ひす日記BBS

日々の出来事や、連絡事項

2017-07

コールマン527 単品とフルセット

以前ご紹介の527には自作のゴトクを備えておりました。
CIMG2154.jpg
しかし見ていると使用中てっぺんの網の部分が真っ赤になっているので、
もしかしたら、ここでかなり熱を食っているのではないか?
ここを直火にしたら、もう少し火力が上がるかも?

そう思い何か良いものが無いものかと探している時に思い出した!

あれがちょうど良いのでは?!

そのあれとは?
IMG_3049_20161114140710641.jpg
アルコールランプ用の三脚台!

これなら足の長さをカットすれば最適の高さに調整できるし、何より直火!

そういうわけで、早速お昼のお湯沸かし。
IMG_3042_201611141407113bc.jpg
今まではヴァポライザーにグラスウールを巻き付け、
そこにアルコールを染ませプレヒートしておりましたが、
今回は例の絵皿でプレ皿を作成しそこにカーボンフェルトをはめ込んでみました。

そののち点火!
IMG_3046.jpg
お~!予想以上によく炎が当たってる!

そして気になる火力の方は…

よし!少し強くなった!

200cc(14度)の水を完全沸騰まで約5分弱。
これはほかの小型ストーブと大体同じなんですが、以前はもう少し時間がかかっておりました。
やっぱ直火だと火力にロスが無いのだよね。

で、実はこの題は足の部分がネジ式で分解可能。
だから…
IMG_3051_201611141407508cf.jpg
いつもの100均ケースにもきちんと収納できます。

というわけで、今後はこれをゴトクに採用することに決定!

しかし、アルコールランプの三脚って…
これをいじるのって、小学校以来何十年ぶりだ?!
こうなりゃセットで石綿付き金網も欲しいけど、あれはもう製造も流通もしてないもんな~。

さて、このコールマン527というストーブ、
この様にあれこれ探さなくとも、本来は専用のゴトクやケースが存在するのです。
実は私の手もとにもそれはありまして…

これがそれ。
IMG_3056.jpg
上より、収納ケース兼用の消毒槽
折りたたみ式ゴトク(というか、台座)、ストーブ
消耗品・交換部品、消毒槽を持ち上げる取っ手、収納袋

なおケースについては、初期がこの鉄製で、後期は↓のステン製になるようです。
IMG_3707.jpg
キット内容も微妙に異なっております。


さて、このセットは本来歯科用医療器具の煮沸消毒が目的。
そういう意味で強力な火力ではなく、安定し持続性がある弱火が求められたので、
ほかの各種のストーブに比べ小型で、低く作られておるのです。

実際の使用状態はこの様な感じ。
IMG_3065.jpg

実はこの消毒槽には折り畳み式の足が付いているので、
もしかしたら、直接火にかけれるようになっているのではないか?
とそう思ったのですが、
IMG_3060_201611141506338d8.jpg
高さが足りない!

どうもこの脚は、熱くなった部分が直接机などに接触しないための工夫なんでしょうね。



さて、ここで話は少しそれますが…

このセットはとあるアメリカの退役軍人の方から譲っていただきました。
つまりこのセットはその方が大切に保管していたもの。
そしてその方の息子さんも軍人だったのですが、
昨年作戦中の不運な事故で命を落としてしまわれたのです。
その知らせを聞いたとき、
なんというか…


