ひす日記BBS

日々の出来事や、連絡事項

2017-11

造り手の気持ち ~マックス・シーベルト №223~

IMG_9911.jpg
う~ん、ぼくってとてもかっこよい~♪
ほれぼれするな~♪

でもさすがに歳のせいか、シミも目立つし、顔もまっ黒になっちゃってるな~。


というわけで、我が家にやってきたマックスシーベルトさんちの223。
樹脂製パーツが使われているなどで、前回の48658さんほどまで古くはないですが、
それでもおそらく1940~60年にかけてのものに思われるので、結構なお歳には違いない。
(一応古いカタログの画像で似たものを探し出し、それで見当をつけましたが、
ブロートーチについては情報少なく詳細不明。どこかに良い情報源はないものか…)

さて、そういうわけで今回は気合を入れてきれいに磨き上げて火を吹かせたくなりました。

まずは分解。
IMG_9916.jpg
さほどひどい固着もなく、すんなり分解できただけのことはあり、
どの部品もなかなかに程度が良いですね♪
結構大切に扱ってもらっていたのかな?

で、ばらしてはじめて気が付きましたが…
IMG_9921.jpg
おや!
ポンプ兼取っ手部分、の美しい波波の部分、
通称パルテノン(まぁ私が勝手にそう呼んでいるのですが)は、こうしてスポっと外れるのか!
ということはつまり、持ち手と本体の間に空間を設け、
そこで断熱し持ち手が熱くなるのを防いでいるということか!
(それと熱放射をよくするためもあるんでしょうね。)
いや~、単なるオサレな装飾だとばかり思っていたけど、ちゃんと意味のあるデザインだったんだ!

初期の頃は前回の48658さんのように綿糸を巻いたり、、皮や、籐を巻いたりと、
断熱効果のある素材で熱を防いでいましたが、それではそれらの素材がへたってくると当然メンテが必要。
でも、この方法(パルテノン方式)だと、ひしゃげたりしない限り半永久的に効果は持続できますね。

こういうあたり、センスの良さはもちろんですが、
作り手の使用者に対する心遣いというかアイディアを感じて嬉しくなりますね。

というわけで、いつものようにサンポール風呂に入浴させ、
その後は重曹温泉で酸を流し、真鍮ブラシで垢落とし。
仕上げはピカールを全身に塗りたくり、マッサージ気分で磨き倒します。
IMG_9927.jpg
うむ、なかなかにきれいになった♪

で、こうなって初めて気づいたけれど…
IMG_9934.jpg
ほ~、こんなナットにも刻印が…

当時のこの会社は、自社製品にものすごくプライドを持っていたから、
小さな部品の一点一点にまで、社名と国名を入れておりました。

ちょっと話がずれるけれ、この会社が製造し、その後世界各国で模倣され、
後のガソリンストーブのスタンダートとなった名機SVEA123の初期モデルなど、
小さな豆粒ほどのニップルにまで刻印を入れていたくらい。
すべしょ2

だから当然この223にも刻印があちこちに。
社名などタンクの横に大きくあるにもかかわらず、
IMG_9941.jpg
このように、タンク上面にも誇らしげに!

こういうのを見ると、
造り手がもっていた、この製品に対する誇らしげな気持ちを感じてしまいます。

ところで…
社名とならんで、いやそれよりもお菊目立つように刻まれた刻印、
このAPHってなにだろう?
気になったのでいろいろ調べてみてもいまいちよく分からない…
でも、これほど大きく目立つように刻んであるということは、
作り手としては、ぜひともアピールしたい事柄であったんでしょうね。
(そこで、ちょっと考えてみて推論を追記で書きました。)

というわけで、よく乾燥させてからサクサクと組み上げました。

IMG_0025.jpg
う~ん、ぼくってやっぱりかっこよい~♪
ほれぼれするな~♪
お肌もぴかぴかつるつるで、若い者にもに負けていな~。


そう、この当時のスエーデン製のストーブやトーチは、
材料に本当に良質な真鍮などが使われているので、磨くと驚くほどに深みのある綺麗な輝きを取り戻すのです。
反対に最近の製品は、メッキや被膜などで金属の保護をしたりしておりますが、
古いものに比べると材料の質が落ちているため、年月とともにみすぼらしくなり、
その後もリカバーするのが難しいどころか、簡単に腐食して穴が開いちゃったりしてしまいます。

こういうのは車も同じで、私の乗ってるメッサーは見た目はブリキのおもちゃのようですが、
かなり質が良く分厚い鉄板でできているので、
60年近くたった今も、サビも腐食もなく、しっかりしたままであるのですよ。

だからそういう材質の良さなどを、実際手に取り体感すると、
もうそれだけで、作り手のものづくりへのこだわりを感じることができて嬉しくなります。
無論、前述のパルテノン部分の断熱性などのアイディアも同じ意味で嬉しい。

で、またこの部分も。
IMG_0027_2015071612122077d.jpg
おわかりでしょうか?

