ひす日記BBS

日々の出来事や、連絡事項

2017-08

正体不明の横トーチ

08_20161112150210092.jpg
「お!あ?なんだなんだ?!」

なんだか、漁師の網に一匹だけ仲間はずれがかかったのかのようなこの状態。
実はこれ、荷物に混じっていた正体不明のトーチ。

そこで、どれどれと取り上げてみると…
IMG_5567.jpg
う~ん、本当に打ち上げられた魚(ダツ)みたい。

IMG_5572.jpg
顔つきもいよいよダツっぽいし、
IMG_5573.jpg
ほらこ尾びれまである!

同じ横型のトーチなのに、以前ご紹介したシーベルト205などは武器っぽくて非常にかっこよかったのに、
こいつは本当に魚っぽくて隙だらけ…
なぜなんでしょうね?(首の角度かな?)

さてさて、そういうわけでよく見ていくことにすると、
先ずはタンクに残る縞模様。これは、ウロコではなく恐らく綿糸などが巻かれていた跡。
ポンプを持たず燃焼熱でタンクを加熱・加圧してガスを吹き出すシンプルな仕組みゆえ、
タンクを手で持っても熱くならないように巻いてあったんでしょう。

でもそれゆえ、致命的な欠損が無い限り復活はたやすいはず。
では作業開始!

先ずは頭をちょん切り3枚におろします♪
IMG_5574.jpg
いやまちがい、3つのパーツに分けてみます。

どこにも特段傷もなく、状態は結構よさそうでまずは一安心。
だから、ざっと磨いて、グラファイトパッキンのみ補充したのち組み直します。

ちなみにニップルはこの様な感じ。
IMG_5575.jpg
真鍮板に穴が開いただけのシンプルな構造。

このニップルと、木製の火力ノブなどは「RAPID」のようなごく初期のトーチと酷似しております。
ですので、恐らくこのトーチも時代的には1900年代初頭のものと思われます。

と思ったら!

IMG_3036_2016111310134006a.jpg
あれ?切り欠きがある?!

ざっと汚れを落とし磨いてみると、ニップルにレンチでくわえれそうな切り欠きが二カ所あり、
タンクとの接合部のねじ込み式で分解可能なようです。
なるほど、これなら万が一の時でも安心だ!
(もしかしたらRapidのここも同じような構造なのかも?)


でも今回は詰まりもなくきれいなので、あえて分解はしませんでした。
(調子のよさそうなものを無理に分解するのはトラブルのもとだからね。)
IMG_5578.jpg
てなわけで、サクサクッっとヘッド側を組みなおし後はタンク側なわけですが、
前述のようにものすごくシンプルな作りのため、クラック等の漏れがないのと、
内部のウイックが生きていることを確認したのち、フィラーパッキンを交換したのみで作業終了。

さっそく給油しテスト♪テスト♪

そうそう、給油といえば…
IMG_3033.jpg
タンク内のウイックは、この様にあふれんばかりに詰め込まれておるので、
一気に給油するとかあふれてしまいます。
ウイックの吸い込む速度に合わせちびちびと給油せねばならんのがちとい面倒。
(もしくは注射器やスポイトで、「ちゅ~♪」っと注入。)
ほら、ZIPPOの給油と同じ感じ?
まあ、引火しやすい燃料をいれ、移動させながら使用することも多いから安全面からそうしているんでしょうね。
(ついでなんでにタンクにタコ糸を巻きました。)

というわけで…

IMG_3028.jpg
ファイヤー!

おお♪おお♪
こりゃいいや!
ガソリンなんで立ち上がりが速く、シンプルな構造ゆえ軽くて楽ちん♪
たき火などの火付けに良いから、バイク抜忍ばせるには最適な一本!

で、ほんの数分遊んでいただけなのに、火口側のタコ糸部分が暖かくなってきておりました。
やはりこいつはかなりの発熱のようだから使用時はグローブ着用の方がええんんでしょうね。
ま、考えればSVEA123を手で持っているようなもんだから、当たり前っちゃあ当たり前なんだけど


でもこのトーチ、どこを見ても型番はもちろん、メーカー名も生産国名もないのですよ。
だから、いろいろネットでも探してみたけれど、いまだにこれがどこの何なのかわかっておりません。
どなたか情報をお持ちならばぜひお教えくださいませ。
(*^人^*)





*追記*

そういうわけで、嬉しくなった私は
早速先日のツーリングの際にこいつを持ち出しさっそく使用しておりました。
IMG_3133.jpg

以下はその時気づいたこと。

・ガソリンとはいえ、ポンプの無い自然加圧なので、プレヒートは焦らずきちんと。
・気化したガスをうまく燃やすには、火口を常に上方に向ける必要があること。
・タンク内がほぼウイックなので、思いの外燃料が入らず、
また完全に使いきることも無理なので、連続使用時間は10分程度と意外に短時間。

ですが


・小ぶりで太さもちょうど良く、長時間手にして使用しても疲れない。
・タンクに巻いたタコ糸は断熱次効果がかなりあり、意外なことに素手でも熱くならない。
・何より、使っていてすごく楽しい!

