ひす日記BBS

日々の出来事や、連絡事項

2017-10

どうぞ安全運転で

今朝いつものように散歩に出て、
いつものように、いつもの交差点に差し掛かると、
いつも見かける黒いホンダのスクーターと赤いアルファロメロがありました。
ですが今日はいつもと違い、
スクーターは前輪がひしゃげるほどにフロントが大破しており、
アルファは、助手席側のドアが大きく凹んでおりました。
そして、道路には生々しい黒い跡と、オイルの染み。

幸いどちらの運転手も怪我はない様子で、
アルファの運転手が電話で連絡を入れ、ほどなく救急車が到着しました。

私にしてみたら、どちらも見知らぬ他人なのですが、
毎日それぞれの車やバイクを見ているので、
なんとなく他人事とは思えなかっただけに、ほっと一安心。

さて、この事故ですが状況から見て、
直進のスクーターの前を右折のアルファが横切ろうとしたいわゆる「右直事故」。
実はこの交差点は電車の高架下にあるため、直進側の見通しが非常に悪いため、
右折禁止になっております。
だから恐らく、これはアルファの過失がある。
とはいえ、ダメージの方は圧倒的にスクーターの方が大きいので、
「あっちが悪い!」
と声高に言っても、負った怪我はなかったことにできない。

これがもし後遺症の残るような負傷なら、
それだけお金をもらっても割が合うはずがないから、
結局損をするのは怪我したほう。

そんなわけで、私はいつもバイクや車に乗っている時交差点に差し掛かると、
例えこちらが青信号でも、優先道路でも、
やはり速度を落とし確認し、もし対向車などが見えたらば、
その運転手に目線を合わせ、相手がこちらを認識しているのを確認できるまではブレーキに足を乗せてます。
だって、自分自身の運転にも自信が持てない私ですから、
相手の運転(手)を信用できるはずもない。

でもね、

最近、ほぼ毎日あちこちで、とんでもない運転をよく見かけるのです。
それらはバイクや車ではなく、自転車と歩行者。
交通ルールを無視したでたらめな動きは言うまでもないですが、
それらを守ったうえでも、危険な行動をよくとるのです。
たとえば、青信号になったとたん左右を見ず飛び出してきたり、
優先道路だからといって、交差点に無造作に侵入したり。
傍で見ていて非常に危険なこういう行為も、本人にしてみたら、
「私はルールに従ってる!」
と、その正当性を主張するだけ。

でもそれでけがをして損するのは自分だというのがわかっていないの?
また、自分が事故の原因になりかねないという、そういう自覚はないの?

また、前述のルールを守らないでたらめな人の場合でも
「こっちは自転車だから、車の方が悪いんだ!」
と、つねに自分が「弱者」であることをアピールしようとするだけ。
こういう人ほど、今度は自分が自転車や車などに乗っていると、
歩行者を邪魔者扱いする乱暴な運転ばかりする。

なんかな~。

こういう人たちは、いくら説明しても自分の非を絶対認めようとはしないものですから、
必ずいつの時代のどの地域にもある程度存在します。
ですからこちら側としては、「そういう人たちがいるものだ。」と常に心掛け、
油断せず、注意しつつ運転なりをせねばなりません。

たしかに窮屈な話ですけど、こればかりは仕方がない。
被害者になる可能性があるという一方、
加害者になる可能性も常にあるということですからね。

そんなわけで、皆さんもどうぞ安全運転で。
(*^人^*)





スポンサーサイト

コメント

そうそう!

ホンマにそうです!
ボクも経験ありますが、相手が100%悪いとなりましたが、未だに後遺症引きずってます・・・
出来たら元に戻してほしい。
まぁ、あれからは信号も周りのクルマも信用しないようにしていますが。

Re: そうそう!

こんにちは。
そうそう、まさにきよさんなどその最たる方ですよよね。
元に戻るものと戻らないものがありますから…

とかいいながらも、
いくら注意を心掛けても、ふと抜ける瞬間ってありますね。
そういう時が一番危ないでしょうね。

ある日の出来事

多摩川沿いの道を走っていた時のことです。信号待ちをしていたんですが、青になり進もうとしたら、子供を乗せた自転車の母親が、いきなり、かなりのスピードで信号無視で進入してきました。まあそこまではいいとして、すでに、車が動き出していると言うのに、その長男(小学校低学年)の乗る自転車が、必死の形相で突っ込んできました。当たり前です。長男は母親においていかれまいと必死だったのです。信号や車は見えるはずありません。母親は長男が赤信号で止まるとでも思っていたのでしょう。とんでもないお手本を示すとともに、子供にとって、親の、あまりにも酷な期待です。子供にそんな判断ができるわけがない。この人に限らず、子供を乗せる仕様の自転車を運転しているお母さん、みんなあまりにも無謀です。(自分の立場だけを考えて、なにか、勘違いをしているんでしょう。小さい子供を持っていたとしても社会の一員であることに変わりはありません。)自分は二輪も四輪も運転する時は、結構なスピードをだしますが、とても、臆病者です。

