ひす日記BBS

日々の出来事や、連絡事項

2017-10

雨空の向こう側

いきなりですが、みなさん。
辛い時や悲しい時、そういう時ふと目にした光景というものは、
物凄く素晴らしい景色を見たとき以上に心に残りません?

私の場合はそうなんですよ。
だから、そういう時に見や風景は、頭というより心に焼き付いてしまうので、
同様な経験をした時、ふとそういう景色が脳裏に浮かんでしまうのです。
しかもそう言う景色は、時と共に心と頭の中で微妙に変化していってしまうことが多いので、
浮かんでくる景色は、当初見たオリジナルのそれとはかけ離れたものになっていることもしばしば。
だからある意味「心象風景」ともいえるかなとか思ったりもします。

さて、実は今回ご紹介する曲もそのような風景から生まれたもの。
ちょうどこの時
以蔵を横に乗せ、半ば絶望したまま車を走らせている時に見た夕陽。
それがこれの最初の景色。

あの時は良い天気で雨など全く降っていなかったのですが、
わたしの中ではこのように嫌な雨雲が見えていたんです。
そして、その先にある太陽を感じつつも、
それはもう錆び付いた、くたびれ切った、
そういう頼りきれない太陽の姿だったのです。

でも、何とかそれに頼りたい。
すがりつくしかない。
そういう心持だったのですよ。
あの時は。

そういう意味では、この曲は以蔵君の曲かな?



*雨雲の向こう側*

肩に伸びてく朱い影
片手で引きはがし
無言で足早く 
歩く

散らばる まだらににじむ染み
膨らむ白い息
固まる黒い雲
越えて

雨雲の向こう側に
錆色の夕焼けが
灰色の向こう側に
赤茶けた塊が *

そこに散らかるおもちゃ箱
パンクしたボール
耳のちぎられた ぬいぐるみ

固く握りしめていても
冷たいこのこぶし
暖かいのは ただ
缶コーヒー

雨雲の向こう側に
錆び付いた太陽が
どす黒い向こう側に
赤茶けた塊が

*くりかえし




でもまあ…

ああいう気持ちでの夕陽はあまり見たくはないですね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hisuaki.blog31.fc2.com/tb.php/3578-b22c72ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ひす

Author:ひす
ようこそ!
私のプライバシーを覗いておくれ!
(/ω\)

「ひす画像BBS」ができました。
放出品やイベントのお知らせなどを掲載予定す。
また、各種ご連絡・ご相談もこちらまでお気軽に♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する