ひす日記BBS

日々の出来事や、連絡事項

2017-09

カブの紹介 ~CA105T TRAIL 55~

IMG_3912.jpg
さて、この間やっとカブの試乗に出掛けることができました。
あの時個人教授さんが仕上げて下さっただけでなく、
わざわざ配達までしてくださり、
以来ずっと乗りたくてうずうずしていたのですが、
以蔵の負傷などアクシデント続きで、時間が全く取れなかったのです。

そこで簡単なインプレなどを♪

まず最初に気づいたというのか戸惑ったのは、ミッションの淹れ方。
実は私はもう一台同じ年式同じ排気量のカブ(c105)を持っているので,
すっかり、それと同じだとばかり思いこんでおりました。
ですがこいつは少し違っており、乗り出し時、
「おやおや?ギアの入りがすごく悪い?!」
と焦ってしまったのです。

具体的には次のような感じ。
・C105    前 3-2-N-1 後
・CA105T  前 3-2-1-N 後

同じ年式の同じエンジンなのにね。

だからもしかしたら特性も違うのかもと思いましたが、そこは同じ。
必要以上にローギアな1速は出だし以外には使い道なく、
走行は主に2速3速。
回転は面白いように吹け上がり、とてもレスポンスはいいのですが、
それはただ回っているだけで、パワーや、ましてややトルクが上がるわけではないので、
加速や登坂時にはずぼらせずギアを落とす必要があります。

ですが全体に粘っこく、とりあえず前に進もうとするその姿勢は、やはりカブだなとしみじみ感じます。

とはいえ、時代的にもう半世紀以上昔のバイクなので、
このエンジンも含め、やはり無理はさせれない感じですから、
仲間と一緒にツーリングに出たりするのはかなり無理があるので、
主に一人でぶらぶらと、のんびり出歩く足代わりに最適の一台かなと感じました。

さて、そういうわけで今回はこのカブについて軽くご紹介したいと思います。
というのも、ちょっと誤解が多い機種みたいなので。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その形状からこのカブは「初代ハンターカブ」と思われがちですが、
「ハンターカブ」というのは、こののち国内で販売された、
CT50をはじめとするシリーズの愛称であります。


IMG_3956.jpg
これが初代ハンターカブCT50。(1968年ごろ)

とはいえ、CA50(105)T(以下こいつと呼びます)とCTシリーズはかなりの共通点があり、
では、こいつはいったい何なのだということになるのです。

話は少しややこしいのですが、
1960年初頭アメリカに輸出されたスーパーカブは爆発的なヒットとなり、
全米各地に販売店ができるまでとなりました。
そしてとある販売店が、カブの軽量さとパワフルさに着目し、
当時アメリカで人気のあったアウトドア用に改造を加え、
「トレールカブ」(野道山道用カブ)という特別エディションとして販売したのです。
(カウルとフェンダーを取り払い、アップマフラーにして、オフ用のタイヤを装着)
するとそれが大好評で、バカ売れし、それを聞いた日本のスタッフが、
「それじゃあ、アメリカ向けにそういうモデルも作っちゃおうか?」
ということで開発されたのがこのモデル。
だから「CA105T」という名称の意味は、
55ccのスーパーカブ(C105)のアメリカ輸出仕様(A)のトレールモデル(T)という意味があるのですよ。

とはいえ、本社のスタッフが作り出したモデルですから、
現地の販売店が小改造で売っていたモデルとは一味も二味も違います。

ではそれらを順に見ていただきます。

IMG_3861.jpg

まず一目でわかるのが、カブのトレードマークのカウルとFフェンダーどが無いこと。
普通のカブを見慣れていると、どうも事故車のように見えますが、
これにもちゃんと、
「藪や小枝にひっかかりバランスを崩さないため。」
「フェンダーとタイヤの間に泥が詰まって走行できなくなるのを防ぐため。」

という理由があるのです。

ですから、小石や泥などは、遠慮なく体に当たってくることにはなりますが、
そこは耐えろと…

IMG_3918.jpg
でもエンジン回りはこの様にガードがしっかしされているんですよね。
(空冷用の洗濯バサミは私のオプション)

そしてそのガードに守られたエキパイは、
多少の水没などにも影響されぬようにと…
IMG_3913.jpg
天高く伸び、誇らしげに排気音を響かせます。

この角度が最もこいつらしいシルエットです。

そしてそのまま目線を下にやると…
IMG_3867.jpg
これまた特徴的なブレーキシステム。

悪路では、時折両足をついて踏ん張らねばこけてしまうような場面に出くわします。
ですが、そういう時フロントブレーキのみで耐え切れず、リアも効かせたくなることも。
しかし本来カブのリアブレーキはペダル式なので、
そうなると片足を地面から上げねばならない!

