ひす日記BBS

日々の出来事や、連絡事項

2017-08

お気に入りの燃料缶

先日ブログのコメント欄で、燃料携行缶のお話をしておりました。
その際、マルキルグランテトラといった有名ブランドのものが話題に上りましたが、
私は長年SIGGのこのモデルを愛用しております。

IMG_6004.jpg
ジョウゴ無しでも注げるので非常に便利。

とはいうものの、実はこれ当初はバイクの予備ガソリンを携行するために買ったもの。
だから、ストーブの燃料を入れ持ち歩くには少し多すぎるのです。
そこで、ストーブ専用には、もっと小ぶりで携帯しやすいものをと思い、
以前ご紹介したようにスキットルなどを小細工し使用しております。

で、その中でも特にお気に入りのものがあり、
それは、少々大きめで持ち運びしにくくとも、ついつい贔屓して使用してしまうのです。

それがこれ。
IMG_6003.jpg
GIストーブ(M-1950)のタンクを改造したもの。
(以前もちらりと写真だけ乗っけてましたね。)

まあもともとがストーブのタンクなんで、気密性と耐圧性は言うまでもないうえに、
こいつはほら、そこに折りたたみの三本足があるでしょう?

だからほら!

IMG_6002.jpg
段差や荒れ地でも安定感が抜群!





だから、まあ、それがどうしたって話ですけど、
まあ、その、

なんか、嬉しいですやん?

(=^^=)ゞ

で、足をたためばこのようにある意味手の平サイス上に、
やたら頑丈なんで、無造作に荷物にぶち込んでも凹んだりする心配はまずないのです。
IMG_6001.jpg
というか、やっぱ元が好きなストーブのパーツだけに、
デザインが好みで持っているだけで嬉しくなるのですよ。



ちなみにもともとこのタンクは、チューブとの接合部のねじ山がダメになって使用不可だったので、
その部分に異径形管用継ぎ手の継ぎ手が入るようにタップを切り直しました。
IMG_6005.jpg
キャップナットにはOリングでシール性を確保。

本来のフィラーキャップ部にあるポンプロッド用の穴は、10円玉でふさいでおります。
(サイズが何とぴったんこ!)

で、ストーブには上の小さな口から注ぎ、
このタンクへの給油は大きなフィラー部で行います。
そうそう、よくあるボトルタイプだと、この携行缶への給油の際、
うっかり転倒させてしまうことがままあるのだけれど、
こいつの場合、三脚が良い仕事をしてくれるので、そういう心配がなく安定!安心!

そんなわけで、ここのところ、もっぱらこのタンクばかり愛用してしまっておるのです。

(=^^=)ゞ



*お知らせ*

画像の貼れる掲示板を設置してみました。

左側メニューの「プロフィール」の「ひす画像BBS」のクリックでリンク先に飛びます。

BBS

ぜひ皆様のストーブなども拝見させてください。
(*^人^*)
スポンサーサイト

コメント

燃料ボトル

毎度、こんにちは。

SIGGのボトルは、MSRの現行ポンプが装着できないので残念です。

燃料ボトルの外装塗装ですが、傷に弱いですよね。
ビールのアルミ缶のようにエポキシ塗装にしてくれないかな。

アルコールストーブ自作されている方は、塗装剥がしを紙ヤスリで相当苦労しているみたいです。

OPTIMUSの燃料ボトルは、内面をエポキシ樹脂でコーティングしていて、アルコール対応しているようですが、メネジの所がプラ栓とはいえ、剥がれてくるのではと心配です。

SIGGの飲料用ボトルですが、
燃料ボトルとして使うと問題でますか?
ポンプ加圧の耐圧
プラ栓とパッキンは耐油性が不明
水と間違えて誤飲

GIストーブの十円玉は、もちろんギザ十ですよね?

Re: 燃料ボトル

そうそう、ビール缶とかはいつの間にかエポキシになってたんですね!
昔のは剥離剤で簡単にはがれたのにな~。
だから私は、ガスで炙ってからスチールウールでこすります。
あっという間に塗装が剥げますよ。

飲料用ボトルの転用は特に問題ない気がします。
バイク用品みゃで売っている安い燃料缶など、
明らかに飲料用と同じボトルで、Oリングのみ耐ガソリンにしているみたいな気がします。
ですので、私も数百円のアルミボトルにOリングで使用していたときもありました。
(栓はほとんどがポリプロピレンなので無茶しない限りOk)
そうそう、ホームセンターとかで売っている混合ガソリンの缶も、
エンジンオイルなどを入れているのと同じ缶なので、
同様にオイル缶を一時携行缶として使用してました。
(でも、こういうのはあくまで自己責任で。)

ただ分離式ストーブは使ったことが無いので、燃料タンクへの転用は全く分かりません。
(=^^=)ゞ


そうそう、理想は無論ギザ!
で、その中でも地金に金を含む昭和26年のものですよ!
http://hisuaki.s25.xrea.com/natukasi/natukasi44.htm
ヽ(^∀^)ノ

Re:Re:燃料ボトル

自作アルコールストーブ用に、アルミ缶の塗装剥がしにバーナーですか。
熱でアルミが変形しませんか。
上下にアルミ缶を圧入した時に変形で隙間ができると思いますが。

一般的な剥離剤の他に、エポキシ塗料専用の売っていますが、かなり高額ですね。

昭和26年のギザ十円玉には、金が微量含まれているの初めて知りました。
古銭価格でこの昭和26年ものが高い理由が解りました。
発行枚数もあるんでしょうが。

30年位前に「日本國」の5円玉(年度不明)が古銭屋で1枚 2500円で売っていた記憶あります。
だから、つり銭で古い5円玉の時は確認しちゃいますよ。

発行ダイオード(LED)の内部を見ると半導体素子に、細い金属線が接続されています。ワイヤーボンディングと言う。
金色が純金線で、銀色が純アルミ線です。
流通しているワイヤーボンディング線径と使用長さ(目視の推測)で価格計算したら、
LED1個当たり1円にも満たない金の使用量でした。
中華製LEDなんか1個 10円しない価格で販売していますからね当然ですね。

Re: Re:Re:燃料ボトル

こんにちは。
塗装はがしは、ガスコンロの上で少し炙ると勝手に燃えだしてくれるんで、
煙が出なくなった辺りで水をかければ本当に簡単にはがれますよ。
そしてその程度なら歪みもなく、焼きなまされることもなく普通に加工できますよ。
無論すき間などできませんので、まずは気軽に実践なさってみてください。

金って意外にあちこちに使われてますね。
で、そういうものに使わレっている量なんで、金額的には知れてるんですが
なぜか、「金」が入っているていうだけで、妙にテンション上がります。
だから、くず機械の中から金を発掘するビジネスも、確かにありだなとは感じますね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hisuaki.blog31.fc2.com/tb.php/3605-f9046aae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ひす

Author:ひす
ようこそ!
私のプライバシーを覗いておくれ!
(/ω\)

「ひす画像BBS」ができました。
放出品やイベントのお知らせなどを掲載予定す。
また、各種ご連絡・ご相談もこちらまでお気軽に♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する