ひす日記BBS

日々の出来事や、連絡事項

2017-07

?な赤火・バーナーヘッドの清掃

ストーブが調子よく燃えるためには、圧力、燃料の気化、など様々な要素が重要ですが、
なにはともあれ、一番最初にすることはなんといってもストーブ全体の清掃です。

これは内部はもちろんですが、外側についても同様に言えることで、
外側のひどい汚れは何かの拍子に内部に入り、詰まりなどのトラブルにもとにもなるからです。
ですので、古いストーブのレストア時など、味を残すためにピカピカに磨くことをしないとしても、
緑青や、すす、タール、そして砂やほこりといったそういう汚れは、きれいに落としておくほうが良いと思います。

さて、その清掃の仕方については、今更とやかく言う必要もないとは思うのですが、
一つだけ結構見落としやすい部分があるので今回はそのお話を♪

それはバーナーヘッド。
特にケロストのヘッドの様に、いったんバーナートップに燃料チューブ上がった後、下に折てニップルから吹くタイプ。
IMG_0943.jpg
こういう形状のもの。

この手のヘッドの場合、分解し内部を見たところ、すす等もなくきれいに見えたとしても、
内部に古い燃料か何かが残留しており、それが原因で不完全燃焼から赤火になることがたまにあります。

例えばこんな感じ。

IMG_2116.jpg
クッカー№2 MarkⅡ

げに3
ゲニオール

どうです?派手な赤火でしょう?

でもこのどちらも、この時点で一度バーナー部を分解し、スピンドルやニップルをきれいに清掃したのち、
すべてのパッキン類は交換し圧漏れの確認は済んでいる状態なのですよ。
しかも予熱は十分すぎるほどしてある状態。

だから最初は、「なぜ?どうして?」

そこで、もう一度よく考えてみると、№2を分解した際内部は綺麗だったものの、
ガソリン仕様にも関わらず、灯油独特のにおいがしていたことを思い出し、
もしかしたら、過去に灯油を使われていたのではないか?
そしてそれらの古いものが内部に溜まっているのが原因ではないか?

そう推理し、もう一度分解したのち、ヘッド内部を徹底洗浄!
具体的には以下の手順。
パーツクリーナーにドブ漬け→酸→アルカリ→水洗い→エアで吹く→トーチで空焼き後もう一度エアで吹く

そののち再度組み直しテストしてみると…

IMG_2108.jpg
ばっちりじゃないか!ヽ(^∀^)ノ

で、ゲニオールについても同様の考えから内部を洗浄。

すると…

IMG_2903.jpg
こちらもばっちり!ヽ(^∀^)ノ

ゲニオールについては、本来灯油使用なのですが、一応ガソリンディーゼルなとマルチに使用できるため、
以前のオーナーが、どういう燃料を入れていたかはまたク不明なのです。
特に、№2もこれも軍用のため、実際の使用時にはかなり乱暴な燃料の使い方をしていた可能性が高いのです。

そういうわけですので、
圧漏れもなく、ニップルなどもきれいで、予熱も十分なのに赤火が収まらない?!
そういう場合は、一つヘッドの洗浄を試されてみるのもよいと思いますよ。

一見通路がきれいに通っているように見えても、
その内側に汚れがびっちりこびりついているかもよ…

では。ヽ(^∀^)ノ
スポンサーサイト

コメント

燃料通路の汚れ

こんにちは。

燃料通路が汚れていると、カーボン等の汚れが断熱材となり、気化されない燃料が出るから赤火になるのでしょうね。

さて、一昨日の夜中零時ごろ、公園でコーヒー飲んでいたら、黒服の二人組にからまれてしまい、さらに二人追加し四人組にからまれました。

まっ!、職務質問ってやつです。
持ち物検査の始まりです。
ガソリンストーブ2台
ガソリン
注射器(スポイト)
ZIPPOライター
ハクキンカイロ
カッターナイフ(刃渡り100mm)

と、沢山出てきました。

利用目的の説明するのが面倒だったのが、マイナスドライバーですね。
空き巣の常用工具ですから。

ちなみに、カッターナイフは、「拳銃には勝てないでしょう」で納得してくれたようです。

Re: 燃料通路の汚れ

あらま~!
そりゃ、大変だと思ったら、
なるほど、おまわりさんでしたか♪

ま、その時間に火を焚いていたらしかたないですね、年末だし…

ちなみにストーブ2台は、何だったのかな~?