そういうときのために、このモデルはリアのブレーキを、
足元のペダル以外に手元のハンドルでも操作できるような工夫がされているのです。
(詳しい仕組みはこちらを。)


ある意味このモデルの最大の特徴じゃないかな?
これよくできてるよな~。

で、同じくこちらも最大の特徴。
IMG_3864.jpg
反対側のスプロケですが、ご覧のように大小二つ。

つまりこの二つのスプロケを用いて、リアのギア比を変更させ、
普通では登れないような急坂も楽に登れてしまうというシステムです。

この方法は昔のバイクでは時折見られましたが、
そのほとんどは、高速用のスプロケを装備していたものがほとんどだったと思います。
(古いビンセントのブラックシャドウなどでそういうのを見ました。)

この考え方がのちのハンターカブの福変速機に継承されることとなるのですね。
ただ、あちらはギアの方で切り替えるのと、
その操作もレバーの入れ替えだけですむのですが、
こいつの場合はそう簡単ではなく、
大小のスプロケを適時組み合わせる必要があるのです。
つまり、小の周囲に大がすっぽりはまるので、それをボルトで固定し、
別に用意しておいた短いチェーンをクリップでつないぎ、
長さの不足分を補う仕組みになっております。

実際その効果は絶大で、よくある河川の土手でもじわじわ上るほどのようです。
ですが反対に平地では、3速でも駆け足くらいの速度だそうですから、
やはり、普段は使用する機会が無いでしょうね。

IMG_3905.jpg
そうそう、あとここにも北米仕様ならではの変更項目が!

実は私はこいつにもC105同様にキャリアとバッグを装着させてみたのですが、
キャリアはカットし幅を広げないといけなかったし、
バッグは収まるものの潰れて窮屈。
だから部品精度の問題かなと思っておりましたが、
昨日給油してみて予想以上にガソリンが入ったのでびっくり!

つまりガソリンタンクが大型化されているんですね!
C105が3リットルなのに対し、これは5リットルあまり入り、
タンク容量が増えた分、サイズも大型化されていたんですよ!
*正確には1.5ガロン(約5.7リットル)
だから、キャリアもバッグもサイズが合わなかったのか!

確かに、あちらではいったん走り出すと日本と比べ物にならない距離を走らねばならないですから、
何もない場所でガス欠にでもなったら命とりですからね。

また、これと同様にぱっと見は気づきにくいですが、
シートがやや大きくなり後方へオフセットされております。
これはやはり体格の良いあちらの人向けへの改良ですね。

そうそうタンクつながりで、一つ気になったのがキャブレター。
IMG_3935.jpg
見たところリザーブ付きタンク用のが付いております。

ですがこのモデルはリザーブの無い初期タンク。
同年式(1963年製)の私のC105もリザーブ無しタンクですが、
キャブもリザーブ無しが付いております。
もsかして、ここだけ交換してあるのかな?

ちなみに、キャブのレバーを左右に動かし、
ON・リザーブ・OFFとなっております。


*追記*

とまあこんなわけで、カブの紹介をつらつら書いている私なのですが、
本来は、昨日は休日で、仲間たちと一緒に年に一度の慰安旅行(通称「いやぁ~ん♪」)に出かける予定でした。
ですが先週の以蔵騒動で獣医さんへ行かねばならず、残念ながら不参加。

そういうわけで、朝はみなさんをお見送り。
IMG_3857.jpg
「いってらっしゃ~い!」

で、こうしてカブで遊んでいたわけなのです。
IMG_3897_20160223100247dc9.jpg
「みんなは今頃四国でうどんか…」

とかそう思い過ごしていたら、
夕方になってしょっち~さんがわざわざガレージに来てくださり、
そしてお土産を下さいました。

CA395102_20160224100754932.jpg
いつもどうもありがとう!
来月はみんなでバイクででかけましょうね!

(*^人^*)


スポンサーサイト

コメント

郵便屋さ~ん

今度は3時のコーヒータイムにいらっしゃい☆
午前中は出かけているからね~
カッコいいですやん♪

Re: 郵便屋さ~ん

は~い!

次回は3時のおやつ時に参上します!
ヽ(^∀^)ノ

あれなかなかええでしょ?

実は音も結構かっこよいのよ~♪

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hisuaki.blog31.fc2.com/tb.php/3239-9e7b1486
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ひす

Author:ひす
ようこそ!
私のプライバシーを覗いておくれ!
(/ω\)

「ひす画像BBS」ができました。
放出品やイベントのお知らせなどを掲載予定す。
また、各種ご連絡・ご相談もこちらまでお気軽に♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する