ひす日記BBS

日々の出来事や、連絡事項

2017-06

懐かしい風景?

昨日は天王寺で飲んでおりました。

遅ればせながらバンドの新年会だったのです。
本当は昨年末計画していた忘年会が都合がつかず、
年明けすぐは、まず真面目に練習していたために、
「これでいいのか?!」
というわけで、今月の練習を止し飲み会としたのですよ。

ヽ(^∀^)ノ うへ~♪

てなわけで、いつも通り汚くしょぼく、
そして足元に冷気の吹込む店の二階で飲み、店を出たのは終電前。
今年一番の冷え込みで、また深夜ということもあり、吐く息が白い白い!
で、タバコを吸わない私はそれがそれが面白く、
「ほら!白い白い!」
と子供のようにはしゃいでいたらVoのMOLLEYが、
「そりゃマイナスですから。」と。
だから、「うっそ~!」とより大きく白い息を上に向かって吐き出すと、

CA394961.jpg
あ!嬉し懐かし公衆便所♪

昔はどこの公設市場にもあった汚い公衆便所。
それがまだ、この商店街には残っております。
だからそれが嬉しくて、最若手で新婚でもあるDrのトンタカ君に、
「君もぜひ一度ここで用を足し体験しておき給へ!」
とアドバイス。

いやほんと、皆さんもここで飲む機会があれば、ぜひ一度ここで用を足し、
文字通りションベンくさい昭和の雰囲気を味わってみて下さい。
でも、文字通り味わうと病気になるから絶対舐めちゃダメ!
φ(._*)☆\(-_-)

さて懐かしいといえば、先日来近所の懐かしい散歩道をご紹介しました。
「ちょいとバイク散歩 ~中野鍼灸院~」「意外に古い散歩道」

実はそれと同じく毎日通る散歩道に、とても懐かしさを感じる場所があるのですよ。
とは言え、その場所にはもうすでに新しい家が建っており、
今そこを眺めても、私の記憶の中にしかその景色はありません。
ただ、その景色を見た時期が、私が中学時代の1970年代後半。
その当時の私が目にして、
「うわ!懐かしすぎる…」
とそう思った光景なんです。

それは毎朝一緒に通学するために寄っていた友人の家の並びの端にあり、
似たような新築が並ぶ建売住宅地の中で、
その一角だけがまるで異空間の様に時代から残された感じ。

小さな小さな木造家屋、屋根は板葺きで、それを大きな石で抑えている。
更に家全体が本当に傾いていて、大きな丸太でつっかえ棒をしている。
また家の前には、根元で大きく曲がった松の大木が斜めに生えており、
その光景は、よく時代劇で見る江戸時代の長屋のようでした。
とはいえ、むろん電気は来ているらしく、軒先には洗濯機が置いてありました。
でもそれも、手回しのローラーのついた当時でもかなり古いタイプ。)


確かにそのような光景は「あしたのジョー」や、「ハリスの旋風」などの漫画の中で見ることはよくありました。
(こういうの 「丹下拳闘クラブ」
ですが、さすがに私の世代ではそのような光景を見たことはなかったので、
初めて見た私はものすごく衝撃を受けたのです。

だからすごく気になったものの、友人が全くの無関心だったのと、
なんとなく話題にしてはならないような雰囲気があったので、
その家について何も尋ねることができませんでした。

ですが、かなり気になるものだから、毎朝の通学時、
「いったいどういう人がどういう暮らしをしているんだろう?」
と、思いながら前を通り過ぎていたのです。

その後何度か、松の木の下に七輪を置き調理しているおばあさんを見かけたので、
「そうか、ガスは来ていないのか…」とぼんやり思い、
「独り暮らしなんかな?身寄りはおらへんのんかな?」
とか、いろいろ思いながらその光景を眺めていました。

ですがその後、その友人とクラスが変わったからなのか、
はたまた高校へ進学したからなのか、その辺はあいまいでよく覚えていないのですが、
その道を通ることが無くなったため、そのことをすっかり忘れておりました。
そしてある時ふと、
「そういやあの家どうなった?」
と、そう思い見に行ったのですが、
その時にはすでに何もない更地になっておりました。
(無論松の木もない状態。)