>汚れと赤火
むしろ、内部に残っている不純物の成分が原因だと思います。
内部をごしごしこすらずとも、洗浄剤で洗い流すだけで症状が収ますから。
でもだからこそ、目視で区別できないのでなかなか気づけないことが多いと思います。

職質

お巡りさんは、リュックサックしょってると、お巡りさんの職質対象にされる候補に上がりますよ!
あとは、目付き等、
夜中とかに、ちょっとした行動や、昼間に、イオンの駐車場にて、、荷台部分を弄っていたら、よって来やがった、
片付けをしているだけだよって言って免許証見せて引き払ってもらったけどね。
仕事道具がいっぱい入ってるから、
色々と言われそうだけど、もめたことは、ないなぁ!
腰道具等、見られると、電工ナイフとか、有るけど、スライドタイプを使ってるから、そんな、うるさくないかなぁ!
後、、ケロ化のご参考になるかわからないけど、小ブスで市販品のサイレントヘッドをつけ、弱火がいまいちで、大ブスのホヤをつけると弱火もきちんとできましたね!
最近、、オクにて、古い方のsvea121を購入して、タンクの中が、かなり汚れていたよ!
ニップルの中もタールが結構入ってましたね!
革ポンプのネジが頑固でしたね。
で、あとは、、ニップルだけ、交換すればいいかなぁ!
昼間に灯油をズボンにひかっけっちゃって、すっごい臭くて参った!

持ち物検査されたストーブ

ありふれたストーブで申し訳御座いません。

SVEA 123R
新富士バーナーの MUKA ストーブ

どちらも、出光レギュラーガソリンで使っています。

職質

お巡りさん、最近はノルマ重視だからなぁ!
ほにゃさん、実用重視って感じかなぁ!
出光のレギュラー、車かバイクのキャリアー指定ですよね、確かに、入れると違うような気がします。
svea123rにレギュラーガソリンだと、少しアルコールを足すような使い方してるのかなぁ。
mukaストーブのレギュレターで20時間位でへたらないですか、掃除して、パッキンをオイルアップして使う使い方かなぁ。

Re: 職質

>ほにゃさん
なるほど、それは実用的に組み合わせ!
そして、ゆるぎなき基本形と、最先端の対照的な二台ですね。
特に、MUKAは興味ありますね~。
加圧チェックができるバルブ(?)や緊急停止機能など、
いかにも日本製という、そういう部分がすごくよい!
いつか星名と思っております。
(これでハイオク使えればな~。やっぱ有毒ガスが問題かな?)

>なべさん
おまわりさんも仕事ですからね。
それもまた、みんなに嫌がられることが仕事となるから
あれはあれで大変だと思いますよ。
何だ、かんだで、緊急時にはみんなに頼られる存在ですものね。

そういや、最近の電工ナイフはスライドタイプもあるのですか?
私はいまだに肥後の守の大きい番みたいなのを愛用しております。
親が当時電気屋だったので、小学生時代にもらったお古を今でも使っております。
乱暴に扱ったので、刃先が欠けておりますが、
特に支障がないので今でも現役。
というか、やっぱ使い続けている最大の理由は、愛着かな?
(=^^=)ゞ

レギュラーガソリン

レギュラーガソリンですが、
キグナス・昭和シェル・出光を使って、
出光に落ち着きました。

キグナスは臭いが他より臭かった。
シェルと出光の臭いは同じ感じです。
出光はベンゼン軽減のイメージがあるので使っています。

レギュラーに燃料アルコール5~10%は、添加してもしなくても赤火が出るので、添加してません。

123Rでは、燃焼中にニードルを出してタンク内圧を高めてから全開にすると、赤火が無くなるので、ガスと空気が良く混合されないと赤火になるような気がします。
全開からしばらくすると、タンク内圧が下がるので、また赤火になります。

123R用のレギュラーガソリンには、PEA(ポリエータルアミン)によるスラッジ洗浄を期待して、
カストロールのエンジン内部清浄剤(黄色の液体)を添加しています。

PEA洗浄の効果
ノズルから燃えない茶色の液体が垂れてきます。
黄色い液体が熱で変色したのか、スラッジが溶けだした色なのかは???

ノズル内部、ニードルのラックギヤは、変色液体が付いていて、湿っています。


MUKAストーブ
通算2時間位しか使用していないし、バラシもしていないです。
123R不調時の予備機と、予備燃料タンクの役割です。

レギュラーガソリンでまったくススが出ません。
さすが完全燃焼です。
圧力インジケーターが、街中の寒さで、ゴムが固くなり動きが悪いです。
火力調節は、かなり難しいです。

mukaストーブ

お巡りさんの、仕事ってわかるけど、公僕が嫌いなだけ、
お巡りさんにいい人が多いのも、知ってるけどね、
それとにったりよったりで、トヨタの車は好きだけど、メーカーが嫌いとかね!
sotoのmukaストーブで、20時間で、レギュレターだがジェネレータが詰まって、ガソリン漏れで引火すると報告があり、お気をつけて、下さい!
火力強いんだけど、弱火が出来なくて、売っちゃたんだよね。
新しいのが、出ると言う話なんだけどね!

