ひす日記BBS

日々の出来事や、連絡事項

2017-10

リコリス

今朝は久しぶりに曇り空。
だから暑さも割合ましで、わんこたちとも久々に公園の方面へゆっくり散歩。
この時期このコースはまともに日が当たるので敬遠していたんですが、
曇り空ならそういうのを気にしなくてよいから。
そして最近来ていなかったから知らなかったけど、もう公園では朝の時間は蝉が盛大に鳴いております。
この声を聞くと、気分はなんだか夏休みですね。

そうしてゆっくり散歩を終えても、まだ時間があったので、店を開ける前にちょっと買い物に出かけ、
ついでに近所の公園で一服。

CIMG8883.jpg
元気いっぱいの緑をバックに、リコリスの花が満開!
実は、この花もまた私にとっては夏休みを思い出させるものなんです。

というのも、昔からこの時期になると近所でよく咲いていて、
夏休みの友達との約束などの予定も特になく、ぽっかり空いた暇な時間に、
よくこの花のそばで、葉っぱを手折ってにじみ出てくる透明の粘液を集めて遊んでおりましたから。
その集めた液は特に何をするわけでもないのですが、
見た目がすごくセメダインに似ているのが面白くて、集めると固まるのではないかと思ってそうしていました。
(実際どうだったかはもう覚えていません。)
で、また折った葉っぱの傷口もしばらくすると液が固まり、ちょうどカサブタができたかのようだったので、
「きっとこの液は、怪我した時に塗ると傷が治るのだろう。」
と勝手にそう思い込み、遊んでいて怪我をしたらよく塗りこんでいました。
実際に効果があったかどうかは全く覚えていません。
こんな感じで、ほかの草でも、ヨーチンのような色の液が出れば消毒の草だとか言っては塗り、
「ヨーチンは沁みるけど、これはしみへんからこっちのほうが上等や!」
とか言っておりました。
(確かこの時は傷口が膿みました。(=^^=)ゞ)

さすがに多いくなってからはそのようなことはしていないわけですが、
相変らずこの花は身近にあり過ぎて、正式な名前を知らず、つい勝手に「セメダインの花」と呼び続けていたのです。
そしてある時、植物園で「リコリス展」という催しがあったので見に行くと、
たくさんのリコリス(まあ大小、色とりどりのヒガンバナの仲間です)の中に、なんとこのセメダインが!
そうか!こいつはリコリスだったのか!

実は「リコリス」というものとの最初の出会いは、花としてではなく、食べ物としてだったのです。
子どもの頃、近所に初めてできたアイスクリーム屋さん!
(ディッパーダンって知ってるかな~?)
カラフルで美味しそうなアイスクリームたちの中で、ひときわ異彩を放つ不気味なやつ。

「なんやこれ…? 真っ黒やんけ…」

その不気味なアイスこそが「リコリス」だったのです。
当然仲間うちでも話題になり、「だれかあれ食ってみろよ。」と言い合いはするのですが、
当時大体一日30円程度の貴重なおこずかいの中から、120円を出してそういう冒険に出るものはなかなかおらず、
けっこう長い間謎のアイスとして皆の関心を引いていたのです。
そしていつしか、それを食べるのが罰ゲームのようになっていき…
ある時とうとうそれを食べる日がやってきました。

ちょうどそのお店ではアイスを一つ買うとスタンプを一つ押してくれ、
それがいっぱいになると、好きなアイスを一つもらえることになっており、
それでもらうならお金がかからないから、いんじゃん(ジャンケン)で負けたものがそれを食べるということになりました。
そう、スタンプがいっぱいたまったのです。

