ひす日記BBS

日々の出来事や、連絡事項

2017-11

謎の安全弁 ~RADIUS 42~

IMG_4293.jpg
こんにちは~、№7ですよ~♪

と思わせておきながら、実はこれ中身は以前ご紹介したことのあるRADIUS 42 (ラデュウス 42)
ですが、こちらは後期型なのであれとはちょいと違っておるのです。

その違いというのが…
IMG_4278.jpg
この部分!

一見フィラーキャップに見えるこの部分、実は安全弁なのです。
(フィラーは前期同様タンク底面にあります)
そしてまた、この安全弁こそが、わたしをかなりの間悩ませていた頭痛の種!

というのも、その仕組みが全く理解できなかったからなのです。

ちなみに構造はこの様な感じ。
キャップを外すと中にこれらのパーツが組み込まれております。
IMG_4287.jpg
スプリング、皮カップ、カップ受け、固定用キャップ。

で受け手の方はこんな感じ。
IMG_4281.jpg
タンク内部から伸びていると思われるネジの切られたシャフトが一本。
これは固定されており引き抜けないものの、数ミリ単位でぐらぐらと動く。
これに先ほどのパーツ群がねじ込まれ、
キャップをしたのちも締め付けが調整できるようになっております。

なお、ここから見えるシャフトのすき間や穴はそのままタンク内部なので、
この部分からタンク内圧が盛大に漏れてくるようになっております。

組み付けるとこんな感じ。
IMG_4288a.jpg
分かりやすくするために、皮カップを除いています。(薄いピンクがそのイメージ)

実は、最初このストーブが手元に来たとき、この皮カップが欠品であったため、
一体どういう仕組みなのかわからないまま、
「ここはおそらく安全弁であろう…
でもどうしたってここから圧が漏れてくるやん!
と頭を悩ませていたのです。

ですが、その後いろいろなストーブなどをいじるうちに、
プリムス71シーベルト丸トーチなどにあるような原始的な安全装置に気づき、

そうか!これだったのか!

とひらめき、この部分に皮カップがあったはずだと思いついたのです。
そしてタンク底面を確認してみて確信。

IMG_4280_201701131729145b9.jpg
やっぱ、デベソがあった!


つまりこういう仕組みのはず。
IMG_4298_20170113181540a29.jpg
まず、先ほどのシャフトはタンク底面に溶接されている。
普段は、先端にスプリングにより固定されている皮カップにより密閉を保たれているが、
内圧が高まりすぎるそれがスプリングの力を上回った時、
皮カップが押し上げられ生じたすき間から余分な圧力が抜け出る。

前述のプリムスなどのタイプの場合は、
一度作動するとタンクに穴が開き使い物にならなくなりますが、
この方法だと、ばねが戻りまたそのまま使用することができる。
さすが、創意工夫が売りのRADIUS社!

考えるとこの仕組みって、単に内圧による力だけではなく、
先端の溶接部分の接合部が強く引くことによりスプリングを押し縮めようとする力と、
反対に、内圧がスプリングを伸ばそうとする相反する力が拮抗してしまうので、
調整が結構シビアなんじゃないかな?

そう思い、古い取扱説明書をよく読むと、
中央のねじの締め付け回転数がきっちり書いてありました。
やっぱりな~。

というわけで、この件についてはすっきり納得できたのですが、
実はこのストーブいまだに使用したことがありません。

というのも…


スピンドルがバルブ内部で折れており、一部が中に入ったまま取り出せない状態。

全オーナーが無理したんだな~。

さて、どうしたものか…




スポンサーサイト

コメント

こんにちは、お久しぶりです。疑問なんですが、皮カップは周りと密着しているのですか?圧力が上がると皮カップの周りではなく、中心部から圧が逃げるのかな~何となく理解は出来るのですが、う~~ん想像がつかないです。

Re: タイトルなし

まいどです。
そうそう、なんかイメージできにくいでしょう?
だて、皮ですよ!
ですがまあ、きちんとオイルの染み込んだ皮カップだと、
ポンプで加圧できるのだから、一応気密性を保てるのかな?
いつか試してみたいのですが、なんせスピンドル折れちゃってるし、
このタイプは、ライジングチューブがタンクに溶接されているらしく、
いくら頑張っても分解できないから、バーナー部交換できないし…

かっこいいんですがね~。
(=^^=)ゞ

溶接・・・

確かに写真よく見てみるとチューブの周り溶接されているようですね。しかし、ラジウスが元々こういう仕様にしたのですかね。残スピンドル抜くのは難題ですね。溶接部溶かせないかな~綺麗だしもったいないですよね。

Re: 溶接・・・

私もし最初はまさかと思い、
トーチで炙って、バイスではさんでといろいろしてみましたが、
ゆるむ気配が全く無く、あげくにタンクがねじれて歪みそうな感じ・・

で、調べると他の方も同様d絵、これはおそらく溶接ではないかと…

さて、どうしたものか?

ちょん切って、溶接?

(=^^=)ゞ

綺麗な状態で残ってると、残したくなりますね。
パッキンがポンプカップって、マニアックですね。劣化してきたら、すぐに火を吹きそうですね。
この辺が問題点で進化したのかもね。
シャフトをカットして蓋に溶接で蓋ですかね。
か、シャフトをドリルで飛ばして再利用溶接か、接着剤とタンクコートかなぁ、
安全弁なし仕様が一番楽かなぁ!

Re: タイトルなし

こんにちは。
まあ、この部分は皮カップが不安なら、
代わりにゴムの代用品を作ったり、
おっしゃるように安全弁をあきらめて、ガスケットを放り込めば事足りるんですが、
問題はスピンドル。

さて、本当にどうしたもんか…

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hisuaki.blog31.fc2.com/tb.php/3516-5f2f45d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ひす

Author:ひす
ようこそ!
私のプライバシーを覗いておくれ!
(/ω\)

「ひす画像BBS」ができました。
放出品やイベントのお知らせなどを掲載予定す。
また、各種ご連絡・ご相談もこちらまでお気軽に♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する