ひす日記BBS

日々の出来事や、連絡事項

2017-06

電柱の地名から

私の地元は結構古くから人々が住み着き、
1世紀の清和天皇の時代には、もうすでに神社もあり、
村として結構栄えていたという記録があります。

そういうわけで、今でも近所には古い町並み、というか小道が残っており、
そういう場所は、たいてい細く入り組んでおり、車の通行も少ないので、
私の犬の散歩コースになっております。

IMG_0007.jpg
こんな感じの道です。

その中でも特に道が曲がりくねり迷路のようになった個所がいくつかあり、
そいうところ歩いていると、(知っていても)予想外の場所に出るような驚きがあり、
それがととても楽しいので、私は子供のころからよく通って遊んでいました。
実際、地元の人でも、普段から通り慣れていなければまず道を間違うようなところなのです。

さて、そんな楽しい道の途中に、古い公民館のような建物があり、
小さい私はそこにある井戸水を吸い上げるポンプをいじりたくて仕方がなく、
大人の人がいたら触らせてもらおうと、よく覗きに行っていたのです。
(この井戸は今も健在♪)

そしてもうすっかりおっさんになった今も、
私は相変わらずその道を歩いているわけなのですが、
ある時、ふと疑問に思ったことがありました。
というのも、例の公民館の入り口に大きく掲げられている看板には「砂子會館」と書かれていたのです。
砂子?
ここは昔から中野やろ?このあたりの地名じゃないよな?
じゃあこの会館を立てた人の名前?
でも、その横には立派な石碑があり、
会館設立に尽力された方の名前が大きく刻まれている。
で、その人の名前は砂子じゃない。
(まさか、奥さんとか娘の名前とか…?)
そこでまあ、漠然と旧の地名かな?と思っていたのです。

さて、そんな疑問も疑問と思わなくなったある日のこと、
いつもの様に散歩に出かけ、わんこが電柱の情報を読み取っている間、何気なく上を見上げると…

CA395057.jpg
「え?!砂子?!」

そう、なんとあの砂子の名前がそこにあるではないですか!

そうか、そうだったのか!

砂子とは、やはりこのあたり一帯の古い地名だったのか!


実は日本全国の電柱には、1本1本それぞれ個別の名前が与えられております。
多くは、「地名(記号)+番号+方角」という記号を割り振られており、それにより管理されているのです。
しかし、ご存じのとおり、全国各地の電柱は膨大な数に上るので、
仮に合併などによる地名の変更があったとしても、
電柱の名称変更は行われることもなく、
結果今は使われていない古い地名が、電柱に残されるということになるのです。

だから古くからあり、割と初期に電柱のたったっ地域には、
今はもう地元のものが誰も知らないような地名がいまだに残っていたりするのです。


今回の「砂子」などまさにそうで、今ではここら一帯は「中野」と呼ばれております。
実際先ほどの画像をもう一度ご覧いただきたいのですが、
「砂子」の上に「ナカノ」のプレートがあるでしょう?
実はこの二つは片方が電話で、片方が電気。
(電柱は1本でも、このように複数の企業が相乗りで使ってるケースがほとんど。)
そしてたいていは、電話線の方が電気線より早い時期に架設されるので、
たいていは電話線電柱の名称に古い地名が残っております。

今回の場合も、電話線が架けられたときはこの一帯は「砂子」と呼ばれていたのですが、
電気線が架けられる頃には、「中野」と呼ばれていたということになります。
実は「中野」もとても古い地名で、古くは平安時代の延暦(782~805)の頃から栄えていた村ですから、
当然私たちは、このあたりを「中野」としか認識しておらず、
それ以前に名前があったなど思いもよりませんでした。

そこで、電柱を見ながら散歩を続け、元「砂子」がどこら辺までだったのかを推測して楽しみました。

そしてつい最近。
ネットで古地図を閲覧できることを知り、早速近所の古地図を覗きに行くと…

地図
砂子あった!

これは明治41年観測、大正1年発行の地図ですが、
なんと、1980年の町名変更までちゃんと「砂子」という町名があったようです。

で、その地域は半円状の道路とそこから伸びる放射状の道路で囲われていおり、
今ではそれが道に迷う原因となっているんですね。

でも、どうして今まで気づかなかったんだろう?
そう思い考えてみたら、
この地域は私にしてみれば、小学校時代は校区外で、
ぞろぞろとみんなで遊びに出るような場所でもなく、
ましてやこの地域に手紙を出す相手もいなかったから住所を意識していなかった。
その後行動範囲が広がった頃には、すでに町名変更され、
今のなじみのある名前に変わった後だった。
だから、私の中では「砂子」は全く見知らぬ謎のワードになってしまっていたんですね。

とはいえ、子供の足でも歩いて10分ほどの行動範囲内で、
ここまで知らなかったなんて…
祖父母の口からもその地名は聞いた記憶はないぞ?