で、いんじゃんで負けた安富君がそれをまずは一口。

「おお!?美味いぞこれ!」
「なに?ほんまか?!」

そうなると、当然味みんな味には興味があったもんだから、我も我もと一口一口。
むろん私も一口。
すると…

「!!!!」
「……」
「??!!!!」
「なんやねん、この味!」

なんといいますか、甘いことは甘いのですが、なんともいえない体験したことのない香りが強烈に鼻に抜け、
頭の中は、「これ、食べてもええもんか???」と混乱混乱!
あえてたとえるならば、ばあちゃんに無理やり飲まされたなんかわからん丸薬といった感じ?
漢方薬のような、ミントのような、木の根っこのような、土のにおいのような…
だからみんなは「安富にやられた!」と思ったわけですよ。
あいつが美味しいと嘘をついて、私らにも食べさせたと、そう思ったわけ。

でも党の安富君は「いや、ほんま、これ美味いわ!」と嬉しそうに舐め続けているし、
実はその後も頻繁にリコリスを買っては舌を真っ黒にして喜んでいましたから、
彼は彼で本気で美味しく感じたんでしょうね。
ま、味覚って人それぞれだから。
(ちなみに彼は今居酒屋で調理をしてますよ♪)

でもたしかに、なんとも言えない味ながら、なんとなくもう一度は味わいたい不思議な魅力がありました。
私もその後数回スタンプでもらったかな?
でも今となってはその味は、かなり記憶のかなたで薄れております。

そして時は流れてほんの数年前、クリスマスの時期にドイツのクリスマスのイベントに出かけたときのこと。
http://hisuaki.blog31.fc2.com/blog-entry-1973.html
私はここの屋台で懐かしい文字を見つけたのです。

「リコリス…? 」

それはゴム紐をくるくる巻いたグミのような飴のようなものでした。
でも色はもちろんまっ黒。
買おうか買うまいかかなり悩んだのですが、冒険に700円はちと痛い…
だから後ろ髪を引かれつつその時は帰りました。

後程気になっていろいろ調べたら、やはりかなり癖のあるもののようで、
甘みはあれども、独特の薬臭さの後湧き上がる腐臭のようなにおいに、まずほとんどの人は吐き出すのだとか。
う~ん…
でもこれあちらの人は好んで食べるんでしょ?
味覚って不思議だね~。

とかいいながら、次の機会には、買ってみようかなと、思っている私がいます。
(=^^=)ゞ


と、ここまで書いておきながら…

実は前述の「花のリコリス」と、「食べるリコリス」は全く別物なんですよ!
花のリコリスを食べてもそのような味はしません。
というか、前述のようにヒガンバナの仲間なので、ほぼ全種種類有毒~♪
食べたらヘタすりゃ死んじゃうよ~!
👻👻👻

では食べる方のリコリスとは何かというと、
こちらはマメ科の植物で、近いのを日本ので言うと「カンゾウ(甘草)」。
これは日本でも古来からその甘味を利用するとともに、漢方薬としても用いられてきました。
だから、これを利用した薬を飲みと、なんとなくあのアイスのリコリスの風味を想像していただけるかと…
う~ん、一番身近だと、風邪薬の「改源」かな?
あれをより甘くして、まろやかなアイスにしたような感じ?
でもちょっとちゃうな~。

やっぱ、も一度食べてみたいな~。

(=^^=)ゞ


【ばんごはん】

間違って卵を買いすぎたので、消費(・∀・)消費!
CA392976_20130713113042.jpg
私はオムライスは好きではないですがオムレツは大好き!

コールスローサラダには、前日「ケンミンショー」で見た横浜のパン屋さんにならって海苔塩のポテチを砕いて入れました。
で、味はというと…

ま、ありやけど、無しでもええな…
やはりパンにはさむ方が合うのかも?


さて、例の青虫4兄弟は、早くも一匹目が蛹化!
s-CIMG8886.jpg
でも、変なところで蛹になったため、ただいま隔離の上安静にさせております。
後数日たって安定期に入ったら、割りばしに固定して羽化を待つ!
何とか蝶になっておくれよ!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hisuaki.blog31.fc2.com/tb.php/2456-f8613e12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ひす

Author:ひす
ようこそ!
私のプライバシーを覗いておくれ!
(/ω\)

「ひす画像BBS」ができました。
放出品やイベントのお知らせなどを掲載予定す。
また、各種ご連絡・ご相談もこちらまでお気軽に♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する