ひす日記BBS

日々の出来事や、連絡事項

2017-05

RADIUS №47

今回ご紹介するケロシン(灯油)トーチはRADIUS社の製品。
この会社は、ストーブの老舗PRIMUS社の元技術者たちが労働争議の末立ち上げた会社なので、
その作りの確かさはもちろんのこと、画期的なアイディアを盛り込んだ製品づくりと、
その仕上げの良さから一気に評判となり、
特に我が国においては、「ストーブ=ラジュース(ラディウス)」という風に、ストーブの代名詞となるほどの人気でした。
(ちなみ、PRIMUSとRADIUSはともにラテン語で、それぞれ「最初」と「光」という意味を持ちます。)

実は私が最も好きなストーブメーカーこそがこのRADIUS社ですので、
そこのトーチとなるとやはり、ちょいと気分が盛り上がるのです。

てなわけで、まずはご対面。
IMG_3778.jpg
うんうん、良い感じでススとホコリにまみれくすんでおりますね。

IMG_3780.jpg
でも、固着など手ごわい部分はどこもなく、
サクサクサクっと分解バラバラ!

こうなりゃ、あとはきれいに洗って磨いて組み直すだけ。
で、その作業の途中こんな個所に目が行きました。

IMG_3788.jpg
ポンプの根元に糸がみっちり巻かれている。

じつは古いやつをいじっていると、こういうのによく出くわします。
この部分のパッキンが手元にない時これで代用したんでしょうね。
実際、完ぺきではないにしろ、十分実用可能な状態にはなりますから。

でも今回はパッキンも作り直すので、この糸は敬意をこめて丁寧に撤去。

そして薬浴ののち磨き上げ…

IMG_4082.jpg
よし、あとは組み付けのみ♪


IMG_4105.jpg
でけた♪でけた♪

IMG_4098.jpg
コイル状の持ち手は放熱性を高め、使用時熱くならないための工夫。
面倒でコストもかかるけれど、RADIUS製品はたいていこの構造。
こういう手を抜かない姿勢が、やがて広く認められて行かれた所以ですね。
(でもさびたコイルは大変磨きにくい!)

またそのように手を抜かないモノづくりは、そのまま自社製品に対する誇りにもつながるわけで、
IMG_4099.jpg
ほとんどすべてのパーツに、社名と製造国(スエーデン)の刻印が施されております。
こういうのって、使用する側もやはり嬉しいから、道具への愛着がぐんと増しますね。

そしてタンクには、
英語、ドイツ語、フランス語、ロシア語、アラビア語など、
輸出していた地域の言語がずらり!
この時みたいに日本語もあれば嬉しかったのに。)
IMG_4106.jpg
で、その横にあるのは、通称「Shooting Star(流れ星)」
RADIUSファンなら手放しで喜ぶ誇り高きロゴであります。

てなわけで、組み上がったトーチを手に、
「美しいな~。かっこよいな~♪」
と、愛でに愛でていたために、
「これに火を入れると、一気にまた黒ずむな…」
と、つい思ってしまったので、

「火入れはもうちょいと先にしようかな…」

てなわけで、今回は燃焼動画はお預けです。
(=^^=)ゞ


あれ?

でもよく考えたら、今回はちゃんと使う目的があってレストア始めたはずなのに…

ま、いいか、もう一個のを組み上げよう。
というわけで次回へ続く。

(*^人^*)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hisuaki.blog31.fc2.com/tb.php/3509-203cfad7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ひす

Author:ひす
ようこそ!
私のプライバシーを覗いておくれ!
(/ω\)

「ひす画像BBS」ができました。
放出品やイベントのお知らせなどを掲載予定す。
また、各種ご連絡・ご相談もこちらまでお気軽に♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する