ひす日記BBS

日々の出来事や、連絡事項

2017-11

英軍 №2 MkⅠ(マーク1) ローラーバーナー レストア ~後編~

さて、前回バーナー本体のレストアを終えたので、
後はケースに収納すれば作業はそれで完了!

ですが、ケースもバーナーに負けず劣らず、錆と油汚れでめんどくさい状態!
IMG_1826.jpg
しかも欠品大サービス中!

まあ、そこらへんは手持ちのジャンクから探し出すとして、
まずはどのケースを使用するか。

できるだけ状態の良いものを使おうと思ったときに気が付いた!
ローラータイプとサイレントタイプはケース形状が違うんだった!

バーナーの造りが違うため、ケースに収納する予備パーツなどの付属品が違うのと、
操作の違いでケース形状も違うのです。

で、見てみるとローラータイプのケースはどうもこれ。
IMG_1827a.jpg
蜘蛛の巣がしっかりありますが、程度はまあまあ中の下。
いや、下の上かな?
欠品の工具や付属パーツはイラストの様に設置されております。

ちなみにこちらはサイレントタイプのもの。
IMG_0090_2015061022474890d.jpg
サイレントタイプはクリーニングニードル内臓なのと、
コントロールハンドルがレンチを兼ねているので、ここに付くパーツは二点のみ。

ちなみにケース底の形状も微妙に異なります。
こちらが今回のローラータイプ。
IMG_1832.jpg
コントロールの部の部分だけが凸になっています。

一方サイレントでは、
IMG_0029.jpg
燃料チューブの形状に沿って長く凸になっております。

ですので、脚を使わない場合ローラータイプの方が安定は良いです。

さて、では作業開始。
広げた新聞紙の上に置き、ブラシ、スチールウール、ぞうきんの順に磨いていきます。
IMG_1831.jpg
この手のストーブの場合、私はいつも、
傷、錆、汚れ凹みなどもそのキャリアを示すもの。
だから、必要以上にきれいにしない!
という名目で、ついつい作業の手を抜いてしまうのです…
(=^^=)ゞ

そういうわけで、ガチャガチャいじっても周囲に汚れが飛ばない程度にきれい(?)にしたら、
稼働部に、グリスなどを給油してスムースに動くようにしておきます。

ここまで来たら、あとはバーナーを固定して…

と、この時何気にタンクにのヒートガードの裏を見てびっくり!
IMG_1833a.jpg
けっこう厚手の石綿が張り付けてある!

そういや、この有害性が叫ばれ出したのは昭和の終わりごろから。
だから、こういう古いモデルには使用されていて当たり前なんだけど、
とはいえ最近見慣れないから、ちょっと驚いてしまいました。
(飛散しさなそうなので、アルミシールでカバーしたうえで装着しました。)

ちなみに、ケースに貼ってるラベルによると、
この個体は1974年製造で造った会社は、
WESTINGHOUSE BRAKE AND SIGNAL CO LTD
どうも鉄道のブレーキや信号などを作っていた会社だそうでが、
こういうストーブも作ってたなんて守備範囲広いな~。


てなわけで、
IMG_1837.jpg
完成!

というわけで、最後の仕上げは燃焼テスト!
さあどうだ???


IMG_1974.jpg
よっしゃぁ~!ヽ(^∀^)ノ

よしよし、勢いよく燃えている♪

というか…

ほんと、勢い良すぎて、これこそまさにローラー!

この雰囲気を動画でどうぞ。



ちなみに、暗闇だとこの炎、
IMG_1975_201608302247345cc.jpg
まるで翼を広げたドラゴンのようではありませんか?

だとしたら、この燃焼音は龍の咆哮!

うん、かなり気に入った!

今後直ちょくちょく出動させよう!


*サイレント編に続く*
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hisuaki.blog31.fc2.com/tb.php/3404-60d3b080
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ひす

Author:ひす
ようこそ!
私のプライバシーを覗いておくれ!
(/ω\)

「ひす画像BBS」ができました。
放出品やイベントのお知らせなどを掲載予定す。
また、各種ご連絡・ご相談もこちらまでお気軽に♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する