FC2ブログ

ひす日記BBS

日々の出来事や、連絡事項

2020-02

台風一過 あれ?吹き飛んだ?!

こんにちは。
今回の台風はすさまじかったですね。
幸いこちらにはほとんど被害は出ませんでしたが、
甚大な被害を被られた地域の方々には心よりお見舞い申し上げます。

さてさて、とはいえさすがに機能はわんこたちも散歩に出れるような天気ではなかったので、
今朝、一日ぶりに表に出れると大変ご機嫌。
特に台風の風でいろいろなものが飛んできていて、とっ散らかった地面には興味を引くものがたくさん!

DSCN4827.jpg
「なんか色々落ちてるね~。」
「風で飛んできたんやろうね。」



DSCN4828.jpg
「あ!大変!」
「どうしたん?」
「風でビルが吹き飛ばされてる!」
「ほんまや~!!」


というわけで前方に目をやると…

DSCN4831.jpg
いきなり現れた大きな空き地!

じつはここ、地元や以前この松に住まわれた方々ならお判りでしょうが、
大きな大きなパチンコ屋さんがあったのです。
(その前はサティ、私ら世代ならニチイの方がわかりよいですね。)

ですが、この春パチンコ屋さんが廃業したため、今度は新しくマンション予定地となり、
ひと夏かけて以前の建物の撤去作業が行われていたのです。

そしてこの秋、やっと作業が終わり、それに合わせて周囲を高く囲っていた防護壁も次第に取り除かれてゆき、
ただいまこのような感じで、見晴らしの良い景色が現れたのです。

DSCN4832.jpg
街中には珍しく広々とした青空が見える♪

そんなわけで駅前の一等地から巨大なパチンコ団地が消えたので、
中には、「人が減ってさみしくなった。」という声も聞こえたりはしますが、
個人的には、朝早くから夜遅くまで一日中目についた、
パチンコに通う中毒のようなガラの悪い人たちの姿が減ってせいせいしております。
確かに人出は減りましたが、そういう人たちの姿と同時に、
朝夕の散歩時に目につく様々なゴミや汚れもずいぶん減りましたから。

そんなわけで、最近この前を通るのも気持ちがよい。
で、今朝になってみると…

DSCN4834.jpg
「ん?」
「あれ?絵画?」


DSCN4833.jpg
「あ~!中が見えるんや!」

周囲をかこっている防護壁のところどころがこのように開けられて、
中の様子が見えるようになっておりました。

今はまだ以前の建物の基礎部分を取り除く工事が行われているようですが、
今後は新しい建物のための基礎工事が入るでしょうから、
見慣れない大型の重機が見れるかもしれないのでちょいと楽しみ。

そしてその後どのようなマンションが建つのか分かりませんが、
多くの新しい家族が住み着き、またにぎやかになってくれればなと、そう思っております。

緑のある前庭なんかができるとうれしいな~。
スポンサーサイト



自転車に乗って♪

DSCN4324.jpg
えっさ!ほいさつ!

昨晩はこんな感じで、自転車に機材を括り付け、
そしてギターを背負ってスタジオまで出かけておりました。
その距離約4キロ。

私はおおむね片道8キロまでならば、よほどの雨でもない限りこうして自転車で出かけます。
というのも、私はイラチ(せっかち)でずぼらというめんどくさい性格のため、
電車は駅で待つ時間と、乗っている時間、
この間じっとしているのがどうにもこうにも辛くてたまらない。
(ただ、普段いかない場所の場合は、こんな感じでそれなりに楽しめる。)
またバイクや車はヘルメットをかぶったりの身支度や、
そもそもその程度の距離のためにガレージから出すのがめんどくさい!

だから一番気軽手軽で、移動中も始終動き続ける自転車が一番性に合っているのです。
おまけにまた、自転車は身軽で気軽で機動力に溢れているので、
気分次第でちょいとした寄り道もできるうえ、ほとんど生身の移動ゆえ、
その日その日の空気やにおいを肌で感じることができるので、
移動が単なる移動でなく、散歩のような楽しみも少し出てきてくれ嬉しいのです。
そんなわけで、移動時間が無駄にならず、むしろ得した気分にすらなれてしまう!

