ひす日記BBS

日々の出来事や、連絡事項

2017-10

Boy Meets DG !

(この日記は先週の出来事なので、以蔵はまだ負傷前で普通に歩いております。)

CA395085.jpg
「あ!なんやあれ!」

CA395083_20160210154119601.jpg
「ちょっと、まって!
ぼくこれしらべなアカンわ!」



と、散歩途中に以蔵が見つけて夢中になったのはこれ!

CA395084.jpg
DG!(ドングリ)


え?!
「え?!これがドングリ!?」

そうやで。

「ご飯をてんこ盛りに入れる…」

それはどんぶりや!

「魚屋さんで売ってた!今の時期が美味しいね。」

それは、寒ブリや!

「岸和田で有名なお祭りやね!」

それはだんじりや!

「お腹が痛い時に煎じて飲む…」

それはせんぶりや!

「お鍋なんかの時、薬味に使うあの赤くて辛い…」

それはかんずりや!

「アカザ科ホウキギ属 の一年草であるホウキギの成熟果実を加熱加工した物で、
古来、民間療法で用いる生薬の一つであったが、
現代では、食品の一つとして用いられる、別名”畑のキャビア”。」

それはとんぶりや~!

って、お前絶対わざとやろ?

「へへ?ばれた?」


というわけで、予想外のドングリの出現に少し驚いた私。
でも、確かにそこに植えられている街路樹を見上げれば椎(しい)の木だから、
その下にドングリが落ちていても不思議ではない。
とはいえ、
「ドングリなんて、野山にあるも。」
そう思い込んでいた私だから、
うちの近所のような街中に、こんなにたくさんあるとは思いもよらず、
なんだか得した気分になりました。
(そういや、以前同様に「ヤマモモ」で喜んでいたっけ。)


さて、このどんぐりですが、
正直利用法などあまりないくせに、妙に収集心をそそります。
特に子供、とりわけ男の子にとっては、
一時期宝物のような存在で、一生懸命拾い集めては、
その数を競い合ったり、誇ったり。
また大きさや姿かたち、色つやの秀でたものを選び出し、ひたすら愛でたり。
(この場合、帽子の取れていないのが必須条件。)
とまあ、このように小さな心をガシッとつかんで離さない!

もしかしたら、多くの男性にとって人生初の収集品(コレクション)であったかもしれません。

ですので、当然私もよく拾い集めましたし、たくさん持っておりました。

そんなある日、あるお祭りの縁日を覗いていると、
とある屋台に、いつも見慣れたあの大量のドングリがあるではないですか!
大人がこんなにたくさんのドングリを一体どうするのだろう?」
そう思った私は、屋台のおっちゃんにたずねたかったのですが、恥ずかしくて聞けませんでした。
(屋台には大きく「しいのみ」と書いてありました。)

その後地元の商店街でも、定休日になるとドングリを売る店が出始め、
その時に、「これは炒って食べれるドングリだ。」と教えてもらったのですが、
それにも私はまたびっくり!

というのも、小さなころから、
「ドングリを食べるとつんぼ(聴覚障碍者)になるから食べたらあかん。」
と祖母に教えられていましたから。
あの頃、祖母の言葉は絶対に正しいと思っていたので、
時折ドングリの味が気になって、思い切ってを割っては、こわごわかじったことはあるのですが、
その後は慌てて吐き出したりしていたのものですから。

でも実は食べてもそうんなことになるはずもなく、
単に、アク(渋)がきついのでそのまま食べれないということだったのですね。

というわけで、ドングリが食べれることを知った私は、
図書館でドングリの食べ方をしらべ、
昔(縄文時代)は、すりおろしでんぷんを取り出し、それを水で溶き加熱し、
「縄文コンニャク」をつく多という記事を読み、その味に思いを馳せ胸を膨らませました。

でも、そんなにたくさんのドングリは家の近所で手に入るはずもなく、
いつしかその情熱も消え失せて、私は成長していきました。

ですがその後、山に行きドングリがまとまって落ちているのを見かけると、
「あ!コンニャク!」
と、今でもそう思ってしまいます。

ですので、今回のこの散歩道でも同じように思ったのですよ。

ちなみに今回のこのドングリ、
正体はただいま調査中。
もし食べれるやつだったらば、
次の秋まで覚えていよう。
(=^^=)ゞ


スポンサーサイト

コメント

ドングリは果物?

農林水産省の分類では、
木に成るものは果物らしい。
草に成るものは野菜らしい。
ドングリ、栗は果物?
メロン、スイカは野菜?
パイナップルは、草だから野菜?
バナナは、木に見えるけど草の大きいやつだから野菜?

バナナといえば、竹やレンコンの様に根っこで増えます。

Re: ドングリは果物?

こんにちは。
確かのあの分類はなんかおかしいですよね。
そこで気になって調べてみると…
http://www.maff.go.jp/j/seisan/ryutu/yasai/yasai_teigi/
ほ~、今では農林省自身も、はっきりした定義はありません。」といっていますね。
よく言われるメロン、スイカそしてバナナも「果実的野菜」というカテゴリーで対応していますよ。
(でその主目的は出荷状況の把握のようですね)

ということは…
クリやドングリは「野菜的果実」かな?
とはいえ、これらは食用を目的に人為的に分類したものだから、
生物学的に言うと全く意味が無いんですよね。
そもそも、果実といわれるリンゴはもちろんイチジク、イチゴ、パイナップルに至るまで、
我々が食べているのは、「花托」と呼ばれる部分であって、
本当に意味での果実は、それぞれ、芯や種に当たる部分ですから。

だからすっきり分けようと思えば、外国の「フルーツ」と「ベリー・ナッツ」の分類がわかりやすい気がします。
つまり、
タネ(生物学的に意味ではなく)を食べないものがフルーツで、
タネごと食べるのがベリー、
そしてタネを食べるのがナッツ。

で、そう考えると日本の野菜は、それらすべてをひっくるめ、
食用目的に栽培された植物すべてを含むと考える方がいいですよね。
なんせ、膨大な数を意味する「八百万8(およろず)」を看板に掲げる八百屋ですから!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hisuaki.blog31.fc2.com/tb.php/3224-3ae2b8cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ひす

Author:ひす
ようこそ!
私のプライバシーを覗いておくれ!
(/ω\)

「ひす画像BBS」ができました。
放出品やイベントのお知らせなどを掲載予定す。
また、各種ご連絡・ご相談もこちらまでお気軽に♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する