やっぱ、言葉にしにくいですね。

ですが、なんとか拙い英語で言葉を添え、お悔やみの品を送らせてもらいました。

そういうわけで、このフルセットの方は、あまりあちこち持ち出して使う気になれず、
綺麗に手入れし、大切に保管している次第なのであります。

IMG_3055.jpg

スポンサーサイト

コメント

プレヒートで怖い思いをした

こんばんは。

昨晩も、123Rでコーヒータイムしていたのですが、プレヒートで怖い経験をしたので御連絡します。

100円ショップで購入した、2ml注射器(プラスチック本体・ステンレス針)、
燃料用アルコールを使用しています。

123Rの予熱皿は、1ml程度であふれてしまいますが、薄氷の張る気温や風のある状態では1mlの燃料アルコールでのプレヒートでは予熱不足となります。

予熱部には、カーボンフェルト等は、取り付けていません。

1mlが燃え尽きてから再度プレヒートをすれば良いのですが、
常温の冷たいアルコールを継ぎ足すと気化熱で、
せっかく途中まで予熱した熱が冷めてしまいます。

ですから、燃焼中に継ぎ足しをしたら、
「ボンッ」と爆発音がして驚きました。
爆発は、注射器針の中にあるアルコールが急激に燃焼したものと思われます。

針穴には異物混入は考えられず、
また、シリンジは引かないので逆火ではないと思います。

予熱炎に針を入れたことにより、針内のアルコールが突沸したものと思われます。

聞きたいこと
柔らかいプラ容器に真鍮パイプのボトルでアルコール予熱されている方いますが、
押し出した後に、ボトル内に空気が入るハズですが、炎がボトル内に入ることないのですか?

Re: プレヒートで怖い思いをした

なるほど~。
やはり、継ぎ足しは厳禁。
完全に消火してから再度タスカ、カーボンフェルトなどを用いて、最初から多めに入れるかですね。

なお、消えてからの継ぎ足しに関して、
それでまた冷えてしまうことを心配しておられますが、
その程度では、タンク内圧は変化しませんし、
なにより、プレヒートの最大の目的はライジングチューブとバーナーヘッドの過熱ですから、
継ぎ足しについては木になさらなくともよいと考えております。
(実際私もよくつぎ足します。今日もモニターピクニックで)

また、お話の爆発音は、恐らく注射器内ではなく、
大気に触れた部分で起こっていると推測します。
アルコールにしろ何にせよ、液体状態では着火せず、
気化し酸素との混合気になって初めて引火します。
ですから、基本注射器内やボトル内でのインカはよほどのことが無いとあり得ないし、
もしそうなっていたら、容器が爆発し、まず無事尾ではおれません。

だから今回の爆発は、注射器から出たアルコールが急激に気化、膨張し、
そこで外気に触れ、爆発的に引火したものと思えます。
だからこそ、爆発が短気で小規模、被害が無かったのだと。

いずれにせよ燃料の扱い時は基本火気厳禁ですよ~!

プチ爆発

余熱時の追加して、プチ爆発は、たまにやっちゃうのよね。
なので、カーボンフェルトの量を増やして防ぎましょう!
キャンプ時にアルコールを継ぎ足しして服に燃え移る動画があったような気がします。
又、オイルマッチの不手際で家を燃したのが、YouTubeに動画であったはずです。
お互い、気をつけましょう!

こんばんは。

なべさんの文面見ると、
追加アルコール時には、プチ爆発ってよく有る出来事なのですね。

考えてみると、
SVEA123Rの二度目の予熱のやり方をミスっていました。

一度目の消火後に、燃料キャップを開けて大気を入れることをしていませんでした。

ノズルを開ければ、ノズルからタンク内に空気が入るのですが、消火後でしたのでノズルから液体の燃料が出ると思いしませんでした。

消火後、タンクが冷めるとタンク内が減圧状態になり、膨張する空気が無いので、余熱により多くの時間が必要になることでしょう。(たぶん)

プレヒート

そういや、アルコールやメタを忘れて、
ガソリン吸出し用のスポイトなども持ってきていないときなどは、
タンクを両手で包み込むようにして温め、
その後バルブを開きガソリンを出してました。
寒い時はつらいですが、結構これ簡単に燃料が出てくるので助かります。
それほど、ガソリンは熱膨張しやすい燃料なんですね。
灯油じゃまずむりだ!
(というか、灯油ならポンプがあるか…)

>消火後のキャップ開放。
そうなんですよ、タンク内が温まったまま閉じてしまうと、
タンク内の圧力が大気圧以下になるんで、次回のプレに手間がかかるだけでなく、
フィラーキャップを必要以上に吸い付けてしまうので、
パッキンに型が付きやすくなりへたりが早くなります。
ですので、冷めたらいったん開放する癖をつけましょうね♪

あるある!

