ひす日記BBS

日々の出来事や、連絡事項

2017-06

ポイント式点火の基本

実はここのところ、毎晩メッサーをいじっております。
火花が飛ばない症状のため、最も苦手な電気系をあれこれとチェックしておるのです。

この間、メッサーはじめバブルカーのオーソリティであるコーシさんや、
なじみのバイク屋の56君にあれこれ電話で相談し、アドバイスをちょうだいしつつ作業をしていたのです。

で、そうなると、つくづく自分の知識の無さを痛感してしまったで、
それぞれのパーツの持つ意味やその仕組みを正しく理解しようと思い、
今一度きちんと理解するように頑張ってみました。

というわけで、今後のこともあるためにそれをいったんまとめて記録していくことにします。
ですから、これから書くのは、ほぼ私の覚書。

というわけで、まずはメッサーの点火に関する配線図を最もシンプルに描き出すことに。
igcoil07.png
(メッサーはエンジンを逆回転させバックさせるため、ポイントが前後進用の二つあります。)


ポイント①が点火タイミングを支配するスイッチで、
それにより流された電流が、コイル②で増幅され高電圧を生み、
それがプラグ④側に流れ、火花を飛ばす。
と、まあここまでは一般的な知識として知っておりました。

でも、各々の具体的な役割、特にコンデンサの意味がいまいちよくわからない。
(蓄電のためとは良く聞きますが…)

そこで順を追ってお勉強しました。

まずはポイント。
この部分はクランク軸に取り付けられているので、
ピストンの動きに連動するため、上死点に来たタイミングで開き火花を飛ばす。
なるほど。
でも、なぜポイントが開くと火花が飛ぶの?
普通接点が開くと電気の流れは遮断されてしまうやん?
そこで、配線図をよく見ると、
キーオンの通常時なら、①②ともに閉じており、電気は②→①と流れるので、
点火プラグ④側へは電気は流れない。
(プラグの先はギャップがあり物理的に離れているため、普通の電圧では通電しない。)
だが、ポイント①が開くと、コイル内で高電圧が作られプラグ側へ向かい、
スパークとなりギャップを飛び越え通電、つまり火花を飛ばす。
そして再びポイントが閉まると、電気はより流れやすい方へ流れるため、
プラグ側に電気が行くことがなく火花も飛ばない。

うん、ここまでは分かったような気がしてた。
でもなぜコイル内で高電圧が発生するの?

で、その仕組みを見てみると次のようなものでした。

コイル(ここではパーツではなく、電線を束ねた文字通りのコイル)に電気を通すと同じ向きに磁力を発生します。
これは子供の時に実験でした電磁石ですね。
その時、同時にその磁力に逆らう方向に「起電力」という電力が発生します。
(つまりこの場合は本来の」電気の流れの反対方向。)
この起電力は、最大で本来の電圧相当で、次第に減少し消滅します。
次にコイル流れている電流を遮断すると、磁力は減少・消滅しますが、
その際にもそれに逆らう方向に起電力が発生し、
それは、電流の変動が大きいために、非常に大きなものになります。
つまり、本来の電圧をかなり上回る電気が、本来の方向に流れるわけです。
また、このコイルの先にもう一つ別のコイルを置くと、そのコイルも同様に作用し起電力を発生します。
そしてその二つのコイルの巻き数の比により発生する起電力の大きさが決定します。
この場合最初に電気を流すコイルを「1次コイル」その次に置かれるコイルを「二次コイル」と呼びます。

なるほど、だからポイントを開き電気を遮断すると、1次コイル、二次コイルで起電力が発生・増幅され、
結果スパークさせるほど高電圧の電気をプラグ側へ流すのだな!

よし、これでポイント&コイルの仕組みは理解できた。

しかしこの一連の動きは時間にしてほんのわずかな一瞬。
無論ポイントの開閉もほんの一瞬。
そうなると、ポイントの素早い開閉に対してもそのわずかな瞬間に電気が流れようとするために、
開く瞬間、閉じる瞬間に、微量の電気が流れるため、(この際スパークします)
結果的には、ポイントが開閉しても、常にコイル側へ電気が流れ続けることとなります。
そうなると、コイル内で起電力が発生しないので、結果火花が飛ばなくなります。

だからそうならないためには、この微量な電気のみを吸収するものがあればよいわけで、
その役目を担うものがコンデンサ⑤なのだそうです。

なるほど!「蓄電」とはそういう意味だったのか!

またコンデンサによる電気の吸収は、ポイントで起こるスパークを抑えるので、
結果的に接点を保護することにもつながります。

というわけで、とりあえずは、いわゆる火花を飛ばす理屈を良く頭に入れることができました。


で、実際の作業はと言いますと…
3日連続で作業をしておりますが、最終的にコンデンサを疑い昨日取り外したところ。
近いうち新しいものを買ってきて、それを取り付けて確認したいと思います。

それらの詳しい作業内容は次回またご報告いたします。

コーシさん56君いつもありがとうございます。
(*^人^*)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hisuaki.blog31.fc2.com/tb.php/3355-33545f9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ひす

Author:ひす
ようこそ!
私のプライバシーを覗いておくれ!
(/ω\)

「ひす画像BBS」ができました。
放出品やイベントのお知らせなどを掲載予定す。
また、各種ご連絡・ご相談もこちらまでお気軽に♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する