やはり、最後の一文がすべてかな?
(=^^=)ゞ
スポンサーサイト

コメント

タコ糸の取付

こんにちは。

質問ですいません。

タコ糸を巻き付けていますが、真鍮の燃料パイプの巻きはじめと終わりにエポキシ接着剤でしょうか?

いつものコーヒー用アルミコッヘルの取手にも巻いてあるようですが、水洗いで濡れて即座に乾燥させないと、カビが発生して黒く変色することはないのでしょうか?

Re: タコ糸の取付

こんにちは。
私はいつも、普通に巻いているだけで、特に先端処理はしていないですね。
しいて言えば、最初に糸を湿らせてからきつく巻いていくので、
乾燥後、より良く締まっているのかもしれません。
でも確かに、先端処理は瞬間接着剤などでしておく方がいいかもしれません。
またカビについては、いままで意識したことが無いほどに発生してませんね。
結構乾燥しやすいのと、単に濡れただけではそうそう生えないのでしょうか。

ちなみに、バイクのグリップもタコ糸で巻いております。
↓手前のバイクの右グリップ
http://blog-imgs-91.fc2.com/h/i/s/hisuaki/IMG_2987.jpg
雨でぬれた後もそのまま放置ですが、これもカビは生えてませんね。

ちなみに、糸の巻き方は、釣り竿の握りと同じ巻き方をしております。
http://ikadachinu.com/saotukuri5.html

Re:Re: タコ糸の取付

こんばんは。
なるほど、巻きはじめと終わりは、そうやって締めるのですね。
有難うございます。

巻き方向は、右巻き(おねじの山)方向に巻いて見ます。

アクセルグリップは、ほどけないように巻くには難しそうですね。
太くすると力が入りやすく、角度(開度)調整がしやすくなるためですか。
単にグリップがボロボロで、ボロ隠し?

車のハンドルにカバー付けている人いますが、腕力が無いから太くしているのかな?
でも、今時はパワステだし?

Re: Re:Re: タコ糸の取付

こんにちは。
そうなんですよ、この巻き方は、ほかにもいろいろ応用できるので、
おぼえておかれると何かと役に立ちますよ。

さて、アクセルグリップですが、

「ボロ隠し? 」

ギクっ!

(=^^=)ゞ「ご名答!」

そうなんです、この部分が劣化し来て、カチカチになったうえ、半部以上はがれておるのです。
一応予備のグリップがあるものの、カチカチに固着した元グリップをはがすのが面倒なので、
ただいまこのような感じで…

車のハンドルカバーは以前私もしてました。
当時乗っていたケンメリのグリップが劣化して、
ネトついていたので…

ちなみにこいつです。
http://hisuaki.s25.xrea.com/iroiro02/iroiro%20209.html
http://hisuaki.s25.xrea.com/iroiro02/iroiro%20210.html
http://hisuaki.s25.xrea.com/iroiro02/iroiro%20211.html


な~んか、私はいつも貧乏くさいな~。

(=^^=)ゞ

貧乏くさい?

関西からの偏西風でも関東には、
まったく貧乏臭さが匂いませんが。

貧乏と言うより、古いもの好き、物を大切に使うって感じに見えます。

Re: 貧乏くさい?

ありがとうございます。
(*^人^*)

実はほかにも古いトーチの持ち手にも巻いておりますが、
タコ糸がやけに新しくきれいが浮いてしまうのが気になり、
コーヒーに浸し染色してから巻いてます。
わざとらしくない感じで落ち着いた雰囲気で気に入っております。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hisuaki.blog31.fc2.com/tb.php/3465-0f0fef88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ひす

Author:ひす
ようこそ!
私のプライバシーを覗いておくれ!
(/ω\)

「ひす画像BBS」ができました。
放出品やイベントのお知らせなどを掲載予定す。
また、各種ご連絡・ご相談もこちらまでお気軽に♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する