ひす日記BBS

日々の出来事や、連絡事項

2017-10

70過ぎてもバリバリ元気!~GIストーブ M-1941  モデル520 ~

先月やってきた古い軍用ストーブ。
見た目は欠品もなく程度がよさそうでしたが…
まあほんと苦労した!
たまりにたまった、積もりに積もった煤やタールがほぼ石化してがっちがちに固着しまくっている!
それはもう、あらゆるネジというネジ部分のほとんど。

でもまあ考えれば仕方がない。
というのもそれは第二次大戦開戦時、当時のアメリカ軍部の、
「摂氏マイナス51度からプラス52度の環境で正常に使用でき、かつ1クォートのミルク缶に収まるストーブを。」
という無茶ブリともいえる要請にこたえてコールマン社が開発したストーブだから、今年でゆうに70歳越え。
しかしあの当時でこういう考えって、アメリカの本気すごいね!
というか、やっぱ豊かな国ですね、。

だって、その頃日本ではどうだったんだろう?と気になっていろいろ調べてみたんだけど、
このようなストーブのような調理器具はほとんど見当たらず、
炭や練炭と言ったそういう固形燃料が主体であったような感じです。
まあ、確かに炊事に使う燃料があれば、飛行機や船、そういうものに使ったでしょうからね。
それほどまでに資源の無い国だからこその戦争だったから…

さて、そういうわけで、このストーブも齢七十を越える御老体なので、あちこちガチガチでも仕方がない。
そこでじっくり時間をかけ、油や薬剤のお風呂に入れたり、トーチであちこち温めたりし徐々に緩めつつ、
最後は、エイヤッ!と力技で体をほぐし、すべてバラバラに!
そして、その後きれいに掃除しまくり、
先日組み上げが終了し、試験燃焼もばっちりで無事復活しました。

CIMG4899.jpg
お~♪
よく燃える♪よく燃える♪

仕上げは全体をきれいにクリーニング。
でもこういうのはぴかぴかにしすぎると、「なんか違うよな~。」と感じてしまうので、
ピカピカにはせずほどほどに。

だからというわけではないのですが…

実はこいつにはタンクの底に折り畳み式の収納三脚が付いているのです。
で、そこをクリーニングしようとした際に、乾いた土がこびりついているのを見て、

「う~~ん…、これってアメリカの土だよな…。もしかしたら戦場の?」

とかいろいろ思ってしま他っため、その部分は土を残し給油だけで済ませました。

なんというか、昔から私はこういう感じで異国に対するあこがれが常にあるので、
海外からの郵送物や荷物などが届くと、真っ先に封を開けその空気を吸い、

「これが外国の空気か~!」

と喜んで悦にいっていたのです。
ま、これは今でもほぼ変わらず、荷づくりのために入れられた新聞やチラシなどは、
すてる前に手にとってしげしげと眺めるて楽しんだりもしております。
三つ子の魂…とはよく言ったものですね。

そういったわけで、無事レストア完了!
CIMG4925.jpg
よっしゃ!かっこええぞ!

実は今回これを3台取り寄せたのですが、そのどれもが同じような感じで手ごわいのです。
とくにそのうち一つがどうにも具合が悪い。
一応手入れして、綺麗に燃焼させれるところまではいったのですが、
人に譲るにはちょっと…

とはいえ、普通に使用できるので、これは完全に私の私物として、
今後ツーリング等で活躍してもらおうと思っております。

そういうわけですので次回は、
「摂氏マイナス51度からプラス52度の環境でのツーリング」
を予定しておりますのでみなさんご覚悟のほどを!

φ(._*)☆\(-_-)

CA394171.jpg


【ストーブのコーナー目次はこちら】
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hisuaki.blog31.fc2.com/tb.php/2804-8e787507
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ひす

Author:ひす
ようこそ!
私のプライバシーを覗いておくれ!
(/ω\)

「ひす画像BBS」ができました。
放出品やイベントのお知らせなどを掲載予定す。
また、各種ご連絡・ご相談もこちらまでお気軽に♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する