そんなことを思いながら先ほどの古地図を眺めていると。

おや?この川が村の境目だったのか!

今もなじみ深い地元の川が、東西で二つの村を大きく割っておりました。

実は私が今住む商店街はその川の東側にありますが、私が育ったのはその西側。
こんなに近所なのに、昔は隣村だったのか…
だから祖父母もあまり、なじみがなかったのかな?

そしてまた、これを知った時、
大昔のある記憶がよみがえり、納得することができました。

その記憶とは、当時大流行で品薄だった「ライダースナック」を、
私が商店街のお店に買いに行ったところ、
「川の向こうの子には売ったれへん!」
と、そこのばあさんに断られた記憶。

あの頃は、「なんて理不尽な!」と悔しい思いをしたけれど、
あの「川の向こう」という言葉は、たぶん「あっちの村」という意味であったのだろうな。

当時はすでに田もほとんどなく、住宅街と商店街の街になっていましたが、
今回の地図で見ると、昔はこの一帯はすべて水田。
そしてそれに引き入れるための水は村境からの川。
だから、隣り合う村どうしは、水利などに関して常に緊張状態にあったんだなとは想像できるので、
多分、そこのおばあさんは過去に「川の向こう(うちら側)」ともめて嫌な思いをしたんではなかろうか?
だから、あの時子供相手にいじわるをして憂さ晴らししたかったんじゃなかろうか?

今はそう思えるのですよ。


*おまけ*

前述のように、電柱のプレートは眺めていると結構楽しく、
今回の様に今は消えてしまった地名だけでなく、
影も形もない建物や施設もかってそこにあったと確認できたりします。

たとえば、街中なのに「港、波止場」、があれば、
ああ、ここは埋め立て地で以前は海が近かったんだな。とか。
県道沿いなのに「国道」とあれば、
なるほど、以前この道は国道だったが、付け替えで県道などに降格したんだな。とか。
同様に「駅前」や「市場」などなど…

だからこそ、地元としては無かったことにしたかったものも、
隠しきれずにばれちゃうことがあります。
例えば、「くるわ、郭、廓」とあれば、以前はそこに遊郭などがあったと思われます。

個人的は、こういうものはひっくるめてすべて大切な文化なので、
できればこのまま名称変更などせず引き継いでいってほしいと願ております。
スポンサーサイト

コメント

きよさんからコメントをいただきました。

なぜか投稿できないとのことでしたので、
別のところにいただいたコメントとをコピペさせていただきます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


砂子の話
は知らんかったな〜
ボクは湯里(元 東鷹合町)で生まれ育ちましたが、その地図見るとタカイになってますね。
「ゆやじま」は知っています。地名はもうなかったですが、風呂屋あって「ゆやじま温泉」でした。
やっぱり、この辺は掘れば温泉出たんでしょうね。
中野にはち○ちん電車も走ってましたしね〜
ボクもたまに古地図見ますが、なかなか見たい時代の見たい場所は難しいですね。

うちも今日から餅つき(機械)してぜんざい
で、恒例の巻きずし
しかも、娘たちが今日・明日と別々に来るもんだから大変・・・

きよさんへ

というわけで、どうもありがとうございます。

なるほど~。
こちらでは反対に、今の中野が昔は湯里となっております。
湯里の変化の仕方がアメーナみたいで面白いですね。

温泉はたぶん今でも出るんじゃないですか?
実際近場でいろいろ出てるでしょう。(矢田や松原)

古地図は面白いサイトがあるのでご紹介します。
http://ktgis.net/kjmapw/index.html
年代もいろいろあるし、
なにより、新旧並列で見れるのがいいですよ。

きよさんちは、鬼ではなく福の神が来られてにぎやかでよいですね。


で、最後になりましたが、
投稿できない理由がわかりました。

文中に不適切なワードがあると判断されたようです。

ぐたいてきには伏字にした「ち○ちん電車」
この部分をシモネタと判断したんでしょうね。

えっ!

ちんチンってあかんの?
厳しいな…
あっ、また書いた!
って、ワザと書いてみましたd(^_^o)
さて、どうかな?

えっ!

ち◎チ◯ってあかんの?
厳しいな…
あっ、また書いた!
って、ワザと書いてみましたd(^_^o)
さて、どうかな?
あかんかった…

えっ!

◯◯チ◯ってあかんの?
厳しいな…
あっ、また書いた!
って、ワザと書いてみましたd(^_^o)
さて、どうかな?
あかんかった…

Re: えっ!

わははは!
手を変え品を変え、いろいろ本当にご苦労様です。

ここのブログの規制ってなかなかにシビアですよね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hisuaki.blog31.fc2.com/tb.php/3212-b424b029
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ひす

Author:ひす
ようこそ!
私のプライバシーを覗いておくれ!
(/ω\)

「ひす画像BBS」ができました。
放出品やイベントのお知らせなどを掲載予定す。
また、各種ご連絡・ご相談もこちらまでお気軽に♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する