Re: ある日の出来事

あるある!
そういう光景を非常によく目にします。
あれは「たまたま運が良かった」だけで、
何回大きな事故に遭っていても不思議でないですよね。

それと似た話かもしれませんが。
私はよく数台のバイクでは尻に出るのですが、
その際交差点で微妙な黄信号にかかると、
先頭は急ブレーキをかけれないので突き進みますが
そのうしろも、後追いし、明らかな赤信号によく突っ込むんです。
「銭湯は絶対その先で待つから泊まろうね。」というのですが、それがなかなか…
個人個人では絶対そういうことをしない人たちでもそうだから、
あるいみ集団心理でしょうね。

集団心理

集団心理と言うものはとんでもない曲者ですね。人類が存続の危機に瀕するとすればこの集団心理をコントロールできなくなった時だと思います。(人類が極端に排他的に成った瞬間)戦争がその良い例です。自分は国粋主義者なので、判るような気がします。この集団心理こそ危険な代物です。個人個人の冷静な判断に曇りを生じさせます。人は大多数に流されるように出来ています。

Re: 集団心理

そうなんですよね。
集団心理は恐ろしい。
それが引き起こす結果はもちろんですが、
むしろその後の方があるいみ恐ろしい。
というのも、集団心理は、それが収まるとともに、
その集団の数のパワーと相まって「無責任」と「責任転嫁」へたやすく変化するから、
引き起こされた悲劇という結果を、誰かに押し付け自分たち手段はその被害者であったと、
そうふるまおうとすることが常なんです。
以前↓でも書きましたが、それは本当に卑怯です。
http://hisuaki.blog31.fc2.com/blog-entry-3119.html
またそれがゆえ、反省もないので改善も期待できない。
だから、集団心理とは、動き出したらだれも止めれない、いわゆる巨大なモンスターですね。
ラッシーさんがおっしゃる通り、コントロールがができなくなったお気が恐怖です。

不満や憎悪

悪事の責任をすべてナチスに押し付けてしまうと、急に話がとても分かりやすくなり、みなすぐに納得できるからでしょうね。でも本当に怖いのはその裏側でナチスを突き動かしていった、不満、憎悪、とんでもなく沢山の魑魅魍魎の力が働いていたような気がします。

Re: 不満や憎悪


そうそう、
あるいみナチスは、戦後ドイツのためのスケープゴートですよね。

ということは、そのことを理解しながらも、
あの時代のあの国をまとめ上げるには避けれない儀式であると、
そう思っていた人もいたのかもしれませんね。

ホロコースト

音楽家(特に)、理論物理学者、政治家、経済人、の優秀な人たちはすべてユダヤ人といっても大げさではないと思います。FRB(Federal Reserve Bank)の歴代の議長は、今のジャネット イエレン、バーナンキ、グリンスパン、ウィキペデイアで調べていってもすべてがユダヤ人。FRBの構成用員の90%以上がユダヤ人です。アメリカと言う大国を実質的に動かしているのは実はFRBで、FRBからしてみれば、大統領でさえも、ただのメッセンジャーボーイに過ぎません。ドイツ人はその優秀なユダヤ人たちをスケープゴートとして、でっちあげ、ホロコーストによる大量虐殺を行った、人類として最も恥ずべきことをやりとげた初の人類と思います。(ドイツの大多数の人々は愛すべき人たちです。)

Re: ホロコースト

この手の話は過去のものではなく、
規模の大小、その対象を問わず今現在世界中のあちこちで行われているんですよね。
知らない、知らされない、そして知ろうとしないだけで。

知らない、知らされない、そして知ろうとしない。

ヨーロッパに行ってTVのニュース見てみると面白いです。日本にいてニュースを見て情報を受け取っているのと内容や視点がすこし違います。自分たちはアメリカ経由の情報を受け取っているのだ、と言うことが分かります。

Re: 知らない、知らされない、そして知ろうとしない。

そうなんですよね。
今でこそマスコミ以外のニュースの入手方法もありますが、
それですら、どこかの経由で伝わっているので、
絶対何らかのフィルタがかかっています。
というか、受け手にしても、その立ち位置がある以上は、
どういう事象もニュートラルに見ることはできませんよね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hisuaki.blog31.fc2.com/tb.php/3564-6eba28e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ひす

Author:ひす
ようこそ!
私のプライバシーを覗いておくれ!
(/ω\)

「ひす画像BBS」ができました。
放出品やイベントのお知らせなどを掲載予定す。
また、各種ご連絡・ご相談もこちらまでお気軽に♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する