ひす日記BBS

日々の出来事や、連絡事項

2017-08

ピーク1ネタ  ~立ち上がりが悪い~

先日56君が愛用のピーク1を使用した際、
点火と同時に大きな赤い火があがりました。
で、「あれ?なんかおかしくない?」とたずねると、
「そうなんですよ、最近しばらくの間こんな感じで、
こないだもお鍋の底が真っ黒になっちゃいました。」

とのこと。

で、しばらく様子を見ていると、
リングのすき間から出る炎にばらつきがあり、きちんと燃えていない。

まあ、結局は数分で炎は落ち着き、きれいな青い火にはなったのですが、
本来ピーク1はそういうものでなく、
赤火が出ても数秒で落ち着きすぐにきれいな炎になるものです。

そういうわけで、これはリング付近に何か問題があるのだろうと判断し、
預かって帰り、整備することにしました。

というわけでこれがその時の状態。
IMG_3354.jpg
圧漏れなどはなく調子はいいのですが、プレート周辺の錆が気になります。

そういうわけでまずは分解。
IMG_3357.jpg
ちょっと気がかりだったニップルは綺麗なもんで、ジェネレターも調子よさそうした。
ですがついでなので、キャブクリーナーで内部を清掃。

こうなるとやはり怪しいのは、プレート周辺。
で、ばらしてみると…

IMG_3365.jpg
やっぱ、サビだらけ!

そういうわけで、真鍮ブラシできれいにして最後に軽く磨きます。

IMG_3369.jpg
この程度でOK!

後は順番間違わずに組み直し、本体にセット。

さてテストするか。

IMG_3372.jpg
お♪
きれいな立ち上がり♪


炎の落ち着きもよく、10数秒あれば十分。

IMG_3375.jpg
弱火もすぐに安定します。

というわけで、今回の原因は、
プレートのすき間に生じたサビでした。

実はこれ以前お話したピーク1でよくある不調の追記の内容そのままなのですよ。

このすき間の部分はガスが出てくる部分なため、
実は見た目以上にデリケート。

ですので今回のような錆はもちろん、少しの汚れガスの流れに乱れが生じ、
不完全燃焼を起こしてしまうのです。
実際、過去には、ストーブを再塗装した際、
塗料が少しプレートに付着し、それが原因で赤火になるというのがありました。

ですので、たまに取り外しこの部分を掃除していただくのが一番いいです。
特に、うっかり吹きこぼした後などは、完全に汚れや水分を取り除いておかないと、
後後めんどくさいことになりかねませんので、ご注意を。



*おまけ*

「お前ら最近たるんどるぞ~!
そこに並んで反省しとけ~!」

IMG_3558.jpg
「は~い…×4」

というわけで、昨日ピーク1のタンクと520(M1940)を併せて整備し、
こうして並べていたら、なんだかタンクたちが叱られしゅんとしているように見えました。
(=^^=)ゞ

錆び取後、防錆処理をし、その後水洗いをしたタンクは、
このように布きれを突っ込み傾けて放置しておくと、
結構早く内部が乾燥します。
機会があればぜひ一度お試しを。

でも、乾燥後は念のため、軽く燃料を入れてゆすいでおくと安心です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hisuaki.blog31.fc2.com/tb.php/3217-0bd1a266
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ひす

Author:ひす
ようこそ!
私のプライバシーを覗いておくれ!
(/ω\)

「ひす画像BBS」ができました。
放出品やイベントのお知らせなどを掲載予定す。
また、各種ご連絡・ご相談もこちらまでお気軽に♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する