ひす日記BBS

日々の出来事や、連絡事項

2017-06

小ぶりでハンサム! ~Max Sievert A1~

先日、箱に入れたストーブ類を整理していたら、
すっかり忘れていた、こういう物が出てきました。
s-l1600e.jpg
小型ガソリントーチの「Max Sievert A1」

タンクの底面がそっくり手の平に乗るほどのかわいいサイズなんで、
届いた後に開封し、その後適当なすき間に放り込んだまますっかり忘れていた模様。
(タンク容量0.25l 恐らく1950~60年代)

いや~、ゴメンゴメン。
(=^^=)ゞ

そういうわけで、放置プレーのお詫びに気合を入れてきれいにすることに。
まずは完全分解のバラバラ~!
IMG_4312.jpg
幸いひどい固着もなくすんなりばらすことができましたが、
ニップルと安全弁キャップには気を遣いました。

というのも、ニップルは過去にプライヤーなので適当に扱われたのか、変形しかけ。
また安全弁キャップはまん丸で、切り欠きすらついていないのでつかめない!
ですので、ニップルはロッキングモンキー、キャップ類は皮とバイスプライヤーで対応しました。
(工具の詳しい説明はこちらを。)

というわけで、あれやこれやののち…
IMG_4749.jpg
ぴっかぴか~♪

先端が焦げたオリジナルのウイックは、脱脂綿を撚って作ったものと交換し、
IMG_4752.jpg
タンクには、こうしてピンセットなどを使って、よじよじとねじ込みます。

その後はバーナー部をねじ込み、位置決めののち固定。
IMG_4766.jpg
接合部にはテフロンテープを巻いておりますが、
これは気密性を高める意味もありますが、
主目的はゆるみ止めとかじりつき防止。
テープを巻かない場合は、バーナー側がテーパーになっているため、
回せば回すほど入っていくから、更にもう一回転力を込めて回します。
その際耐熱グリスを塗っておくと、その後少し安心です。

ところで、よく見ると首のあたりに「1437」と刻印があるのですが、
これはいったい何だろう??

で、こちらがくだんの安全弁
IMG_4768.jpg
てっぺんの穴の開いた丸いのがそのキャップ。
ね?つかみどころのないやつでしょう?
今回はたまたま上手く緩んでくれましたが、かじりついていたらかなり面倒で、
そういう場合は、キズがつくの覚悟でバイスプライヤーで直につかむか、
レンチをかけれるように両端を削ったり、ドライバーが使えるようスリットを刻んでいたでしょう。
(実際、その後の同モデルではそのようなキャップに変更されております。)

直接手の触れるコントロールノブと持ち手はこんな感じ。
IMG_4771.jpg
ノブは断熱性の高い樹脂製。
持ちては鉄製ですが、穴あきの中空構造で熱放射性を高め、
使用時熱くなりすぎないよう工夫されております。

そんなわけで一応完成したのですが…
IMG_4767.jpg
うむ、小ぶりでかっこよい!
全体がバランスよく、引き締まっているので、とてもハンサムさん♪

だが、

ちょいと気になる…

なんかね、火口が微妙にお辞儀している気がするのですよ。
本来ならノブ側から気持ちよく一直線で斜め情報へ向かうのに、
ねじ止め部分付近で、折れて気持ちへの字になってしまっている。

ま、確かに微妙なとこなんで、実用性には関係ないし、
無視したらできる範囲なんですが…

でもせっかく綺麗になったし、小ぶりでかっこよいのにもかかわらず、
この部分だけそのままってのも気が収まらない!
びしっと決めた男前なのに、寝癖で髪が変になっているような感じ。

そういうわけで、この部分の修正を今考えておるのですが、
いまいちよい方法が浮かびません。
(結構分厚い素材なんですよ)

一方を固定し、反対側に木の棒を突っ込んでそれをハンマーで叩くか?
それか、ものごっつい力持ちのおっちゃんを探して曲げてもらうか?
え?
自分ですればいいやん、って?

いえいえ、実は私はかなり非力なんですよ。
なんせ、ほら、
昔から言うでしょう?


色男、金と力はなかりけり♪
いや~、ハンサムはつらいな~♪
(=^^=)ゞ


*追記*
ちなみにその後、ネットであれこれ画像を探してみてみましたが、
どの個体もやはり私のもの同様若干への字に曲がって見える。
だから、もしかしたら、最初からこういうもの?
それとも、全部が全部、力負けして曲がってしまった?
なんせ、ハンサムさんだから、やっぱ「力は無かりけり」なんだろうか?
(=^^=)ゞ


スポンサーサイト

コメント

Max Sievert

トップにあったと思われる焼きゴテを固定する爪が無くなっている様子なので、その分上のネジの締め付けが足らず火口(ノズル)が下がっているという線は無しですかね?後ろからの写真でスキマが空いている様に見えるので、頭のネジがキュッと締まればノズル自体も上に向くんじゃないかと思ったのですがどうでしょう?
この手のトーチは持ってないのでなんとも言えませんが(^^;


先日、私もようやっとMax Sievertのケロシントーチを入手しました。初の海外トーチです!
型番はなんだかよくわかりませんが、500mlタンクを装備したかわいいヤツでして、全体のバランスがもうたまりません・・・。
日本のトーチをこき下ろすつもりはありませんが、やはり海外製は別格ですね^^
真鍮はピッカピカに磨くのがポリシーなのですが、ヤツはこれまた絶妙なくすみ方をしていて良い味を醸しているので、磨くかどうか物凄く悩んでおります。

そんな悩みすら楽しい。やっぱりトーチはステキですね!

Re: Max Sievert

なるほど、そういわれれば、確かにそこの部分はネジが少し浮いています!
というわけで、早速ワッシャをかまして試してみました。

で、結果は…

う~~ん・・・・・・

やっぱ、歪んでいるようです。
(=^^=)ゞ

でもワッシャを入れる前よりは角度はましになりました。
さすが、鋭い着眼点!
ご指摘どうもありがとうございます!
ヽ(^∀^)ノ

さて、お次は海外トーチですか?
マックスさんちのトーチは仕事が丁寧なんで、
いじるほど、特に磨くほどどんどん魅力が増して心を奪われますよ!

でも確かに、渋い汚れも魅力の一つ!
磨けない「くすみ」というのも確かにあり、
わたしも磨かず(磨けず)そのまま手入れして愛でているものが結構あります。
ああいうのも、木の年輪と同じく、トーチが経てきた年月の証であるから、
そういったものもひっくるめて、「魅力」なんですよね~。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hisuaki.blog31.fc2.com/tb.php/3535-c4089ab8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ひす

Author:ひす
ようこそ!
私のプライバシーを覗いておくれ!
(/ω\)

「ひす画像BBS」ができました。
放出品やイベントのお知らせなどを掲載予定す。
また、各種ご連絡・ご相談もこちらまでお気軽に♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する