ケロシンストーブとケロシンランタンを弄くってる人なら、あるあるネタ見たいですよね。
アルコールボトルも継ぎ足し用の金属ノズルの奴を使い、一応、アルコールボトルも8割りほど入っている物を使う用にしてます、根拠はないけどね。
コイル式のガソリンストーブで、一回燃焼させた後に、
吹いて消して
燃料キャップをちょっとだけ開けて圧を逃して。
たまに、この後に、プレヒート着火かけませんか?
幸い、ちょっとしかあいていないので、吹いて消して事なきをえる事の方が多いはず、
日本のどこのメーカーだったか忘れたけど、左側にコイルで右側に排圧バルブがありバルブを開けて火力調整ができるものがあるのだけれど、開けすぎると引火するんだよね!
まぁ、点火するときは指差し確認ですかね!
プレヒート時は、なるべく一回で収まる用に工夫を凝らす、なんか、風を遮るとかね!
まぁ武井ストーブや、ぺトロマックスの灯油系の作りが複雑なものほど炎上しやすいですね。
マナスルストーブの半プチ炎上させながらプレヒートとかは、いいですけどね。
そういえば、svea123rとかでも、半プチ炎上させながらプレヒートの動画ってありましたよね。
YouTubeにあったはず、でも、風が結構吹いてるなかあれは、危ないかも!
マナスルの方では、挑戦する気はあるけど、風防を持っていくのが妥当かと思います。

小耳!

石綿つき金網、石綿の所がセラミックになって出てるはず
このアルコールランプの五徳も最近、買ったからたぶん、あるよー!
コールマン527って歯科技工用なんだ!
持ったことがなかったから知らなかったです。
そしたらエンダースベビーのメスを殺菌するやつとお友達ってとこですね!

Re: 小耳!

あ~、なるほど、そういわれれば確かにそうだ!
買ったショップで今見たら、ちゃんと「ニュータイプセラミック付金網」という商品名で出てました。
これも買っとくか?
(=^^=)ゞ


エンダースの軍用殺菌用もぽつぽつ見かけますね。
火口の見た目がかっこよいのですが、使いづらそうなのでいまいち食指が動きませんね~。
でも、見た目はほんとかっこよいんですよね~。

専用品

エンダースのメスやナイフの殺菌専用だから使う理由がないので却下なんだよね、
でも、格好いいのよね!(心の声)
なんですよね。
セラミックの網はコイル式のガソリンストーブで使うから持っておいていいのでは。
ヤフオクにて、ウクライナガソリンストーブ
モートルシーチpt-3を手に入れて、炎上させてましたね。
原因は帰化室の中にガソリンがたまり炎上した感じですねぇ。
その後、ばらして、赤系の炎だけど、安定してるので、よしとしたとこですね。
もともと、塗装が剥離しているものを、安く仕入れられたので、炎上して塗装が浮いたけど、塗装を考えていたから問題なしです。
モートルシーチシリーズは癖がありすぎるので、一般人には向かないなぁ!
よっぽどのことがない限り手を出さない方が良いかも!
塗装とかネジ等は、タッピングネジを使ってる位ですからね。
品質悪!
ちゃんと作ればいいものを作れるのに、手を抜いてるんだよなあ!
其を考えるとホエーブスの作りは、理にかなった作りをしてるなあ。
部品点数の少なさは、ボルドーバーナーが火力調整ができるなかでは、一番少ないかあ、
一番は、コイル式ストーブがありましたね!
ステスコハイカーズストーブも、燃料タンクのひび割れもあるので、気をつけないとね。
火事に気をつけなきゃね。

Re: 専用品

お!
ウクライナストーブ!
あのグレーのシリーズですね?
見た目どこかで見たような構造なのに、
プレ時間が結構必要だったりすることから、
やっぱコールマンのように、しっかりとは作られていないだろうな…
と、そう思っておりましたが、やはりそうですか。
見た目と価格がかなり魅力だけに惜しいですね。
(中華製のピーク1風の何かも。)
でもまあ、反対に、だからこそ使い倒せるという意味では、
ありかなとかも思いますが、耐久性がいまいち信用し切れない。
そこのとこどうなんでしょう?

