ひす日記BBS

日々の出来事や、連絡事項

2017-08

100年前のボール? ~Max Sievert The Rapid~

02_201605291640217ec.jpg
こんにちは、私はガンダムでおなじみのモビルスーツのボールです。
戦火を耐えくぐってきたら、こんなに真っ黒になっちゃいました!

というわけではなくて、実はこれかなり初期のブロートーチ。
なんせ、ブロートーチが発明された当初の頃のものなので、
製造時期も1800年代末から1900年代初頭にかけてと、
すでにもう100年以上も経っている年代物!
ですので先ほどの様に真っ黒なのも仕方がないですよね?

とはいえ、このままでは何が何だかよくわからないので、
きれいに掃除してみました。


IMG_6049.jpg
じゃじゃ~ん!

どうです見違えたでしょう?
100年たっても、こうして手を入れれば切れに輝き直すから嬉しくなっちゃいます。

というわけで、きれいになったところで細部を見ていくことにしましょうか。

まずは外観で一目でわかるようにポンプを持たず火吹き口もシンプルな構造。
なので、これはガソリン専用のブロートーチ。
IMG_6061.jpg
ニップルあたりを見ると、脱着式のニップルは存在せず、
この様に本体に直接穴が開いているので、
これはもはやニップル(乳首)ではなく、ジェットと呼ぶ方がしっくりきそうな感じ。

またフィラー部にもシンプルで安全弁などは存在しません。
IMG_6050.jpg
つまみやすい大きな羽があるので手袋でも操作は楽そう。

ですが、代わりに定番の安全装置が付いております。
IMG_6048_201605291719147c7.jpg

これはプリムス71の時にも触れた真鍮棒。

異常過熱によるタンクの膨張を考慮し、反対側に作られた凹み部分に連結してあります。
IMG_6047_2016052917191696f.jpg
これにより、圧力異常時は膨張で凹みが膨らむことにより棒が引き抜かれ、
持ち手の反対側であるこの部分に穴が開き、最悪な形での爆発は防げるというとでしょうか。
(それでも間違いなくここから火を噴くね。)

で、持ち手のこの部分は鉄製ですが、使用時熱くなるため断熱のため籐が巻かれておりました。
古い時代のものはこういう点がなかなか味があっていいのですよ♪

で、火力調整を行う部分は、今も見慣れたスピンドルですが、
当然クリーニングニードルなどはありません。
汚れで詰まったらば、その都度プリッカーで清掃。

またタンク内部にはこのように大量のウイックが詰め込まれております。
IMG_5787.jpg
ですが、ストーブの様にこれがライジングチューブに突っ込まれているわけではありません。
ですので、やや効率は悪そうです。

そういうわけで、100年ぶりに綺麗になったこのボール。
もちろん火を噴かせてみたい気はあるのですが、
ここまで磨いたのでそれももったいない気がして…


ただいまこのように飾っております。

私が100歳になったら記念に火をつけようかな?
(=^^=)ゞ



ところで…

途中出てきた画像にでてきたRapidですが、
実は二台あったって気が付きました?

IMG_6055.jpg
「Rapid Aでぇ~す!仕事で火ぃ吹いてます!」
「Rapid Bでぇ~す!バイトでガンダムに出てます!」


IMG_6058.jpg
「なんでやねん!」 ビシッ!

というわけで、金(黄)色っぽい方はただいま固着がひどく、
いまだに分解できずにおります。
なんせ力をかける部分が丸かったり木製だったりしてなかなか思い切りよくできないんです。
こちらも分解できれば、どちらか火をつけて遊ぼうかと思っているのに…



スポンサーサイト

コメント

2個とも男の子ですな

こんにちは。

2個とも、亀が頭を持ち上げたようにも見えますけど、玉たまが1個の元気な男の子に見えますな。

Re: 2個とも男の子ですな

わははは!

おもらしだけは勘弁願いたいですね♪

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hisuaki.blog31.fc2.com/tb.php/3322-fa1e5846
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ひす

Author:ひす
ようこそ!
私のプライバシーを覗いておくれ!
(/ω\)

「ひす画像BBS」ができました。
放出品やイベントのお知らせなどを掲載予定す。
また、各種ご連絡・ご相談もこちらまでお気軽に♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する