ひす日記BBS

日々の出来事や、連絡事項

2017-08

和三盆醇乎(ロールケーキ)

昨夕、かなり冷え込んできたころ、

「寒、寒ぅ~!」

と防寒着に身を包んだ女性がご来店。
みればなるほど、56君の奥さんだ!
小柄な彼女ですが、見た目に反しホンダ・ドリームCB400FOUR(通称フォーワン)を駆りお買い物などに行かれるので、
さすがにもうきちんと着こまないと寒いよね。

だから、「あれ?なにか56君に頼んでいたものあったっけ?」とそう思っていると、
「たしか甘いものがお好きだったと思うので…」
と、そう言って手渡してくださった小さな小箱。
で、ありがたくそれを受け取り、その予想以上の重みに少し驚いていると、
「じつはこれ和三盆を使ったお菓子なんですよ。」
たしかに箱には大きく「和三盆醇乎」の文字。
なるほど、和菓子なのか?だったら重いはずだ。(でも読めないな。) 
だったら私の大好物だから、「わざわざどうもありがとうございます。」とお礼をいうと、
「いえいえ、これ私大好きで、いつも買って帰るのでついでなんですよ。」
と♪

ありがたいことです♪
(*^人^*)


というわけで、食後にいそいそ箱を開けると…

CA395380.jpg
ロールケーキだったのか~!(・∀・)

和三盆=和菓子と勝手に決めつけていた私はこれにはビックリ!
そうか、和三盆を洋菓子に使うのだって十分ありだよな…

とはいえ、和三盆といえば、四国産の希少な砂糖で、
黒砂糖からクセを抜き、コクと旨みのみを抽出しつつ、
白砂糖以上の舌溶けと上品さを兼ね備える高級砂糖。
(確か、精製過程でお盆の上で三度研ぐほど恐ろしく手間がかかるるとか。)

だから、どちらかというと存在感のある砂糖なだけに、素材がシンプルな和菓子には最適なわけですが、
はたして洋菓子にはどうなんだろう?

そこで、早速いただくと…

(・∀・)「ん?メチャ美味いじゃないか!」

なんともすべてが予想外!

順番にいうと、まず最初切り分ける際包丁を入れると、
あれ?崩れない?!
そう、常温でもきれいにカットできるほどのしっかり感。
つまり、生地にもクリームにもしっかり感がある!

先ず生地は、通常のふわふわスポンジではなく、やや粘りのあるしっかりしたもの。
しかし決してボソつかず、しっとりしている様子はどこか、高級長崎カステラのようでもある。
この辺がやはり和三盆特有の吸湿性の良さかな?
で、味もやや和菓子風で、玉子やミルクの風味を控え、小麦粉と砂糖の風味を良く感じさせます。
次にクリームも簡単に型崩れしない腰の強さがあるものの、あくまでなめらか!
たとえるなら、ソフトクリームの最初の一口がずっと続く感じ。
で、そして何より私が驚いたのがクリームの味!

え?!あれ?これって…

バタークリーム違うん?!


そう、口にした瞬間感じるほのかな塩味。
そしてその後口に残るバターの風味!
同じ塩味でもチーズケーキとは明らかに違う、クセのないまっすぐさ!
でもそのすっとした口どけや、滑らかさは、明らかに生クリームのそれで、
昔のバタークリームにあった、しつこさ、くどさはみじんもありません。

これは面白い!

私のような昔ながらのバタークリーム好きにはもちろん、
そうではない方々にも受ける味なのではないか?!

そういうわけで、私は沸き起こる「喜びの舞」の衝動を抑えつつ、
更にもうワンカットをパクついていたのです。

そう、「パクつく」という表現が一番しっくりくるほどに、私は夢中で食べておりました。
正直な話、このロールケーキなら、
切らずにそのままてっぺんに口をつけ、そのままクリームだけを吸い上げてしまいたい!
と、そう思えるほどでした。

で、ふと思った。

なぜ今この時代にバタークリーム?

だって、私のようなバタークリーム好きははっきり言って少数派。
なのになぜあえてこういう冒険を?

そうか!
ここでこその和三盆か!

あの砂糖の持ち味は淡白な生クリームではクセが出過ぎる。
でも、我の強いバタークリームだとクセが消えコクのみが生きる!
しかも、口溶けなどはよくできていて、これなら新規の方々にも受けるぞ!
何しろ昔のバタークリームといえば、口溶けの全くない工業製品のようなものでしたから。
(でも実はあのグリスのようなクリームも大好きなのです。)

さすがよく考えられてるな~!

いや~。
久々に新しくておいしい味を教えてもらえた♪

56君の奥さん、いつもどうもありがとうございます。
(*^人^*)



バタークリーム風味に植えている皆さんならぜひおすすめです!

ケーキ工房 フローレンス



で、こちらは娘と奥さんが教えてくれた新しい味。
CA395381.jpg
「ブロックごとに割って食べて見てみ♪」

言われるがまま、割っては順番に食べてみる。

「どう?場所によって味違う?」
「そういわれれば、キットカットの形は香りが高く、でメロディチョコの形の方はちょいとんがってる感じ?
で、小さなカレールーの形が一番甘みと苦味が控えめで食べやすいかな?」
「これ全部同じ味やねんけど、形によって感じ方が変わるねんて。」
「へ~~~~~~~~~~~~~~~!」

たしかに同じ味でも、サイズ形で感じ方が変わるから、
もしかしたら、新製品開発の時もこうして形を変えて比べていたりもしていそう。
なるほど、すごく納得!

このチョコだと、自分に最適な大きさと味がわかるよね。
何より、すごく楽しくて面白い!
ヽ(^∀^)ノ

みなさんも一度お試しあれ(^^♪

明治 the chocolate(ザ チョコレート)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hisuaki.blog31.fc2.com/tb.php/3453-9e05467e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ひす

Author:ひす
ようこそ!
私のプライバシーを覗いておくれ!
(/ω\)

「ひす画像BBS」ができました。
放出品やイベントのお知らせなどを掲載予定す。
また、各種ご連絡・ご相談もこちらまでお気軽に♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する