ひす日記BBS

日々の出来事や、連絡事項

2017-10

長いけれど短い時間!(同窓会に行く!)

さて、いつもそうですが、今回は特に内容に比して長文となってしまっております。
ですが、それはそのまま、私が嬉しく楽しかった気持の表れと思い、
どうぞご了承くださいませ。
(*^人^*)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は電車に乗るのがとても嫌い。
というよりも、非常につらい!乗っているのが。
というのも、昔から一所(ひとところ)でじっとしているのが何より苦手な子供だったから。
だから、散髪などは大の苦手で、高校時代はそれが嫌で肩まで髪を伸ばしていたほど。

さてさて、そんな私が昨日は電車に乗っておりました。
というのも、ちょいと離れた場所で高校の同窓会があったから。
じつは直前までバイクで行こうかと思っていたのですが、
奥さんが頑張って店を早引けさせてくれたので、
時間に余裕ができたので電車に乗ったというわけ。
すると、あれですね。
意外にも電車は楽しい!
座っているだけで、勝手に動いてくれるのはもちろん、
窓の外を眺めると、いろいろな景色が見える!
特に今回は、大阪から神戸方面へ向かったので、途中何度も川を越える。
実は私は昔から川が大好きなので、そのたび嬉しくなり、
つい大きく顔を振り眼で川を追ってしまう。
するとそのうち、周りの人もつられて同じように視線を窓の外へ向けだしたのですが、
「??」という感じですぐ視線を戻す。
よっぽど面白いものがあると思ったんでしょうね♪
(=^^=)ゞ

そんな感じで楽しんでいたら、あっという間に目的地に到着。
(へ~、時間にしたらそこそこだったのに、全く長さを感じなかったな。)
で、駅からの道は事前にグーグールビューで予習していたんで、
迷うことなく小道に入り込み会場である同級生の店へ。
なのに、最後で階段を下り間違え、お隣のお店に入りかけ、
「あれ?どう見ても店の雰囲気が違うぞ?というか店名が違う!」
そこで、慌てて戻り正解の方へ。
実は、過去に、日にちを間違え全然別の宴会席に入り込んだりしているので、
もうそんな失敗はするまいと学習し、この様にしっかり店名を確認できるまでになっておるのです。
ヽ(^∀^)

で一応念のため、入る前に窓から中を覗いてみると、
「あれ~?おっさんばっかりやん!」
でも、店名に間違いはないし、と扉を開け、
「遅れました~。ひすです~。」
と挨拶すると、
「お~!久しぶり~!」
と、横のおっさんが握手を求めてくるではないですか、
で、その顔をよく見ると、
「あっ!S本君!」
「あほ!ちゃうわ!S谷じゃ!」

ああ、すみません、そうでしたそうでした。(=^^=)ゞ

わはは!おっさんやと思ったら同級生でした~!
あ!わしもおっさんやった!
(=^^=)ゞ

で、
「お前髪の毛どうしてん?昔メチャ長かったやん。」
「いやいや、今は長い短いより、あるかないかの方が大切やん。」
とか、おっさん同士らしい会話をしていると、
「ひす君や~!」
と、横のボックス席から声が上がったので見てみたらそこにはたくさんの女性陣。
おお!場が一気に華やぐ!
同い年でも、やっぱ、おっさんと女性とは違うな~♪
というか、みなさん驚くほどお若い!
いや~、うっかりしたら惚れてしまいますやん。
こりゃ、わしらおっさん勢も負けてられん!
次回は全員女装で参加や!
φ(._*)☆\(-_-)

というわけで、久々にみなさんに会えたので、まずは嬉しい嬉しいと乾杯!

ここんとこお酒を全く飲んでいなかったので久々に飲むビールはさすがに美味い!
あ~、電車で来てよかった♪

で、「ご飯まだやろう?」ということで…
IMG_6042.jpg
美味しそう~!
というか、どれも美味しい!

じつは今回の会場は、同級生が数年前に始めた居酒屋。
美味しいな~、と思いながら食べているも、
「へ~、これを彼が…?」
と、そこがまた何とも不思議な感じもして面白い。
またお酒が好きで始めたということもあり、こちらのお酒の注文に、
「どういうのんがええんや?」
と、聞いてくるあたりにそのこだわりを感じ、頼もしい!