ま、シンプルなものほど壊れにくいですが、
その分、部品の品質がもろに影響しますね。
材質が悪けりゃ同じ厚みでも簡単に割れちゃいますからね。

そうそう、タンクのクラックは、
防止もかねてエポキシ樹脂を流し込むというのも手ですが、
いかがですか?

モートルシーチシリーズ

モートルシーチシリーズは、cdf7052とコールマンのバーナーヘッドを足して2で割ったような感じですよね。
今、書いてるときにcdfをpdfって書きそうになり、ファイルかよっ!
って一人突っ込みしてました!
コールマンのバーナーヘッドは結構薄かったような気がします。
意外とコールマンのバーナーヘッドも火力全開に近い所でしばらくおいておかないと、確か失火するんだよね。
後、このcdf形状のは、やはりプレヒートをちゃんとしないと、駄目なのね。
モートルシーチシリーズは、燃料バルブの固定してるのが中に入りニップルと帰化室との間が狭くなったりするんだよね。
箱から燃料バルブと、ポンピングノブが出ている感じなんですよね。
本日、お休みで、もう2度程、燃焼させた結果、従順な飼い犬に、なりましたね。
ただ、火力は強いですよ。
ただ五徳は小さいので、用途が限られます。
弱火も向かない感じかなぁ。
お湯を沸かしていて、沸騰したので、ツルを持とうとしたところ、熱!
お湯は、結構量が多かったんだよね。
ある程度の火力がないと出来ないのと、沸くまで、速!
やかんはgsiグレイシャーケトルを使ってました。
このやかん、いいですよ!
ソロでの、焚き火なんかで使うとか、詳しく、調べると、たぶん、買っていますよ、ヤフオクで4千円なら、買いです!
あんなに速く沸くなんてってな感じでびっくりです。
でも、手入れをサボるとすぐ、錆び錆びになるんだよね。
ちゃんとした作りならなぁ。
後、燃料タンク側にもうひとつバルブが欲しい!
ちゃんとした作りならなぁ!

Re: モートルシーチシリーズ

そうそうそう!
初見はcdf7052か、ノルウェー軍用№8を連想させるので、かなり惹かれた記憶があります。
(価格も手ごろですしね。)
そうですか、火力は強いのか…
私は基本湯沸ししかしないので、火力調整は亜M理重視しておらず、
火力は強いに越したことありません。
(どうしても必要なら、もち焼き網などで調整できるし。)
ヤカンもさすがこだわりはりますね♪
私はずっと愛用していた小さなアルマイトのものを失って以来、
こだわりをなくし、今はヤフオクで安く買ったパチものを使用しています。
↓こういうのですが、確か千円くらいだったはず…
http://page4.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d209345314
底のヒダヒダの効果か、小さいストーブでもそこそこ早く沸いてくれるんで重宝しております。
だから、あのタイプのコッヘルを自作できないものかと…

でも普段使いは、やっぱ柄杓改のこれかな?
http://hisuaki.blog31.fc2.com/blog-entry-3277.html
(=^^=)ゞ

薬缶

やかんのしたのひだひだ、ヒートエクスチェンジャーだっけ、沸くのも早いけど、冷めるのも早いとネットで見た記憶があります。
msr見たいに取り外せればとか、思うけど、後、溶接があまく、取れたとかね。
なんか、それから、シンプルイズベストでいいやぁになった気がしますね。
やかんだけで、ほとんど自分のなんですけど、20個位あるかもですね。
でも、おでんとかの温めとかだと雪平鍋辺りが使い易いですよね。
意外と五徳と鍋って深い関係だからストーブとの兼ね合いって意外と難しいですよね。
コッヘル出してくるのも、面倒なんだよね。

Re: 薬缶

こんにちは。
なるほど…
あのヒダヒダは外れることがあるのか。
じゃ、なるべく丁寧に扱おう。
情報ありがとうございます。
(*^人^*)

