ひす日記BBS

日々の出来事や、連絡事項

2017-08

スウェーデン軍 カーバイトランタン (PRIMUS 1031・PUNKER 80)

IMG_7458.jpg
「ちょっと、待ってください検査します。」


IMG_7461_20170731105341528.jpg
「クンクンクンクン…」

IMG_7460.jpg
「はい、だいじょうぶ、OKですよ!」

というわけで、ぽち君が念入りにチェックしてくれたのがこれ。
IMG_7453.jpg
スウェーデン軍用 カーバイトランタン

タンクにはスエーデン軍のシンボルである3つの王冠、
『スリークラウン』が誇らしげに刻まれております。
IMG_7452.jpg

さて、前述のようにこれはカーバイトランタンなのですが、
なじみの無い方にはそれが一体どういうものかさっぱりだと思います。

ですので、簡単にその理屈を述べると…
燃料の元となるのはカーバイト(炭化カルシウム CaC2)。
それに水をかけると、化学反応で可燃性のアセチレンガス(C2H2)が発生するので、
それを燃やして灯りをとる。
(詳しくはこちらを、アセチレンランプ

ですので構造としては、下にカーバイト、上に水の入った二重タンク構造で、
明るさの調整は、下のタンクに落ちる水の量を調整することでガスの発生を調整し行います。

そのような単純な構造のため、昔はよくあちこちで使われておりました。
私自身子供の頃、夜釣りや夜店などでその灯りを目にし、その明るさにビックリしたものです。
なんせ、そのころ夜の灯りと言えばロウソクか、豆電球の懐中電灯くらいでしたから。

だから釣具屋さんで1000円前後で売っていたカーバイトランプ(ランタン)を眺めては、
いつかあれ買って、夜光らせて遊ぼう!とそう思っていたものでした。

ですがその後、よりお手軽で明るい照明がどんどん出てきたので、
カーバイトは時代遅れとなり、もはや釣具屋さんでもまず見かけることは無くなりました。

そういうこともあり、あの暗闇に優しく光るまばゆい光は、
釣りやお祭りの楽しい思い出と相まって、私の郷愁を誘うのですよ…

っと、話がずいぶん横にそれましたね。
すみません。(*^人^*)

さて、そういうことでその仕組みを頭に入れてから細部をご覧いただくと、

IMG_7451.jpg
タンクはクランプで固定されここで上下に分割されます。
下側の矢印が示すのは、カーバイトを入れる上限です。

分割するとこんな感じ。
IMG_7462.jpg
上のタンクからぽたぽたと水が落ちて、下のカーバイトに接触しガスが発生。
その後ガスはパイプを通じて上へ昇るので…

IMG_7467_201707311054598b7.jpg
窓を開けて点火

明るさの調整は落下させる水の量で調整します。
IMG_7457.jpg
左にあるのが調整ノブ。
これの引き具合で、タンクから落ちる水の量が変わるので、
それにより発生させるガス量を変え、明るさを調整できます。
(右は水タンクのキャップ)

ちなみに発生するアセチレンガスは、温泉のような臭いで、
また燃やすとススが発生するから室内使用には向きません。
(また使用後のカーバイトのカスは有害!)

なので、手持ちのこれらは実は未点灯。
(というか、未使用品だったので火を入れる踏ん切りがついていない!)

でも光らすとこんな感じ。
8522343ysj.jpg
(こちらはネットで拾った画像から。)

雰囲気いいよね~。


さて、このランタン実は今手もとに2台あるのです。
IMG_7441.jpg


全く一緒に見えますが、よく見ると実は製造は別会社。

PRIMUS 1031
IMG_7468.jpg

PUNKER 80
IMG_7470.jpg

このように、異なる企業が統一規格で品物を作るのは軍用品ではよくあること。
もしかしたら、ほかにも種類があるのかな?

IMG_7445.jpg


* なお、カーバイトはまだ市販されているのでしばらくは大丈夫そうです。
スポンサーサイト

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

ひす

Author:ひす
ようこそ!
私のプライバシーを覗いておくれ!
(/ω\)

「ひす画像BBS」ができました。
放出品やイベントのお知らせなどを掲載予定す。
また、各種ご連絡・ご相談もこちらまでお気軽に♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する