でもこうしてみんなで騒いでいるのに、一人だけ仕事させてなんか申しわけない気もするので、
取りあえず、その御苦労を無駄にしないため、私は「わはは!」と機嫌よく、
大いに楽しませていただきました。

でもやっぱあれですね。
一番久しぶりに会う者など、思えばもう36年ぶりになるのにもかかわらず、
全くそんな気がしないのが不思議!
だから、正直、「懐かしい」という気があまりせず、
あえて言うなら、「よ!ひさしぶり!最近どう?」とこんな感じ?
こういうのが本当に不思議!
で、だからこそ、会うたびに楽しい。

よく、「世間は広いようで狭い」というけれど、
同じようなことが時間にも当てはまり、
「長いようで短い」というか「長いけれども短い」時間の流れというのもあると思う。
少なくとも、一時(ひととき)一緒にいろいろな事柄を過ごしてきたものたちの間には、
そういうものがあると確信しています。
だからこそ、こういう集まりの際は、みな一気に過去に戻ることができ、
また同時に「今現在」にすぐ立ち戻ることもできるので、
そうして過ごせる時間が、とても楽しく、そして心地よいのでしょう。

そういうわけで、いつもこういう席で思うことは。
「あ~、またみんなに会えてよかった♪」
なので、同時にまた、
声をかけてもらってよかったな~。
次回はまたもっともっとの人らに会いたいな~。
とも思うのです。

でも、私はいつもそう思うだけで全く動かない。
だからこそ、毎回こういう集まりを企画し走り回ってくれる幹事さんや、
会場を提供してくれる方々に心より感謝!
いや、ほんと、これ本心ね!
だって、そういうこと私は絶対できないから。

そういうわけで、幹事のT井くん、のーみ君、本当どうもありがとうございました。
で、次回の幹事のS谷君、よろしく頼むね~!

そして昨日お会いできたみなさん、お騒がせしてどうもすみません。
ほんで、一緒に楽しく過ごしてくれてありがとうございました。
これに懲りず次回もいまたよろしくね~!
(*^人^*)

てなわけで…

私は帰り道気分よくヨッパライになっていたので、
「ヨッパライといえばやっぱあれだろう、紐でぶらさげたお寿司のお土産や!」
そう思ったのでお土産のお寿司を探しましたが、さすがに店はどこも閉まっていたので、
ケーキとサンドイッチを買ってそれをぶらぶらさせながら気分よく電車に乗り家に帰りました。
(*^人^*)

*追記*
先ほど文中で「世間は広いようで狭い」と言っておりましたが、
これは昨日の席での私と同級生夫婦の奥さんとの会話。
(実はこちらも同級生夫婦なのです)

私「今どこに住んでるの?」
奥「○○」
私「そやったら、商店街出口当たりの肉屋さんのコロッケが美味しいよね。」
奥「なんでそんなに詳しいの?」
私「うちの親父の家がそのあたりやから。」
奥「え?そうなん!どのあたり?うちらの住所は××やけど。」
私「あれ?!一緒や!もしかして近所に△△ない?」
奥「ある!」
私「じゃ、歯医者さんは?」
奥「目の前!」
私「ほな一緒のマンションやん!」
奥「うそ~~!」

というわけで、実はうちの父と同級生夫妻は、
同じマンションの上と下の階で暮らしていることが判明したのです。

いや~~、ほ~んと世間は狭い!

(=^^=)ゞ


スポンサーサイト

コメント

実は私、幹事です。

なつかしい友達に会えるとホントに時間があっという間ですよね。学生時代の友達と社会に出てからの友達って微妙に違う気がします。

5月27日に中学のクラス会がありまして、今回は私が幹事をやります。こちらは5年前と一昨年にもやっておりまして、参加するメンバーもいつも同じ顔ぶれです。

卒業後ほぼ40年の節目になるので、出来るだけいつも欠席の人に参加してほしかったんですが、やはりいつものメンバーになりそうです。

風景の裏側が見えてくる(ながいです)

今日のお話を伺っていると、ひすさんは方向音痴ではないと思いますが、自分は方向音痴、しかしよく出来たもので、頭の中にドライブレコーダーのようなものがあり自動録画されていて、一度でも通った道はその近くに行くと全て覚えているので道に迷いません。(人の顔も電車で一度でも見た顔はその人が現れればかなり前の場合でもわかります)その方向感覚についてですが、子どもの頃限定の現象なのですが、生まれ育った実家のまったく同じ部屋の全く同じ入り口でも、違う方向から入ると全く違う風景に見える、(風景の裏側が見える)親戚の家でも同じことが、ここで朔太郎の猫町と詩集青猫のなかの、笛の音(ね)のする里へいかうよと言う詩の、俥〔くるま〕(人力車)に乗つてはしつてゆくとき
野も 山も ばうばうとして霞んでみえる、と続き
ひとのしのびて耐え難い情緒である。の次に突然、このへんてこなるほうがくをさしてゆけ。とありますが方向感覚に変調をきたした瞬間ではないでしょうか。猫町のいつも見慣れた町が一瞬理想の美しい町にみえたのも。自分なりの解釈をすると生まれて始めてみた風景の印象が(ドライブレコーダーではありませんが)脳の片隅の奥底のどこかにその映像が眠っていて、方向感覚の変調とともにその静止画にスイッチが入り目の前に!全く同じ風景であっても何年も見慣れたものと生まれてはじめてみた時のその風景の第一印象では物凄いギャップがあるはず。

