ひす日記BBS

日々の出来事や、連絡事項

2017-08

意外ににぎやかな川

うちの近所には、地元の地名にもなっている小さな川が流れております。
というか普段は流れるというより淀んでおります。
それというのもこの川の一番上流は、近くを流れる大きな川からの取水口で、
そこからの水の出入りが無いと、川には水は流れこまないからなのです。
昔は農業用水路にもなっていたのですが、今となってはもう川というより排水路。
そんな川ですが、私が子供の頃にはまだ河床も土だったので、
蛇や亀、カエルなどなどいろんな生き物がいました。
(父親の話では、もっと以前は川魚の漁もしていたとか。)
でも、その後水害対策などでコンクリートと鉄板でガチガチに固められ、
とてもじゃないけど生き物が住めるような川ではなくなっちゃいました。
それでも時折朝方などは、水鳥の姿やカモメ、鷺などの大きな鳥の姿を見かけることもあり、
「へ~、こんな川に魚がおるんかいな…?」と思って眺めておりました。
まあたしかに、時折大きな亀の姿を見かけたりもしますが。

それがつい先日のこと、いつものよう朝の散歩で何気に橋を渡り川を横切ろうと思ったら、
「バシャ、バシャ、バシャ…」
川の方から何やらにぎやかな音が。
そこで気になって、ひょいと覗き込むと

「なんじゃこりゃ~!」

驚くほどの数の魚がそこいらへんに!
しかもどれもこれもが結構な大きさの鯉(こい)!
(だいたいどれも30センチほど)
なんだこれ!
まさか地震とかの前触れではないよな?!

でも、水位が極端に低いので体を立てることができず、横向きでピチピチとあえいでいるような感じ。
多分そのまま水に入れば、長靴もなで全部手づかみできそうなほどなので、
今もし水鳥が来たら一網打尽!
どうにかしてあげたいけれど、こればかりはどうにもこうにも…
唯一の望みは、その日の予報が昼から雨とのことだったので、
それまで持ちこたえて、水かさが増えるのを待ってくれればな、とそう思い立ち去りました。

そしてその後順番に犬の散歩を終え、大体1時間ほど経ってから再び先ほどの場所に差し掛かった時、
いったいどうなっているだろうと川をのぞき込むと、

「あれま!いつの間にか水かさが増えている!」

別に雨も降っていないのに水位が少し上がり、魚たちは何とか体を立てて流れに向かって泳げています。
なぜだろうと不思議に思いながらもほっとしつつ橋を渡りました。
そしてその後予報通り結構な雨が降ったので、きっとあの魚たちは無事安全な場所に移動できたと思います。

そういうことがあっただけに、その後川のそばを通るたび、ひょいと川面をのぞき込むのですが、
大体定位置で大きな亀が日向ぼっこをしております。
ということは、えさとなる小魚も普通にいるんだな…

見た目に反して、うちの川は多くの生き物でにぎやかなのかもしれない。

先日のお昼間は日向ぼっこの場所を巡って激しい場所取り合戦がありました。
CA393890.jpg
「うお~!ここはわしの場所や!」
「なに言うてるねん!そこのけや~!」
「落ちる~!落ちるやんけ~!」
「ちょっと、ここで一服しとこ♪」


で、昨日の夜は…

CIMG1737.jpg
アオサギ?!

いやまあ、朝方にはよく見かけるけど、夜も元気にえさ探しできるんやね。
そんだけここには魚とかがおるんや…

ちゅうか、

鳥目やないのか~!

てっきり夜は目が見えないものtばかり思い込んでたよ。
だまされた~!

サギだけに…

(=^^=)ゞ
スポンサーサイト

コメント

ほんまほんま

ボクもついついのぞき込みます。
ボクが子供のころはそこでドジョウとか捕まえましたよ。
その大きな川の方ではイカダ作ってヤバかったり、ウナギを捕まえたりしてましたよ~
前にも言ったかもしれませんが
大きな川の土手にはディーゼル貨物列車が走っていて、後ろにつかまって次の大きな橋まで無賃乗車してバスに乗って帰る遊びをしていました。
一時期に比べると川はかなり回復していますね。

きよさんへ

そうそう、あの頃は川の下まで降りれたですね。
よく亀を捕まえに降りていました。
でも茂みの中にはよく青大将がいてびっくりしたもんです。
大きな川は私らも遠征して泳いでいました。
で、横の養豚場が川に捨てた豚の死骸や、
時折上流から流れて来る鶏の死骸などにびっくりしてました。
(思えばそんな川でよく泳いだな~。)

列車遊びはしなかったな~。
いいな、まるで映画のようですね。
私は主にビー玉取りに励んでおりました。

いろいろ面白かったですね。
ヽ(^∀^)ノ

あ〜!

そうそう☆ ビー玉忘れてました!
当時はビーダンって言ってましたがね…
で、ミルキ玉見つけたら勝ち☆みたいな!

きよさんへ

それそれ!
私らの時もミルキーダンは貴重でした。
(色の模様の無い、無地の乳白色のやつね!)
で、それのでかいやつだとさらにレア!

そしてもう一つ、
気泡が一切ない、無職のきれいなものも大人気で、
こちらは「水晶ダン」と呼ばれてました。

たくさん集めて箱に大事にしまっていたな~。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hisuaki.blog31.fc2.com/tb.php/2688-a5d8f620
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ひす

Author:ひす
ようこそ!
私のプライバシーを覗いておくれ!
(/ω\)

「ひす画像BBS」ができました。
放出品やイベントのお知らせなどを掲載予定す。
また、各種ご連絡・ご相談もこちらまでお気軽に♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する