そうなると今度はやたら気になって来るもので、
地元の友人などに、
「なあなあ、ここにあった古い家のこと覚えてる?」
とたずねるも、
「家?そんなんあったかな??」
と、誰もが記憶にない様子。

だから時折、
「あれは本当にあったのか?」
とか思ってしまうのです。

幸いその当時から少しあと(84年)の住宅地図を持っているので、今その場所を見てみると、
大きな区画の個人名。(その方は地元でも有数の古くからの地主さん)
ということは、あのおばあさんはそこに住まわせていてもらっていたのか??
ついでに、当時一緒に通っていた友人の家を見てみると、
「あれ??」
並びに彼の名前が無い?!
家は確かにあるのに、どの名前も聞き覚えが無い。

そういや、途中で引越したんだっけ…?
だから、あの道を通らなくなったんだったっけ…??

そういうわけで、あの古い家の光景は、
私の記憶の中ではなんだかとても不思議なものとなっているのです。
まちがいなく存在していたのに、何ともあやふやで、不確かなものとして。

そういうわけで、今日もその道をポチと歩くのですよ。

IMG_4804_20170212124100ff0.jpg
「このあたりなん?」
スポンサーサイト

コメント

おばあちゃん家の近くに木造二階建ての文化住宅?アパート?あったよね?色んなこと懐かしー。
って私が思うくらいだから、ひす兄はもっともっと、もっともっとたくさんの"懐かしい"があるんだよね。
いいなー。

谷戸の風景

調布や実家の静岡も同じです。今住んでいる多摩丘陵の近くの南山(東京都稲城市)、日本昔話のような谷戸があったのですが(自分のお気に入りの場所、南がわがひらけていて北側が山の斜面、真冬でも風が吹かずお日様がさんさん。ひらけているのですが、林に囲まれていて近くの建物や都心方面の風景は全て見えず林の上は空ばかり、あとは谷戸の畑。)しかしここも宅地造成で今は酷い風景になってしまいました。(ネットで、ここの風景はもうすぐ見られなくなるから今のうちに見ておくべきだ、とかきこみがありました。)自分の住んでいるところも多摩丘陵なのであまりいえませんが。

Re: タイトルなし

あったあった、↓のんやろ?
http://hisuaki.blog31.fc2.com/blog-entry-2100.html
あそこも今は何もない更地やもんね。

このさき、「ああここにこういうのが建ってって…」って話をしても、
「?」ってな感じになるんやろうな~。

そう思うと、今のうちあちこちしっかり見てたいね。

Re: 谷戸の風景

そうなんですよ。
今現在も、どんどんと失われている風景景色があるわけで、
だからこそ、私は時間ができて旅行に行けるようになった場合、
海外ではなく、国内をあちこち行きたいのです。

南山の谷戸

ヨーロッパよりもどんどん心和む懐かしい風景がなくなってしまう日本こそ今のうちに見ておくべきですね。つげ義春がもう秘境の温泉宿はなくなってしまったといっていましたものね。その南山の谷戸を守るため南山の自然を守る会が稲城市(自分、川崎市ですがほとんど稲城市、調布市です。)にあったのですが、地権者のエゴでなくなってしまい今では大規模マンションが建っています。ジブリの平成狸合戦ぽんぽこ、のあたりです。

Re: 南山の谷戸

こういうものこそ、
なくなって、失って、その後にやっと気づくものですね。
いや、気付くことがあれば、
救いでないものの、少しはましか…

おざなりな言葉

嘆かわしいことが多い昨今ですね。しかし、こんなおざなりな言葉しか出ません。

Re: おざなりな言葉

こういうのは、個人個人の意識が変わらない限り、どうにもならないというのが悔しいですよね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hisuaki.blog31.fc2.com/tb.php/3536-2de00fab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ひす

Author:ひす
ようこそ!
私のプライバシーを覗いておくれ!
(/ω\)

「ひす画像BBS」ができました。
放出品やイベントのお知らせなどを掲載予定す。
また、各種ご連絡・ご相談もこちらまでお気軽に♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する