だからそういう感じでペダルを踏み踏み走っていると、
いろんなことを考えることもできるし、気分がよければつい鼻歌も出る。

ほら、よく音楽聞きつつ大声で歌いながら自転車で走っている子いたりするでしょう?
さすがにあそこまでではないけれど、結構気分よく歌っているんで、
彼ら彼女らのそういう気持ちはよくわかる。


さて、そういうわけで、昨晩もバンドの練習を終え機嫌よく自転車をこぎ、
そして、「ふんふふ~ん♪」と、機嫌よく歌っていると、
目の前には赤信号と信号待ちの人の影。
さすがにそこで歌うほど厚かましくはないので口を閉じると、
耳に届くはリンリンリンと虫の声。
それは交差点の植え込みから聞こえてくる秋の虫たちの大合唱♪

なるほど、こういうのも電車やバイクでは気づけないよなと思いつつ、
以降は鼻歌をやめ虫の音を聴きながら家路につきました。

とは言うものの…

いやはや、まだまだ蒸し暑い!


耳にこそ秋の虫の音は届くものの、この感じはいまだに夏だ!
身軽・気楽はいいけれど、生身の自転車には暑さ寒さがやはりこたえます。
それでもやはり、私は年中自転車に乗って出かけるのです♪

ヽ(^∀^)ノ


え?
バンドの方はどうかって?

はい、ただいまいろいろ試しており、何とか形になりそうです。
そういうわけで、今年はさすがに無理でしょうが、
来年にはまたライブをやりたいと思いますから、
その節は皆さんどうぞよろしくお願いいたします。

(*^人^*)

たいふういっか

こんにちは。
今朝は台風一過でよい天気。
ですので、梅雨の空にも青空が♪

DSCN3642.jpg
「う~ん、気持ちいい~♪」

そういうわけで、雨上がりのお散歩を楽しんでいると…

 DSCN3592.jpg
「あ!レオくんや!」 「レオくんや~!」
「きょろきょろ…」


DSCN3590.jpg
「なにしてたん?」 「なにしてたん?」
「いや、ちょっと探し物をね。」


「なにさがしてたん?」 「なにさがしてたん?」
「えっとね、台風の子供?」

「台風の子供?」 「こども?」

「うん、今日たいふういっかってみんな言うてるやん?」
「うん、いうてる。」 「いうてる。」

「だから、それやったら、台風のおとうさんとおかあさんおるやん?」
「うん、いてるいてる。」 「いてる いてる。」

「それやったら子供もおるやん?」
「あ!おるね!」 「おるね!」

「でも、昨日は小さい台風来ぇへんかったから…」
「そうか!まだここらへんにおるんかも!」 「おるんかも!」

「ほんなら、探さなあかんやん?」
「なるほど!さがそう!」 「さがせ!さがせ!」


そこにその話を聞いていたチップさんが躍り出て…


「ここちゃいまっか?」
DSCN3591.jpg
「え~!そこ地面やで?」
「なんで?」 「なんで~?」


「だって、台風の芽ってよくいうやん?
だから、きっと台風って地面から生えてくるねんで!」」

「なるほど!」 「なるほど!」 「なるほど!」



というわけで、例にもれず私も小さい頃はずっと「台風一過」を「台風一家」と勘違いしておりました。
で、なんとなくお父さん台風とお母さん台風、そして子供台風を思い浮かべ、
「なんか、ほわんほわんやな~。」とか勝手にイメージしておりました。

で、おそらく今の子供たちもテレビなどでその言葉だけを聞くと、
「え?一家…?」
とか思っているんじゃないでしょうか?
その時、やはり私と同じくほわんほわんのイメージなのか?
でももしかしたら、中にはヤクザや、マフィアのような一家やファミリーを思い浮かべる子もいたりして…

まあ、迷惑さから言うとそっちのイメージのほうがあってるねんけどね♪

てなわけど、梅雨入りと同時にやってきた妙な台風でしたが、
幸いにも今回は何事の被害もなく通り過ぎてくれてよかった。
(G20も無事始まったことだし。)


ん?

皆さん神妙な顔をしてどうしたん?

DSCN3643.jpg
「あの台風が、最後のひとつだとは思えない。」
「また、近所のどこかへあらわれてくるかも知れない・・・」


そう、まだ夏は始まったばかりだから台風も次々とやってきます。
今年はもう昨年一昨年のような被害が出ないことを心から祈りつつ、
我々はお散歩を続けたのでした。


どんだけ親孝行?!