普通のトーチと違い、首の角度が持ち手に対して斜めにずれておるのですよ。

当初は、前のオーナーがゆるめてずらしたままにしていたのかと思いましたが、
ネットなどで他の個体を見ていると、すべてこのように斜めについておりました。
ですので最初からこうなんですよね。

なぜ?
IMG_0029_20150716121235598.jpg
バルブハンドルの操作の際ポンプに干渉しないように?

当初はそう考えていましたが、組み上げて、その後手にした時気付きました。
IMG_0030_20150716132600cbf.jpg
あ!これって、正面炙るのに手首が楽だ!

そう、もし普通にまっすぐ付いていたなら、正面をあぶる際少し手首を外へ反らさねばなりません。
ですがこれ、長時間だと結構きつい。
(なんせトーチはそこそこ重いから。)
でもこのように首がななめだと、持ち手の負担が少ないので、右手の作業に集中にもできる!

ほんとのとこはわかんないけで、多分そういうのを狙ったのではないかな?

こういう心遣いもまた嬉しい!

というわけで、この子も私のお気に入りになったので、
ただいま店内の賑やかしで、ピカピカのボデイを披露させております。
IMG_0034.jpg


ですので、今回は試験燃焼なし!

だって、こんなにきれいになったから、
しばらくはピカピカのまま眺めていたいもんね~。

こういうのって、作り手はどう感じるのだろうね?
大切にしてくれてうれしいと思うのか、
それとも、飾り物にするために作ったのと違うぞ~!
と怒るのか。

ここまでこだわって作っているのだから、多分後者かな?

(*^人^*) ごめんね!


*追記*

文中で触れたAPHについてですが、
当初、途中で社名が変わったのか、はたまたブランド名かと考えておりましたが、
そういったこととは全くなさそうでした。
そこで今度は、これが何か特定のシステムを意味する略号ではないかと推理しました。
(ほら、自動車の、「DOHC」とか、「ABS」とかのように。)
すると、西欧で広く用いられている略号の中で、「APH=Air pre heater」というものを見つけました。
これは、ごく簡単に言うと、
ボイラーなどが発する熱利用し、吸入される空気を加熱し燃焼効率を上げるシステムのようです。
(日本語だと、「吸気予熱システム」とでも訳したらよいのでしょうか。)

ここでブロートーチの原理を思い出すと…

自分で吹き出す炎によって、本体の温度が上がり、
それによりタンク内の空気は加熱膨張し圧力が高められ、
結果、燃料が完全燃焼へと導かれる!

これってまさにAPHそのものではないですか!

それ以前の、燃料を直接燃やして炎を当てていたトーチとの一番の違いがそこですから、
このタンクに大きく刻まれた「APH」の3文字は、
「このトーチは革新的な燃焼システムだよ!」
という、作り手の誇らしげな気持ちの表れではなかったのだろうかと、私は思います。


【今日のストーブ】

最近出番のなかった№12を久々稼働。
サイレントのダメ出し確認のため、ラーメンを煮てみました。
IMG_0129.jpg
火力が強く、あっという間に出来上がるのはいいけれど、
その分放射熱が半端なく暑い!
暑すぎる~!

いや~、この時期室内で使うストーブじゃな無いわ、これ!

というわけで、我慢我慢でその後20分ほど燃やし続けましたが、サイレントは異常なし。
これはもう商品として出してもよいかな?

*というわけで、よしくんさんずいぶんお待たせいたしました。
(*^人^*)
スポンサーサイト

コメント

真鍮は

真鍮は磨くと,本当に綺麗になりますよね.やり始めるときりが無いくらい自分も磨くことありますよ.飾って起きたくなる気持ちもわかります!!
自分のNO12は何時になると戻ってくるのだろう・・
ゲニ君と1950で火あぶりショ~を行っている毎日です.

Re: 真鍮は

こんばんは。
ほんと、ほんと、
真鍮だけは磨き始めると終わりが無いですよね。
「もっと!もっと!さらにもっと~!」
磨きこめば磨き込むほどに、輝きと深みが増すからたまらない!

そうしてきれいになったものの火を入れれなくなったストーブが実はけっこうたくさん…
う~~ん、これはいかんですね。
(=^^=)ゞ

そちらの12はまだ子供会で活躍中かな?
その手の趣味に目覚めるちびっ子たちが出てくれば、良い布教活動になるのですがね♪

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hisuaki.blog31.fc2.com/tb.php/3043-2427f206
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ひす

Author:ひす
ようこそ!
私のプライバシーを覗いておくれ!
(/ω\)

「ひす画像BBS」ができました。
放出品やイベントのお知らせなどを掲載予定す。
また、各種ご連絡・ご相談もこちらまでお気軽に♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する