ひす日記BBS

日々の出来事や、連絡事項

2017-08

師走

12月に入った途端、一気に季節が真冬になった気がしますね。
なんか空気も、「寒い」ではなく「冷たい」感じ。

そんな中、先日こういうことがありました。

いつものように店番をしていると、シャンシャンという物音とともにお経が聞こえてきました。
ああいつもの托鉢のお坊さんがやってきたんだな、とその時はそう思ったのですが、
うちの店の前に来た時、いつも来る人とは少し違い、お経も感じが違っていたのに気付きました。

で、奥さんと娘がお賽銭を持って行き、ついでに少し話をして、
私は店の奥にそのままいたのです。
すると、「…岩手から…」
とかすこし聞こえてきて、やはりいつものお坊さんとはどうも違うようだと思ったのです。
(いつものお坊さんは、お経を唱え、印を切ってくれますがお話はあまりしません。)
なんでも岩手県の方のお寺からわざわざこちらまで来られていたとか。
その話を聞いたとき、「岩手県?お坊さん?」とある人が頭に浮かんだけれど、まさかね…、と。

その後、娘がいただいた名刺を何気に検索すると…

「あ~!さっきのお坊さんはこの人や!さっきも素足やったし…」

みなさんも多分覚えておられるかと思いますが、
あの東北の震災の直後、雪の中素足に草鞋で被災地を祈りをささげながら歩いてらしたお坊さん。(↓)
http://akashids.blog23.fc2.com/blog-entry-62.html

そこで、奥さんと娘があわてて追いかけて少しお話しさせていただくと、
やはりあの方当人で、
「こうして声をかけていただいたのは、これでお二人目ですよ。」と。

こんなとこまでまわってきてはるんや!
そしてその話の中で、以前この方のお弟子さんがこちらの方に来られていたとも。

そう言われれば…
物覚えの良い奥さんは、去年もこのお寺からお坊さんが来られていたのを思い出しました。
その時はもう少し年配のお坊さんでした。

師走という言葉の語源は、実はよく分かっていないそうですが、
いくつかあるうちの中で有力なものとして平安期の記録にこのように記されたものがあります。

師匠である僧があちこちを忙しくお経をあげるために駆け巡るために、「師馳す」という。

だから前回の年輩の方のお師匠さんである今回のお坊さんがこうして来られたのを知り、

やっぱ「師走」なんだわ!

と思ったのです。

(*^人^*)




スポンサーサイト

コメント

すごい話ですね!岩手のお坊さんについて書かれたリンクも見ましたが、こんな方がいらっしゃるんだとびっくりしました。まだお若い方なんですね。大阪まで行ったなら、関東も通っていたのかもしれません。

でもお坊さんもそんな超有名というわけではないと思うので、自分のことを分かる方がいて嬉しかったと思います。

こちらではお坊さんがお経を読みながら歩いているのは見たことがないのですが、そちらでは結構いらっしゃるのでしょうか。

「印を切る」という意味がよく分からなかったので、ネットで調べたのですが、そこでも明確な答えはみつかりませんでした。何か手で悪霊を払うみたいなことをしてくれるのでしょうか。

ひろろんさんへ

そうなんですよ。
おそらく関東から順番に周ってらっしゃっていると思います。
だからかなりの距離をああして巡っておられるのでしょうね。
なのに誰も気づかないというのは、きっと見た目があんまり普通だからだと思います。
今回も、ああいう会話が無ければこちらも全く気付かなかったと思いますから。

でも意外なんですがそちらではあまりそういうお坊さんの姿を見かけられないのですね?
こちはそう頻繁にではないにしろ、見かけても普通な感じくらいに歩いておられます。
(お隣の京都では、いつも街角に立っていたりするけれ路、これはやっぱ土地柄でしょうね。)

>印を切る
なんと言いますか、多分正式な言い方ではないんでしょうね。
お賽銭を鉢に入れると、一礼してから、
何やら呪文を唱えつつ、手に持ったジャラジャラ(錫杖?)で、
音を立ててつつ何かを描くように空を切るのです。
そういう感じなのですが、これで伝わるかな??

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hisuaki.blog31.fc2.com/tb.php/2851-ead73d2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ひす

Author:ひす
ようこそ!
私のプライバシーを覗いておくれ!
(/ω\)

「ひす画像BBS」ができました。
放出品やイベントのお知らせなどを掲載予定す。
また、各種ご連絡・ご相談もこちらまでお気軽に♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する