ここのところずっと近所のシャッタ-にある貼り紙。

DSCN3093.jpg

実はここ、今年できたばかりの中華屋さんで、
私も5月の頭に美味しいランチをいただいたお店であります。

DSCN2952.jpg

実はこの日の午後から旅行に出るのだとお話はお伺いしていたのですが、
6月に入った今もまだこの貼り紙はそのままで、もちろんお店も閉めたまま。

こうなると、「本当に旅行なのか…?」と少し勘ぐってしまいそうですが、
実は、開店当初から、


「ただいま食材を調達しに国(中国)に戻っておりますので、
しばらくお待ちください。」


とあり、結構長くシャッターが下りていたり、
またさらに言うと、開店以前、つまり工事が終わりお店の形が出来上がってからも、
すぐに開店せず半年ばかり、あれこれ準備をしていたりと、どうも商売っ気があまり見えない。

だから今回も、おそらく貼り紙通りのことなのだとは思うのですが…

ちょいと長すぎない?
いったいどこまで旅行に出ているの?
もしかしたら世界一周?

そうこう言っているうちに、先月の母に日に続き来週の16日日曜日ははやくも父の日でしょ?
で、くだんの中華屋さんは今朝もシャッターは下りたまま…

もしかしたら、父の日またいでまだ休む気かも?
貼り紙にも、「両親を連れて旅行に行く」って書いてあったもんね。

とかく中国は親を大切にする儒教の国とは聞いているけれど、
いやほんと、大陸だけにスケールがでかいなと、
この貼り紙を目にするたびそう思うのです。

さてさて…
そういうわけでもうすぐ父の日。
母の日比べるととかく影の薄いこの日。
でも、うっかり忘れでもしたら押しなべて世の父親というものはすぐすねるので、
皆さんどうぞお忘れなく。

さて、わたしもまた何か見繕わねば。
お酒は体に悪し、歯も悪くなってきているし…
いったい何にしようか?


*追記*

件の中華屋さんのシャッターに、先日もう一枚貼り紙が増えておりました。
そこにはこのような内容が…

「すみません、もうしばらくだけ休ませていただきます。」


やはり父の日またいで両親ともどもじっくり親孝行する気なのか?!

こいの季節 2019

今年もまたこの季節。
毎年春になると、近所の川が産卵に来た大きな鯉で、
文字通りあふれかえるのです。

ちなみに、過去の記事はこのような感じ。
2014201520172018
(ときにはこういう番外編も…)

ですので、私も春になるとそれが楽しみで
「もうそろそろかな~?」
と、散歩の際に川をのぞき込むのです。

とはいうものの、実はのぞき込まなくとも、通りかかるだけですぐにわかるのです。
というのも、この川はかなり水深が浅いので、
産卵に来る大型の鯉の場合だと、ほぼ背中が水面から出てしまうほどなので、
それらが大量に上ってくるとそれだけで、「バチャバチャ!」と大きな音がするから。

今回もまさにそんな感じで、
覗き込んだ時には、なんだか網にかかった大漁風景のような感じ。

DSCN2617.jpg


動画はこちら



なぜにこの川はここまで水深が浅いのか?

じつは、ただいまのこの川の水源は、市の下水処理場から流れてくる浄化済みの処理水。
昔は、上流に水源となる大きな池があったのですが、
とある大きな河川改修工事(有名な江戸時代のこれね)でその池が3分の1ほどになってしまい、
さらにその後、埋め立てなどで徐々に小さくなり、
また周辺の水田も宅地に代わっていく中で、そこから延びていた水路も暗渠や下水路となり、
そして池自身も1960年代(昭和30年代)には完全に埋め立てられなくなってしまったのです。

とはいえ、その池から延びていた川の中でも全長の長いこの川は、
都市の治水上重要な位置を占めることから一級河川に指定され、
随時改修工事が続けられ、今では結構な河床断面を持つ川となっておりました。
ですので、そこに水が流れないと、今度は悪臭など衛生面での問題が起こるので、
前述のように、わざわざ水を引き回して流れを作っているとのこと。

でもそのおかげで、こうして鯉がやってくるだけでなく、
その他の生き物(魚、亀、野鳥)なども来るようになったので、
結構にぎやかで楽しい川になってくれております。

CA393340.jpg
「サギにあいました」。より。

こういうサギはいいですが詐欺や泥棒などそういう輩も多い街ですから、
時折、ここに盗品を捨てていく不届き者もいる(「盗品発見!」)ので、
そういう意味でのにぎやかさはいらんのですよね~。
そんな輩は見つけ次第即刻、「島流し」ならぬ「川流しの刑」に処してやればよいよね。


 | HOME |  »

 

プロフィール

ひす

Author:ひす
ようこそ!
私のプライバシーを覗いておくれ!
(/ω\)

「ひす画像BBS」ができました。
放出品やイベントのお知らせなどを掲載予定す。
また、各種ご連絡・ご相談もこちらまでお気軽に♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する