電工ナイフ

電工ナイフのスライド式って一種類だけあってちゃちいけど、私的にはありなんだけど、もうちょっとちゃんと作ってほしいと思うやつです。
一体型の普通のやっと、折り畳みナイフのタイプと電工ナイフは、軍用のナイフと若干かぶりますよね、安い所だと、イタリア軍 ナイフとか、検索するとイギリス軍のナイフとか、検索できるので、いいと思う。
でも、やっぱり刃物は、日本製が切れる、スパイダルコ等がおすすめ、火器やナイフや、アウトドアの品物を見てると、金銭感覚がおかしくなるから、戻さないと!
刃物は、切れないとね。
最近だと、博多包丁が凄くほしいです。

ひすさんが大笑いしそうなので、書いておきます。

ほにゃさんが、あえて故意的に驚かせる感じでmukaストーブを点火してあげれば良かったのに!
まぁ、普通のお巡りとか~見たら、普通に点火かけても、放火魔と勘違いするだろうな、どっちにしろ、寒いから、余計に気をつけないと、静電気もありますし!

Re:mukaストーブ

MUKAストーブは、色々とありますね。

輻射熱でジェネレータのホース首振り接続部から燃料漏れの報告もありますね。

ジェネレータが詰まって液漏れですか。
詰まって熱で、ホースやボトルの内圧が上がって、ポンプ接続部から漏れ出したのですかね?

分離型ストーブは、一体型ストーブに比べると、接続箇所が多いので、燃料漏れの危険が増すから要注意ですね。


MUKAストーブは、添加時に火柱が30cm程度上がりますが、驚くのは点火作業者だけですね。
1m離れて見ている人は驚かないでしょう。

へ~、なるほどな~。

レギュラーガソリンといっても、確かにメーカーごとにその成分にかなりの差がありますからね。
私はいつもバイクにはエネオスのハイオクを入れております。
まだ社名が変わる前の頃でしょうか、摩擦提低減剤として、ナノレベルのボール状のものが点火され、
それが可動部において、オイル以上の効果があるとかでした。
ですので、大きなピストンや高回転のエンジン委は良いだろうと思ったんです。
そういうものが、今ではレギュラーにも入っているかもしれないし、
それらが燃焼にあたえる影響もあるんでしょうね。

MUKAストーブは葉可動部のジョイントがネックのようですね。
それと、レギュラー使用によるスラッジ等の付着。
これはその性質上避けて通れぬでしょうが、逆に言えば底をきっちりメンテすればとても良いもの。
だから、シーズンごとの清掃と、オーリング交換さえすれば最強な気がしますね。
だから、そういう点をとらえてサイトで低評価をしている人には、
素直にガスを使えばいいのに、とそう感じます。

でも確かに最初の火柱は普通の人は驚くし、おまわりさんならなおさら。
以前河原でGI使おうと火柱上げたら、周りの人たちギョっとしてましたもんね。

刃物はやはりいいですよね~。
電工ナイフはもちろん、小さなZIPPOのナイフもだいたい携帯しております。
ちょっとしたとき非常に便利なのはもちろん、
暇なとき手で持ち遊んでいたりして…
(=^^=)ゞ

博多包丁♪
うちはとなり街が刃物の街「堺」なんで、結構安くこの手の包丁が手に入ります。
大小1680円のセットでも、スパッと何でも気持ちよく切れますよ。
だから、肉やイカや、貝など、そういったものはいつもこれ。
ただ、錆に弱いのでそれだけ注意。
でも、使用後茶碗の底で研いできっちり乾燥。
これだけで十分ですね。

プレヒート!

そっか!
mukaストーブだと、30cm位かぁ!
msrのウィスパーライトインターナショナルかドラゴンフライで灯油でプレヒートで、風が強い日とかなら、1メートル位に火がでるなぁ、
昔のインターナショナルのフューエルチューブが細いタイプだと、プレヒートが難しいのよね。
コールマンの分離型のピークワンがかなり癖があり、やり方を間違えるとかなりヤバイのと、
スノーピークのガソリンストーブも継ぎ目が多くポンピング回数等を守らないと、すぐ燃えるんだよね。
スノーピークのランタンの根元の所が焦げているのは、ほとんど、このせいだしね。

Re: プレヒート!

