FC2ブログ

ひす日記BBS

日々の出来事や、連絡事項

2019-08

90周年!

いきなりですが…

今年で私のお店は創業90周年を迎えました。

とはいえ、当初から今の業種だったわけではなく、
一番最初は、義父のお父さんが仕出し屋さんとしてこの地にお店を開いたのが始まり。

これが今残る数少ない当時の写真。
s15-1940 c2
よく見ると店内で包丁を振る男性が見えますが、
これが義父の父かそれとも雇っていた若い衆かはわからないとのこと。

さすがに開業当時の写真は見当たらなかったので、こちらは昭和15年(1940)のものですが、
それでも十分昔なので、屋号の表記は右書きです。

s15-1940 yago
会席御料理魚岩

なんせ今からほぼ80年前の光景なので、今の商店街を知る人から見れば、
「え?ここどこ?」
てな感じでしょうね。
(ちなみに、右に写る通りが、今の商店街のメインのアーケードです。)

ちょうどこの当時義父はまだ9歳で幼いながらも店を手伝い、
配達などもせっせとこなしており、
その際配達先でたまにもらえた御褒美のお菓子がとても嬉しくて、
大喜びでうちに持ち帰るも、妹たちに全部食べられて非常に悲しかったとか…、

その後、義父の代になり業種を変更し肌着などを扱いだし、
そののち今に至る婦人服の販売へとなりました。

さて、ここで話は変わりますが…
先日お話ししていた「鯛の昆布〆」などの魚料理はもちろんのこと、
肉料理の際にも、私はスパッと切れて使いよいある包丁を愛用しております。

DSCN3743.jpg

そして、じつはその包丁こそ、かって仕出し屋時代に使われていた包丁なのですよ。
だから、もはや90周年の包丁ということになりますね。


というのも、ある時倉庫部屋を整理していた際、
さび付いた包丁を数丁見つけ、うち一本が刃欠けはあるものの良い感じだったので、
近所の硎ぎ師さんに出してみたところ、予想以上にきれいになって戻ってきたので、
以来愛用している次第なのです。

とはいえ、当初は「古い包丁だな…」とは思ったものの、
さほど年数など意識せず使っておりましたが、
この度、創業90周年であることを知り、
じゃあ、この包丁も90年以上…
というか明治の包丁やん!


と、あらためて気づき、ちょいと驚いてしまっていたのです。

しかしまあ、バイクやストーブ、とかく古いものが趣味の私ですが、
まさか、こういう日用品まで骨董を愛用していたとは…

聞いた話では、
「100年未満はビンテージ。100年以上はアンティーク。」
だそうですから、ただいまのところこの包丁はビンテージ。
でもあと10年たったらアンティークになるのかな?

なんとなく面白いな~。


で、実は…


他にも包丁が数丁あるのです。
DSCN3730.jpg
まあ、仕出し屋さんですから、用途に応じた包丁がそれぞれあるわけですから

錆びてはいるけど、触ると刃はまだしっかりしているので、
近いうちにこれらも研ぎに出そうかとか思っております。

そして出前用の盆には…
DSCN3732.jpg
「うお岩」と当時の屋号がしっかり♪








スポンサーサイト



 | HOME | 

 

プロフィール

ひす

Author:ひす
ようこそ!
私のプライバシーを覗いておくれ!
(/ω\)

「ひす画像BBS」ができました。
放出品やイベントのお知らせなどを掲載予定す。
また、各種ご連絡・ご相談もこちらまでお気軽に♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する