ひす日記BBS

日々の出来事や、連絡事項

2015-11

ジャンク復活 ~ロシア軍用ストーブR1~

もう1年ほど前に手元にきたものの、
状態が悪く部品取り用になっていた一台のストーブ。
IMG_1792.jpg
1970~80年代ごろのソ連(ロシア)の軍用ストーブ「R1」

御覧の通り、スエーデン製の名機OPTIMUS(オプティマス)8Rのコピーです。
(無論、以前ご紹介の同じくロシア製のツーリスト同様無許可。)

そういうわけで、構造自体は8Rと同じなので、
当初は豊富に出回っている8Rのパーツを流用しようかと思っておりましたが、
めんどくさいことに、各ネジ部のピッチが微妙に全部オリジナル!
だから、サイズは合いそうなのに取り付けることができない!
またこのストーブはややレアなので、簡単には部品が手に入らない。
(実は台湾製などほかにもこのような8Rなどのコピーがあるのですが、
それらもネジのピッチが独自のもので部品の流用がききません。)

だから修理が難しいと判断し、
結局は前述のように部品取りとして手元に置いていたのです。

ですがその後、いろいろなストーブを手掛けているうちに、
なんだか解決策が見えてきたので、今回復活にチャレンジしてみました。

では具体的に今回のストーブの問題点と対応策を見てみましょう。

問題個所はすべてバーナー部に集中しておりました。
①ニップル周辺
ニップルの穴が大きく拡大しており、大きな赤火になりまともに燃焼しない。
→以前の方法(↓)で絞って小さく加工。
「広がったニップルの穴(後編)」
バーナー部のニップルとの接合面に傷があり、そこから燃料が漏れる。
→以前(↓)のように接合面を整えようとしましたが、傷が深かったので、
パテとアルミワッシャーで面を整え、ニップルとの間に銅ワッシャーをかましました。
「なぜか炎上」
②チューリップ部分
ネジ部がもげており接点が面でなく線となるため、熱伝導が悪く、
時間とともに圧が低下し火力が落ちる。
→銅線でフュエルチューブに固定し、燃焼熱をつたわせる。
フレアプレートの足がもげ固定できない。
→ロウ付けで固定
③クリーニングニードルが欠品
ニードルとスピンドルについては8Rのものが流用可能
ですが、今回はとりあえずニードル無しのまま。

というわけで、それぞれ対処したのがこのような感じ。
IMG_0021.jpg

これで一度燃焼テスト。
IMG_1778.jpg
お~!いい感じではない?

実はこのR1は、どの個体も本家の8Rよりも火力が強いように思われるのです。
またケースにつくゴトク(サポート)も8rよりも太めでごつい!
このあたり、さすが軍用だなと思うものの、
半面真鍮部品については質が悪く、厚みも薄く薄くもろく、
またウイックも驚くほどの貧弱なガーゼ製だったりして、
やはり共産圏の品物か…
とも思ったり。

ですがおおむねよくできていると思います。

しかしその後ちょっとした問題が発覚。

その後再度テストを兼ねて、ケースに組み込みお湯を沸かしてみました。
IMG_1785.jpg
うんうん、火力も相当ありこれは実用可能だぞ!

その後さらに連続燃焼させ、バーナー部周辺が十部熱せられたところ辺りから、
時折シャックリの様に瞬間的な赤火が出てきはじめ、
その後消火しようと、ハンドルを回すと再度赤火が。

このあたりは動画で見ていただく方がわかりよいです。
(1:14からと、2:25あたりです)


またその後いったん消火し再度点火しようとプレヒートすると、
スピンドル根元とバーナー部下で赤火が起き、
一瞬バーナー部から勢いよく青火が出てすぐに消えます。
そしてその後点火すると、何事もなかったかのように普通に燃焼します。

これはおそらくニードルを入れていないからではないかと推測。

つまり、下図が今回のバーナー部の模式図。
R!.png
本来は右上の様にニードルが空間を占めておりますが、
ただいまその部分が空洞になっております。
だからその部分に入る燃料がニードルありの時に比べると多目になるため、
十分絶せられ圧が増したとき、燃料供給過多で定期的にしゃっくりしたり、
バルブを閉じ圧が下がった瞬間、赤火になるのではないかな。
(ウイックを貧弱なガーゼから綿にに交換したことも多少関係あるかな?)

また、再点火の際のプレヒート時の瞬間的な炎については、
バルブを閉じ燃料を断ち、消火しても、
先ほどの空間に燃え残った燃料が少し残るので、
プレヒートの炎でその残り燃料に点火し、燃え上がり燃え尽きるのでしょう。

ですから、この問題についてはニードルを挿入すれば恐らく解決しますし、
このままでも使用上は問題ないので、一応これで完成としました。

IMG_1793.jpg
というわけで、最後にハンドルに紛失防止のチェーンを取り付けて完成!

とはいえ、売り物にはできないので、
バイク仲間の陶芸家さん改め陶さんへのクリスマスプレゼントにしました。
なんせ、その名の通り陶芸家である彼なので、
火の扱いはお手の物♪

だから、こういう一癖あるストーブも安心してお譲りできるというもんです♪
ヽ(^∀^)ノ


というわけで、今回も無事作業完了!
また一台この世によみがえり元気に仕事をしてくれることとなりました。


ですが…
IMG_1794.jpg
こいつどうしよう…?

実はこれ、同じく8Rコピーの台湾製ストーブ。

ニップルとチューリップが欠品。
ですが、やはりネジ部のピッチが独特で、ほかのメーカーの流用がきかない。

さてどうする?

困ったな~。

といいつつも、
実は顔で笑っている私がいるんですよ♪

(=^^=)ゞ

スポンサーサイト

 | HOME |  »

FC2Ad

 

プロフィール

ひす

Author:ひす
ようこそ!
私のプライバシーを覗いておくれ!
(/ω\)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する