自販機には、委託と買取があるけれど、
フランtリャイズ以外の個人の自販機なんか、見ていると結構味がありますね。
中身なんかいつもばらばらで文字通りバラエティに富んでいて、
やる気のあるものはオリジナルのポップがびっしり!
で、やる気のないのは、年々わびさびの積み重ねでよい味に♪

プレヒートの炎は、うっかり燃料が漏れていて赤火が立ち上がり慌てることが良くあります。
特に私は店の中で使用しているから、下手したらボヤに見えるし、そうなるかもしれないのいで。
(=^^=)ゞ

室内が暖かいと、勝手にタンクが加圧され、じわじわ漏って、それに気づかずというパターンです。
特にニードルの甘いブスや、これまた緩いM-1941でやっちゃいますね。
あと、仏軍VESTA!
これのノブをしっかり閉じ切っていないことが良くあるんですよ~。
なんか、私の個体はめっちゃ回さないとダメなんで。
でもまあ、手のかかる子は可愛い♪

>レノックスのユーティリティナイフ
予想以上によくしなる刃ですね!
動画見て驚いた!

svea 106とスパイダルコ

この前、ジャンクで手に入れたsvea106のタンク、なぜかライジングチューブがついたままでした。外そうとレンチを掛けると、あっさりと回ったんですが・・・吸い上げパイプごと外れました・・固着してたんですね。一旦この状態になってしまうとパイプとライジングチューブは外せなくなりますね。

スパイダルコのナイフいいですよね~
結構持ってますよ。
意外と使い勝手がいいのが日本製だとドラゴンフライとデリカ、廃盤だけどスーパーリーフもいいですよね。アメリカ製ならパラミリタリーとマニックス2、台湾製ならドミノとペリンPPTがお気に入りです。

Re: svea 106とスパイダルコ

>ライジングチューブ
パイプは真鍮製ですよね?
だったら、何かほかの真鍮棒にはんだ付けしてから、
固着部を炙ったのち、レンチでくわえて回転させれば外れますよ。

がんばって!ヽ(^∀^)ノ

ひすさんへ

ひすさんへ
、以前にバイク屋さん、に通っていた頃、普通のバイクにハイオクを入れるとパッキン等、痛むよ、って言われたことがあります。
車の燃費が悪い車とか、ハイオク仕様ごじゃないと、余計に燃費が悪くなった気がします。
車の場合、私は、、高速等や、坂道が多いときにハイオクを使う程度です、今、ヤフオク知恵袋見てきたら、ハイオクよりも添加剤の方がいいと書いてありましたね。
やっぱりナイフ系の好きな人がいた!
アーウィンのカッターナイフの刃もおすすめダヨ!
レノックスユーティリティナイフの動画を見てると次にポチる人多いだろうね、オルファのポッキリ折って刃の切れ味を保持する考えも捨てがたいけど、其だと、力を入れた時でも折れちゃうから、DIY的なうちらが使うと、役に立たないのよね!
ネジにペンキが塗ってありプラスのネジ山に入り込んで普通の刃とかだと粘りがないけど、レノックスだとしつこくやってると、インパクトドライバーが使える位迄、ネジ山のペンキをはがしたことがあるけど、コストがかかるので、アーウィンのカッターナイフの刃がコストパフォーマンス的に良いかも、
レノックスユーティリティナイフも金色部分の叩けるのは、間違いなく使い安いよ!
レノックスの折り畳みナイフの方とアーウィンの折り畳みナイフは、埃をかぶちゃうから、買わなくて大丈夫、ほしい人は買えばいいけど、たぶん、いらないと思う!

Re: ひすさんへ

こんにちは。
ハイオクとは、「高級なガソリン」とよく誤解されますが、
単純に言うと、「オクタン価を上げ、高圧縮時の爆発に耐えれるガソリン」という意味です。
つまり、通常のオクタン価のがそりんを、高圧縮エンジンに用いた場合、
混合気が、完全に圧縮される前に爆発してしまうため、点火時期と一致せず不完全燃焼を起こします。
ですので、それを防止するためにオクタン価を上げ、より高圧縮に耐えうるたガソリンを用いるというわけ。
つまり、そこには、バイクや車、という考えはなく、
あくまでも、爆発のサイクルをスムーズにするのが第一の目的なんですよ。
ですので、エンジンの仕様により、」レギュラーかハイオクかが決定するわけです。
そういうわけで我が家のバイクも、ハイオク指定のものや、
そうではなくとも、エンジンをチューンしているものはハイオク、
ノーマルエンジンはレギュラーと入れ分けております。
(だからカブやモンキーでもレギュラーだったりハイオクだったり、本人しかわからない感じ。)


