱くなる素敵なものでした♪

で、先日テレビで見ていたら、
この冬物凄く熱くなる新製品が出たそうですね!
これなら缶コーヒーを温めるのも可能なんじゃない?
ちょいと期待♪ヽ(^∀^)ノ

・家庭用ビデオ
うちの父は、昔は電気屋さんだったので普通の家よりは早く新しい家電を目にする機会がありました。
だから家庭用ビデオカメラも早くに店に来ました。
で、その時父が、「ほれビデオを撮ってやるから、ちょっと動け。」と言ったときも、
驚きもせず普通にはしゃいでカメラの前で飛び跳ねておりました。
でも、その時は無言でただ動き回るだけ。
そう、実はビデオと8ミリカメラの区別が全くついていなかったので、
いまいちビデオというものをよく理解していなかったのですよ。
だから、まさか音声も同時に録れるとは思っていなかったし、
そのうえ、現像もせずその場で動画が見れるなど全く思っていなかったのです。
だから、撮影後、モニターで動画を見せられた時の驚きといったらかなりのもの。

でも、これはまだ分かった、基本的にカメラだから。
ですがその数年後発売された、家庭用のテレビ用ビデオ!
これにはびっくり!
レンズもないのにどうやって撮影してるの???
電波を記録?!
わけわかんない~!

でもその便利さは瞬時に理解ができましたから、
喉から手が出るほど欲しかったがあまりにも高価だった~。
なのにその後、当時中学生だった私の同級生がこれを買っちゃったわけ!
すげ~な~!さすが金持ちは違うな~!
と思っていたら、実は彼の目的はただ一つ!
キャンディーズの解散コンサートの録画!
そう、彼は熱烈なキャンディーズファンで、コンサートにもよく行ってたうえ、
握手してもらった後は数週間その手に包帯を巻きお風呂にも入らなかったほど。
だから、ビデオ購入もそういう理由ならさもありなんと…
今となってはネットで簡単に見れるのにね…

・タンク分離式石油ストーブ(家庭内暖房用)
まさに今の季節、足元から冷え込む冷気からわんこたちをを守るため、
我が家では石油ファンヒーターが大活躍!
さて、これの燃料はもちろん灯油なわけで、空になったら給油が必要。
その際は、今はもう当たり前の様にタンクを取り出し給油しておりますが、
昔のストーブは、給油の度に、
「よっこいしょ!」
と、あの重い灯油缶を室内まで運び入れ、
そしてストーブに給油せねばなりませんでした。
それが当時の子供の仕事だったから、けっこうしんどい!
ですがのちに分離式のタンクになると、
「なにこれ、めちゃ便利!」
労働作業の軽減化を初めて体感した瞬間でした♪

でも、その楽さに感動したのと同時に、
「なんで給油口が底にあるのに漏れへんねん?」
と物凄く不思議に思い、
タンクのふたにある弁を指で押し、
「あ~、あのお便所の手を洗うやつと一緒の理屈か!」
と納得したりしました。

ちなみに、お便所のやつとはこれのこと。

CIMG7680.jpg
正式名称は「吊り手水」(つりちょうず)

時折今でも現役のものを見かけるときがありますが、今となっては懐かし物件。
でもこれも、最初に目にした人は絶対こう感じたはず!

「すごっ!一回分が自動で出たり止まったりする!」

だからこれもまぎれもなく、「あっと驚く新製品」だったはず♪


このシリーズほかにもあるので、その②につづく
スポンサーサイト

コメント

あっと驚く新製品

TVがハイビジョンになったとき、お!っと思ったのですが、それから何年かたって銀座のソニービルで100インチのモニターで30センチ近くまで寄って4K放送を見ても画質がびくともしない。ハイビジョンになったときとは次元が全く違う。(ブルーレイの遙か上を行く)2014年ソニー、ブラビア49インチの4Kにしました。当時はスカパーの4K試験放送しかなかったのですが去年12月に110度BSで本放送が始まったのでチューナーを買って視聴、4K NHKだけはスカパーの4K試験放(多分NHK製作、4Kはカメラの違いがもろにでる)の画質なのですが4K民法は2Kのハイビジョン画質、これは詐欺だ、番組もテレビショッピング等の見るに値しないものばかり民法は4Kに関して全くやる気なし。見るに値するものは4K NHKとNHK BSプレミアムくらい。
いずれは4K8Kになりましょうが4K導入はまだ早いと思いますね。

Re: あっと驚く新製品

なるほどね~。
音でいえば、超高級オーディオに該当するわけで、
世間一般では、オーバークオリティでしょうから、
それに対するソフト(映像作品)の提供も、おのずと少なくなりますよね。
また、仮にこの基準が押し上げられ4Kが一般化したとしても、
すでにその時には、さらに上を行くシステムが出来上がっており、
結局同じことの繰り返しになるのかも??

吊り手水

自分はミーハーの、(すでに死語)あたらしもん好き。(特に電気製品に関してはすぐとびつく)

身のまわりのなんでもない日常、自分の身の回りでおきること、なんでもない物、これに喜びを感じて感謝する。これはこれで人としての真実。(自分もそう)

しかし科学技術、医療、これは現状に満足していてはどうでしょうか。4Kのあとは8K、同じことの繰り返しが科学技術を発展させるのでは?

吊り手水! 懐かしい実家にあった!

Re: 吊り手水

そう!
好奇心と向上心!
これこそが先に進むための原動力!
これなくして世の発展はないですね♪

吊り手水
その下には、穴の穿れた大きな石と、
その足元にはシダの葉が茂っている。
これが定番でしたよね♪

灯油ストーブ

吊り手水、実家のは60年くらい前だったのでブリキ製でした。音を文字で表現するのは至難の技ですがポッチを下から押すとジョボツと言う音とともに下にある金魚の池に水が落ちました。シダはあったかな~。ごろごろとした石となんか植物が?

灯油ストーブ

日本船燈のフリージア(ホヤガラス素通し)と1982年製巨大円筒形ずんぐり素通しガラスホヤのトヨトミRB-3型を(特にトヨトミがめちゃくちゃ重い)家中ストーブを移動させるために台車を買いました。(セパレート燃料タンクとは程遠い世界)

でもこの赤々とした焚き火のような炎を眺めながらの一杯、極楽ですよ!

Re: 灯油ストーブ

金魚とはまた風情がありましたね~♪

さてさて、それだけ大きなストーブだと、
やっぱ大迫力で楽しいでしょうね~♪
うちも拾ったアラジン置いとけばよかったな~♪

アラジンのランタンストーブ使おうかな?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hisuaki.blog31.fc2.com/tb.php/3850-afac7f50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

 

プロフィール

ひす

Author:ひす
ようこそ!
私のプライバシーを覗いておくれ!
(/ω\)

「ひす画像BBS」ができました。
放出品やイベントのお知らせなどを掲載予定す。
また、各種ご連絡・ご相談もこちらまでお気軽に♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する