Re: 実は私、幹事です。

こんにちは。
なるほど、クマぷーさんも幹事さんでいらっしゃるのですね!
それはどうもご苦労様です。
やはりこういう集まりは、幹事さんあってのことですから、
楽しみにされている方々はみなさん感謝しておられますよ。

>やはりいつものメンバーになりそうです。
行き成り全員は無理でしょうから、
少しずつ、いつものメンバーに数名ずつ、
そうしてどんどん増えていくのが理想ですね。

そのためにも、やはり継続こそが一番のかぎでしょうね。

Re: 風景の裏側が見えてくる(ながいです)

なるほど。
面白いお話ですね。
見ているというのは、実は眼ではなく脳内での作業ですから、
結局は、感じ方と言い換えてもいいはずのもの。
だからこそ感受性が強い方には、そういうことが良くあるのかもしれませんね。

脳内での作業(またまたながいですが)

見ているものは脳内での作業。(本当にそう思います。)実際には自然科学的に違うものが存在する。これはありうることだと思います。(我思う故に我在り。まで行ってしまいますが、ここは踏みとどまって)例えば時間の概念(あくまでも概念)時間はどこでも正確に一定にながれている、と言う概念は我々生まれてからどこかで刷り込まれたものです。(グリニッジ標準時とかの文化的な基準)時間は物体の動く速度、重力により遅延が生じます。遅れる量はローレンツ変換の数式で簡単に求められます。(カーナビにこの数式を使わないと商品になりません。)一番シンプルで有名な数式E=MC2、数式を使わず一番分かりやすく説明したディヴィット ボタニスのE=MC2と言う本、面白いですよ。時間は自然定数である光速を一定に保つため遅延する、面白い事実でしょ。(まだまだありますが省略)眼からうろこです。(子どもの頃から理論物理学が好きでして)法事で合う、いとこ(叔父と甥の年齢差ですが)が言ったのですが、言葉でも理解できます、正確には数式でないと表現できませんが。と。自分は表現などする必要は、さらさら無い、理解できればいいのだ。(いとこは、大阪大学大学院で理論物理学をやっていたので、この言葉にすがりつき数学の勉強のやり直しをさぼります。)

Re: 脳内での作業(またまたながいですが)

「当たり前で変わらないと」信じて疑わない、そういう基準のようなものが、
実は移ろいやすいものだと知った時。
理屈でわかっても頭が付いていきませんよね。
時間やなどはまさにそう。
だから、不思議な感じがしてしまい、
物理よりもむしろ、ファンタジーに近いワクワクを感じます。
(ちなみに私、生物・化学は大好きですが物理は大の苦手です)
ですので、そういう事実を、順次検証できる学問をものにしている方々にとっては、
この世はワクワクにあふれる、楽しみが尽かないワンダー&ワンダフルランドでしょうね。

そう仰らずにボタニス読んでみてください天動説が地動説に変わります。

そのとうりなんですよ。理論物理学って(自分の専門ではありませんが)重力とか質量とか時間とか空間とか光の進む速度とか、もうもうめちゃくちゃに興奮する材料ばかりです。(ぐるっと回って、むしろ哲学に近い)子どもの頃、親に聞いても曖昧な答えしか返ってこなくって、(無理も無いですがね)腹が立って騒いだことがあります。こんなことを知らずに死んでゆくのはあまりにも惜しい。その方面の知識に飢えていたのでしょうね。現代ほどは情報が豊ではなかった。

Re: そう仰らずにボタニス読んでみてください天動説が地動説に変わります。

こう乗って、知れば知るほど深みにはまりそうですね。
そしてまた、知るための前提としての知識をもってこそ、
知る楽しみは増すでしょうね。
なんとなく、そうなるのかと思うのと、
なるほど!だからそうなるのか!
と、では全く違いますもん。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hisuaki.blog31.fc2.com/tb.php/3614-d6c1432b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ひす

Author:ひす
ようこそ!
私のプライバシーを覗いておくれ!
(/ω\)

「ひす画像BBS」ができました。
放出品やイベントのお知らせなどを掲載予定す。
また、各種ご連絡・ご相談もこちらまでお気軽に♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する