だからバイク屋さんのおっしゃるのは
「レギュラー仕様のものにハイオクを入れると、
点火&爆発がスムーズに行われず、不安定な爆発が生じうる恐れがあるため、
そうなるとその衝撃でパッキンが痛みますよ。」という意味だと思います。

また、そのような高圧縮エンジンは、たいてい高回転型でもあるため、
そのような使用に耐えれるべく、様々な添加剤もハイオクには入れられているため、
コスト的にレギュラーより高くなります。
だから世間一般には、「ハイオク=高級」というイメージになっているもですが、
決してそういうわけではなく、適材適所を守らねば、かえってまずい結果になりますね。
(これはエンジンオイルにも同じことが言え、高価なオイルはいつも良いわけではなく、
エンジンの性質、構造、組み付け、使用目的を考えたうえで、
鉱物・化学合成・半化学合成かを選択し、そして粘度を決定するのがベストチョイス)

だから、言い換えれば一般のエンジンの場合なら、
オクタン価を無視し添加剤だけ入ったレギュラーがあればいいことになりますが、
それが知恵袋の方の言う、「ハイオクよりも添加剤の方がいい」という意味になりますね。

ちなみに坂道とハイオクは、昭和30年代のエンジンなら意味がありますが、
今の時代のエンジンははるかに高度の進化しているのではほとんど意味はないですよ。

さらに言うと…

それより以前の自動車には「水タンク」というのが付いてまして、
坂道に差し掛かると、そのコックを開け、エンジン内に少量の水を加え爆発力を増強させて登っていってました。
なんか嘘みたいな話でしょう?

>ナイフ
私も刃物が好きで、数本コレクションしております。
主に、アーミーナイフばかりなので、色気に欠けますがそこがまたたまらない!
ただ、ブランドやメーカー名は全く意識していないので今度よく見てみねば!
ヽ(^∀^)ノ

釈迦に説法でしたか

釈迦に説法でしたね!
レノックスユーティリティナイフは、何気に3本持ってるね、仕事用、点検と工事用とお家用ですね。
あとは、軍用ナイフってイギリス軍のナイフ位かなぁ、
ナイフマニアじゃないからなぁ、
でも、何気に、本数は集まってる感じかなぁ。

ひすさん世代

昨日、警察署の前を通ったら、ノルマに負われた虫が30匹位かなぁ、涌いてましたので、これから、年末年始、お金をとられないよう、ご注意下さい、
話をタイトルに戻しますが、ひすさんとかだと切り出しナイフ、私の場合は、辛うじて、図工の時間に弄った程度なんだけどねぇ、
後、もう一点は、ボンナイフ、関西地区だと、ミッキーナイフかなぁ、
関西地区だとまだ、製造中らしいですね。
関東地区では、作ってないそうです。
まぁ、鉛筆削りに使った程度ですけどね。
懐かしいと思い、書いておきました、今の30代は、ジェネレーションギャップでわからないと思いますよ!

年末ですね~。

あちこちで飲酒検問が増えてきそうですね。

さて、ナイフ。
大体こんなイメージかな?
https://www.google.co.jp/search?q=%E8%BB%8D%E7%94%A8%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%83%95%E3%80%80%E7%B1%B3%E8%BB%8D&client=firefox-b&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwj__qLQ5_rQAhXFmpQKHXjwBsoQ_AUICCgB&biw=960&bih=685
でも普段は、時分で作った↓を愛用しております。
http://hisuaki.blog31.fc2.com/blog-entry-860.html

切り出しナイフとボンナイフは小学校に入った頃から使ってましたね。
ボンは刃が薄くてよくケガしかけたな~。
で、安定感がありもっとも扱いやすかったのは、やっぱ肥後の守でしたね♪

検問

たしか、毎朝ラジオの放送開始時に、都道府県ごとに検問場所を放送していたと思います。

Re: 検問

へ~~~!
そうなんだ~~!!

びっくりですね。(・∀・)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hisuaki.blog31.fc2.com/tb.php/3451-eb111c4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ひす

Author:ひす
ようこそ!
私のプライバシーを覗いておくれ!
(/ω\)

「ひす画像BBS」ができました。
放出品やイベントのお知らせなどを掲載予定す。
また、各種ご連絡・ご相談もこちらまでお気軽に♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する