ゆきひら鍋は扱いよいですよね。
オプ45などのラージケロストにはいつも愛用しております。
http://blog-imgs-65.fc2.com/h/i/s/hisuaki/CA393938.jpg
私は例の柄杓同様、木製の取っ手部分を取り外し可能にし、
ストーブと一緒に丸缶かんに収納し持ち歩いております。
(この間は蓋をすると小型の椅子になるので便利なんですよ。)
何だかんだで、やっぱ煮物、温め物にはああいう鍋が一番ですね。

モートルシーチ

朝にお湯を沸かそうと思いcdf7052でお湯を沸かしたんだけど、あれぇ、お湯が沸かすのに、基本タイム遅かったっけ、因みに、前の日にも弄くってるので、絶好調なんですけど!
で、モートルシーチの登場で、やかんを水で冷やして、やった結果、モートルシーチ君の圧勝でした。
弱火が今一って書いて、たぶん、餅を焼いたら、炭になりそう!
火力あるけど、五徳が小さいのと、燃料タンク迄の間が狭いので、設計がなぁ!
でも一体型なら、ホエーブスかなぁ!


Re: モートルシーチ

こんにちは。
モートルシーチ調子よさそうですね。
今の時期の冷水でOKなら夏場なんて余裕のよっちゃんでしょうね~。
さすが寒さ厳しき国のストーブ!
寧ろオーバーヒートの注意かな?

モートルシーチ って何?

モートルシーチ って初耳なのですが、
どんな形のストーブですか?
写真のあるリンクを貼って頂けると嬉しいのですが。

モートルシーチって、きっとガソリンストーブなのでしょうね。
ガソリンストーブは、形が色々あって楽しいですね。

モートルシーチ

モートルシーチ、ウクライナガソリンストーブ、pt-2,pt-3
これで貼れたかなぁ?
http://blogs.yahoo.co.jp/joke_market/6000933.html
五徳が小さ過ぎるのと、プレヒートは、確実にしないと、家を燃やすぞい!
作りは雑、nrvの所、初期モデル等は、ねじ込み具合によりポンプ室の中にガソリンが入るのよね、位置ぎめ等もしないと駄目だけど、火力は強い。
安全弁ないから、、湯沸し器とかす位かなぁ
塗装も弱いぞ!
先に書き込んでるのを良く読み、購入を決意した方がいい品物!

Re: モートルシーチ って何?

> モートルシーチ 
ウクライナのガソリンストーブです。
一般型のPT2と箱ストのPT3があり、どちらも結構かっこよく価格も安いので惹かれるのですよ。
ちょうど動作させている動画があったので貼りつけておきますね。
PT2
https://www.youtube.com/watch?v=k6gIlBu_KiQ
PT3
https://www.youtube.com/watch?v=5I3z-NhXBJY

動画を見た感じからは、ガソリンなのに結構しっかりプレヒートせねばいけないような気がするから、
コールマンに似た外観のわりに癖のありそうなやつだなとは思っていたのです。

Re: モートルシーチ って何?

あ、PT3の動画はこちらでした。
https://www.youtube.com/watch?v=VoKVVSOdJBg

貼った人のブログにて、

前回に貼った人のブログにて、日付等、苦労してるのが見えると思いますし、YouTubeもあったと思います、
年末のくれなのに、ストーブをばらしてました、家族に冷たい目で見られながら、あれぇ何処行ったったとか、おもいっきり、頭の上に眼鏡をしながら、眼鏡を探していた、感じでした、もしやっと思ったら、ありました。
ガックリしてるのと、ほっとしていました。
皆様、火事に気をつけながら、良い、お年を!

Re:Re:モートルシーチ って何?

お二人が方、有難うございます。

確かに、
CDF7052とコールマンのバーナーヘッドを足して2で割ったような感じですね。

PT-2、PT-3 両方、見たことありました。
PT-3は、ガスメーター的なイメージですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hisuaki.blog31.fc2.com/tb.php/3467-63404cc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ひす

Author:ひす
ようこそ!
私のプライバシーを覗いておくれ!
(/ω\)

「ひす画像BBS」ができました。
放出品やイベントのお知らせなどを掲載予定す。
また、各種ご連絡・ご相談もこちらまでお気軽に♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する