ひす日記BBS

日々の出来事や、連絡事項

2017-08

鯨羊羹(くじらようかん)

「いただきまぁ~す!」
CA395073_20160204123235c9c.jpg
というわけで、先日の節分の日には、このようにイワシを焼いていただきました。

鰯の頭も信心からといいますが、
私は信心深くないので頭は魚屋さんで取ってもらって帰ります。

下の小皿はあの時七味と一緒に買った、本気の粉山椒。
見た目の鮮やかなグリーン同様、香りも刺激も鮮烈で、
よくある市販品とはまるで別物!

(*^人^*)

そうわけで、小さなお魚を美味しくいただいた後は…

大きな魚を美味しくいただく!

で、大きなお魚といえばこれ!


CA395069_20160204123236207.jpg
鯨! 羊羹?!

まあ、鯨が魚かどうかという突込みは置いといても、
さすがに鯨の羊羹とはいったい何ものだってことになりますわね?

その名の通り、鯨を材料に使っているのか?
はたまた鯨並みにサイズがでかいのか?
それとも食べていると潮を吹くのか?!

まあ先に正解をいうと、
実は姿かたちが鯨に似ているからこういう名前なわけで、
いわゆるたい焼きとかと同じ感じのネーミングですね。

ですが舐めてもらっちゃあ困ります。
その見た目の似かたが、何ともナイスで、ある意味とてもリアル!
たい焼きのような子供だましの姿ではないのですよ。

では百聞は一見に如かず、
まずは御覧あれ!

CA395080.jpg

どう?
わかります?

というわけで、これを見て
「あ!確かに鯨だ!」
とそう思った方は、もう結構な年齢で、少なくとも私程度はいっているはず。

というのも、この形状は、まだ鯨が普通に食卓に上っていた時期によく食べられた、
鯨のある部分にそっくりなのですよ。

それがこれ、
参考画像

鯨の皮の部分で、関西では「コロ」と呼ばれ、
冬場は関東煮(おでん)のネタに、夏場はさらして酢味噌でいただくのが一般的です。

子供の頃は、店頭にある水を張った桶の中に、
これがたくさん入っているのをよく見かけました。
だからもうかなり見慣れた姿かたちであるわけで、
生き物としての鯨はもちろんあの大きな鯨をイメージしますが、
食べ物としての鯨といえば、まず最初にこのコロを思い浮かべるほどです。

それだけに、この羊羹。
これを最初知った時は、手をたたいて喜びました!
で、すぐさま検索し、ネットで取り寄せ♪
いや~、便利な世の中になったもんだ…

で、届いたその日にこうして食べたわけですが…

「これ、思ってた以上に鯨だぞ…」

見た目の通り、羊羹とはいうものの、黒い部分はてっぺんの皮の部分のみ。
で、下の脂肪に模した白い部分なのですが、
これはもち米(道明寺)を主体にした蒸し菓子。
このつぶつぶが、コロの脂肪細胞のそれにそっくりで、
見たとき思わず感心してしまったというわけです。
(だから、成分比率でいうならば、これは決して鯨羊羹ではないのですが、
そういう細かい話は○ちゃんに任しといて…)

またその粒粒は見た目以上に味にも関係しており、
ねっとりした食感の中で、はっきり主張する何とも気持ちの良きアクセント♪
だから最初同じく道明寺を使用した(関西風)桜餅をイメージしましたが、
確かに似ている部分はあるものの、もっとこう流れるようなねっとり感。
で、上に乗ってる黒い羊羹が、予想以上にテロンテロンなので、
この二つの食感が同時に来ると、

これ美味しい!

というわけで、開封するや否や半分ほど食べてしまった私です。

いいな~。これ。
今後定期的に取り寄せるか♪


そうそう…
実は最初この鯨羊羹をもっと厚めに切っていたのですよ。
で、それを娘に見せた際、

「う~ん、なんかお寿司みたい。」

CA395074.jpg
なるほど、確かにコロにというより、
バッテラなどの押しずしに見えてしまうよな~。




ちなみに、クジラは漢字で「鯨」
「魚へん」に「京」と書きますが、
これは何も、京都でよく食べられていたとかそういう話ではなく、
この場合の「京」は「みやこ」ではなく、数の大きさを意味しています。
つまり、「一、十、百、千、万、億、兆、京」「京(けい)」なのです。
だから、「とても大きなお大きな大きな魚」という意味だったんですね。


今回この羊羹を買ったお店は尾道にある、「中屋」さん。
HP http://www.nakaya-honpo.com/syohin_f/item_f/kujira.html

今まで何度も尾道に行っていたのに、まったく気づいていなかった!
知っていたら、絶対お土産にしていたのに!

で、ついでにこれも取り寄せました。
CA395078.jpg
特製バターケーキ♪
フレッシュバターと発酵バターのWバターで、コクと旨みが倍増!

基本に忠実で、丁寧に作られているのが良く分かり、
非常に好感の持てる真面目で美味しいバターケーキでした。

いや~、尾道、なかなか侮りがたし!
(*^人^*)
スポンサーサイト

コメント

昔は

肉と言えば鯨肉やったね〜
あのすき焼きとかに入っているコロが苦手でしたわ〜
アダ名がコロちゃんだったからではないですよ…
まぁ、牛肉知ったら戻れないよな。

Re: 昔は

ですよね~。
うちもよく、水菜と炊いたのが出てきました。
冷えるとっメチャカスカスで硬いんですよね~。

でも給食に出る鯨は人気で、
「竜田揚げ」や「ノルウエー揚げ」は美味しくて取り合いでしたね。

鯨肉

鯨肉の味が思い出せない!

今現在、うちの子供が通っている東京の市立小学校と中学校では、給食に年に一回ですが鯨肉のサイコロ状の竜田揚げが出ます。
調査捕鯨のものとは思いますが、貴重な鯨肉が給食ですよ。
日本の鯨食文化保存のためなのでしょうか。

ほにゃらかさんへ

なるほど、今でも給食で…
そういや、うちの娘の時(もう10数年前)でもやはり竜田揚げが出たようで、
それは美味しかったといっていた記憶があります。

そのように、小さい時に口にしておくのが、
やはり食文化保存には大きな意味があるんでしょうね。

こちらではまだ結構鯨を食べることのできる店がありまして、
水菜と一緒に似る「ハリハリ鍋」は冬の定番ですね。

以前は、手ごろな値段でステーキをランチで出すもあったのですが、
いまはどうだろう?

私も数年前、懐かしさからついデパ地下で赤身を買いましたが、
予想以上にレバーっぽくて参りました。
やっぱ、部位によって全く味が違うんでしょうね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

分かりにくくてすみません。

私のHPのトップページにあるのですが、
少しわかりづらいです。
トップ画面の中にある、郵便ポストのところがそうなですよ。
http://hisuaki.s25.xrea.com/

それでも分かりづらければ、
こちらのコメントにそちらのアドレルを乗せてもらえれば、
それで返送いたします。
(*^人^*)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hisuaki.blog31.fc2.com/tb.php/3218-a832e8e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ひす

Author:ひす
ようこそ!
私のプライバシーを覗いておくれ!
(/ω\)

「ひす画像BBS」ができました。
放出品やイベントのお知らせなどを掲載予定す。
また、各種ご連絡・ご相談もこちらまでお気軽に♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する