ひす日記BBS

日々の出来事や、連絡事項

2017-09

渡辺 温

渡辺 温という作家がいることは知識として知っていました。
あの構溝正史の右腕として働き、
さらにあの谷崎潤一郎にその才能を高く評価され可愛がってもらていたが、
若くして電車事故で無くなってしまった才能あふれる作家。

だから興味が沸き、数編の掌編は読んだことがあったけれど、
その他の作品については読む機会が全くありませんでした。
というのも、その時読みたいと思っても、
肝心の本、(全集や、作品集)がすべて絶版で入手することができなかったから。
(なんせネットはおろか、パソコンだって「なにそれ?」てな時代でしたから。)

じつはその時、その作風に惹かれかけていたので、
出鼻をくじかれたようでかなり悔しい思いをしたのをおぼえています。
(だから気持ちはいっそう、「なんとしても読みたい!」に。)

それがつい先日、WEB上でたまたまその名を見かけ、
もしやと思い検索してみると、なんと青空文庫に彼の作品がたくさんあるではないですか!
なんと素晴らしい時代になったもんでしょう!

そこで嬉しくなって、すぐに読みに行きました。

いや~、やっぱり思たっ通り。
面白い!
そのほとんどが短い掌編なので読みやすい。
だからまあ、少々荒削りであったり、
「こりゃもう、思い付きの勢いだけで書いたな。」
とかいう作品もあったり。

でも、総じてやはり面白い!

また、ただ単に面白いだけでなく、
ストーリーがよく組み立てられていて、上手い!
何というのか、無駄がなく、計算しつくしたうえで、組み立てられている。
きっと書きながら、こちらの読み手が最後の一文を読んだ時の驚き顔、
そういったものを想像し、ほくそ笑みながら書いていたのではないかな?

また、だからか、読んでいる時のスピード感が半端ない。
だからよけいにラストの部分が生きる!
これは読後感というよりも体感に近く、
「くるのか?くるのか? いったいどうくる? キタァ~~~!」
てな感じでくせになります。
(短い掌編だから余計にそう感じます。)

たとえるなら、薄暗いOヘンリー?、ひねくれた星新一
この辺のつくり方というかテクニックなどは、
横溝正史譲りの推理小説のテクニックなんだろうけど、
それ以上にも思えるこの鮮やかな仕上げ方は何だろうと思っていたら、
どうも、本職は作家ではなく、編集者であったようですね。
なるほど、道理で…

またこの人の作品の大きな魅力は、そういったもの以外に、
作品から漂ういかにもなおしゃれ感!
大正モダニズム的な独特なもので、
今はやりのレトロ感とは一線を画した隠した本物のレトロを感じることができます。

まあ、作者本人が、周りの空気を読めないほどのオシャレさんであったとの話だし、
世代的にも、そういったものをすべて享受していこうとしていた世代だから、当然なのかもしれません。

そして全編通じて感じたのは、
やたらと文章が絵画的、というか、映像的。
自然物、人工物、そして人物、そのいずれの描写にも、
美しく、シャープで、また生々しい。
時には、まるで触れているかのような肌触りまで感じるような。
しかも、そのいずれの場合でも明確な色彩を伴ってそう感じさせるから、
白黒の活字を眺めているのに、やたら場面が映像で再現される。
だからこそ、文中のできごとを、読むことによってあたかも体感しているかのように感じられます。

でもそのくせ、においや音はあまり迫ってこず、
そういう意味ではやや現実味のない不思議な感じがしました。

後に、作者が実はかなりの映画好きで、けっこうのめり込んでいたことを知り、
「ああ、なるほど、だからあれらの作品は映画、しかもサイレントなんだな。」
と、私は先ほどの自分の感想に納得したのです。

というわけで、そういうのがいったんハマッてしまうと作者の作品群は妙にくせになってしまいます。
(私はみごとにはまった!)

おかげでこの数日はPCモニタとにらめっこ!
あっという間に全編読んでしまいました。
だから、ただいま物足りないので、
ネットで確認し、近所のいつもの本屋さんで全集を取り寄せてもらっております。
これで家でゴロゴロしながらじっくり読める!
(緑内障なのにね~。(=^^=)ゞ)

しかし一体いつもの間に全集なんて出たんでしょう?
もしかして今ブームなのか??

だったら、乗るしかないでしょ、このビッグウエーブに!
ヽ(^∀^)ノ


というわけで、もしよろしければ皆さんもいかがかな?
公開中の作品↓のとおり。
http://www.aozora.gr.jp/index_pages/person20.html

私のおすすめは以下の4作。

私が最初に読んだ作品で、この作者に惹かれる原因となったもの。
若くして病死した「永遠の処女」と呼ばれた女優及川道子をモデルにしていますが、
実は彼女は作者の実の恋人。
まるで大人の童話のような、
「赤い煙突」

前半ナルっぽい雰囲気でけだるく静かに流れながら、
後半いきなり突き飛ばされて、急坂を足をもつらせながら突っ走らさせるような、
「アンドロギュノスの裔」

読後感最高で、私の最も好きな、
「嘘」

読後感最悪で、なのにその爽快感がすさまじい!
これぞカタルシス?!
世間で最も評価の高いのもうなずける、
「かわいそうな姉」
スポンサーサイト

コメント

昨日は

寄ってもらったのに、留守してましてすみませんでした。
すぐに帰ってきたんですがね~
あれからOB君に電話したら、自転車で来た!
ちょっとビックリした・・・

Re: 昨日は

いえいえ、恐らくマッサージだろうなとは思っていたので…

うちに自転車で現れた時、
それを丁度見ていた奥さんは、いったい誰が来たのか全く分からなかったそうです。

確かに、彼が自転車でって、まったく予想もつかないですよね~。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hisuaki.blog31.fc2.com/tb.php/3022-52e9ee2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ひす

Author:ひす
ようこそ!
私のプライバシーを覗いておくれ!
(/ω\)

「ひす画像BBS」ができました。
放出品やイベントのお知らせなどを掲載予定す。
また、各種ご連絡・ご相談もこちらまでお気軽に♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する