ひす日記BBS

日々の出来事や、連絡事項

2017-11

液体燃料ストーブの仕組みとメンテナス【その7 スピンドル】

前回クリーニングニードルの話をしましたが、
考えれば、その際スピンドルのことも詳しく書けばよかったな思ったので、
今回ちょっと書くことにしました。

スピンドルとは、火力調整の際回して操作する根元の部分。

CIMG7537.jpg
通常ハンドルを差し込む部分がそうです。

この中の仕組みがどのようになっているかと言いますと。
スピンドル
このような感じで、スピンドルが、ねじ込まれたり緩まったりして、
ガスの通り道であるバルブの開閉を行い、それにより火力調整を行っております。
(上の図でいうと①で閉じて、②で開く)

ですので、当然この部分からガスが漏れ出すこともあり、
そういう時は、このように漏れ火が出てきますし、

(0:34あたり)

時には、圧が抜けすぎてこのように不完全燃焼を起こし赤い大きな火になってしまいます。
IMG_0072.jpg
ですので、この部分からの圧漏れを防ぐために、
パッキンを入れねばならないのですが、この部分は常に火にさらされるためゴムなどは使用できません。
ですから「グラファイト」という炭素系の素材を用います。

これは非常に柔らかく、もろいのですが、圧をかけるとギュッと惜し固まる性質があり、
また適度な摩擦低減力もあるために、高温の可動部のシールには最適な素材です。

具体的には、チクワ状のグラファイトパッキンをスピンドルに差し込み、
それをスタッフィングボックスで押しつぶし圧着させて用います。


そのためスピンドルを引き抜く際、かなりの抵抗になりますし、
また乱暴に引き抜くと崩れて再利用できなくなるばかりでなく、
下手するとスピンドルをゆがめてしまう恐れがあります。

ですので引き抜く際は、一旦スピンドルをゆるみきらせ、空回りするような感じになってから、
IMG_0112.jpg
このようにスピンドルをしっかり万力などでくわえこみ、
慎重に、丁寧に引き抜きます。

この時注意すべきは二点。

まずはグラファイトパッキン。
崩さないようにまっすぐ、引き抜き難い場合は、少し回転を与えつつじわじわ引っ張ります。
CIMG7599.jpg
そっと抜けばこのようにきれいにぬけ、再利用できる場合もあります。
(左端、スピンドルのネジ部の下の灰色の部分がグラファイトパッキン。)

ですが、いくら形がきれいに見えても、既に経年劣化を起こしていたり、
既に押し固められ過ぎ痩せているものは、もうシール力をなくしていて、そのままでは使えません。
そういう場合は、新品部品と交換すればいいのですが、
なかなか思うサイズが無い場合がほとんど。

ですので私は、薄くシート状になったグラファイトを細くリボン状にカットし、
このようにスピンドルに巻き付け、ボックスで押し込み使用しております。
CIMG7788.jpg
一度で足らない場合はこれを繰り返せばOK!

後はしっかり絞めこんで、テスト燃焼時にライターでチェックし、
その後もう一度増し締めすればOKです。
(熱するとちょっと緩みますから。)

そうそう、
よく、「ホエーブスのハンドルは冷えているとめちゃくちゃかたい!」と言われますが、
このグラファイトを交換すると、驚くほど軽くなるのでみなさんビックリされますよ。


そして二点目はスピンドル。

スピンドルの先端部は、バルブにきっちりはまるようにとがった鉛筆の先のようになっています。
ですから、くれぐれも先端部分を曲げたりしないように慎重に作業してください。
またそういうことですので、状態のチェックは、先端部のテーパー部分に汚れが付いていないか、
ネジ部分い汚れがこびりついていないかなどが主になります。
それぞれ汚れていれば、真鍮ブラシやスチールウール、などを持ちおて丁寧に汚れを落としてください。
CIMG3872.jpg
これくらいならOKです。

なお、古いストーブでスピンドルの固着がひどく回すことができない場合は、
意地になって回そうとすると、スピンドルをねじってしまいます。
そういう時は、ガストーチでスピンドルの根元をあぶったのち
万力などでしっかりくわえて一気に回してください。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hisuaki.blog31.fc2.com/tb.php/3018-e71cc2ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ひす

Author:ひす
ようこそ!
私のプライバシーを覗いておくれ!
(/ω\)

「ひす画像BBS」ができました。
放出品やイベントのお知らせなどを掲載予定す。
また、各種ご連絡・ご相談もこちらまでお気軽に♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する