FC2ブログ

ひす日記BBS

日々の出来事や、連絡事項

2021-04

超簡単 ニラ丼

DSCN4239.jpg
「くんくんくん」
「ふんふんふん」


春になるとこんな感じで道々に花が咲き乱れます。
中でも最近あちらこちらで目にすることが多くなったこの花などは、
なんだかもう野草の様な貫禄で咲いております。

DSCN4238.jpg
「なんだか臭うッピ!」

それもそのはず、この花の名は…

DSCN4236.jpg
ハナニラ

可愛らしい花ですが、あの野菜のニラと同じ亜科で、
試しに葉をつまむと、その香りはまさにニラそのもの。
(引っこ抜いた球根もニラにそっくり。)

だから、
「これ食べれるのなら、毎日積めばよいから便利だな…」
と、毎回散歩時に見かけてはそう思うのであります。
実際、今の時期出回る山菜の「ギョウジャニンニク(ヤマビル)」などは、
結構もてはやされておりますが、風味は結構ニラっぽい。
だから、ハナニラが食べれるのなら、
期間限定の行者ニンニクに代わって、手近な人気者になれるんじゃない?

そんなことを考えていたので、この日は冷蔵庫にあったニラで夕飯を作ることに。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さて、このニラですが、ねぎやニンニクと共に本当に優れた食材。
大抵どんな素材と組み合わせても美味しくなるし、
脇役はもちろん時にはメインを張ることもできる。
ただ、後者に比べると、ニラはやや自己主張が激しすぎ、
さりげなく隠し味に徹するkとは出来ず、
どう調理しても、「ああ、ニラだね。」とその存在を隠しきれない。

ですが、時間も食材もないときには、その強烈な個性というか存在感が本当に助かる!
肉野菜、どんな素材でも自分お世界に引き込んでくれるから安定しているし、
何なら、単体で一品になるほど力強い!
ですので、私は買い物の際、とりあえずニラは一把買い物かごに放り込むのです。

そんなわけで、今日はにらを使った超簡単な丼物をご紹介。

IMG_4889_2021040811184753b.jpg

【材料など】
ニラ1把、ニンジン少々(あれば)、ひき肉(豚か合い挽き)100g、塩コショウ

①ニラは洗った後水気を切り3センチほどにカット。ニンジンは千切り。
②フライパンを熱しひき肉を入れ弱火で油分が出るまで加熱。
③ニンジンを入れ全体に熱が回ったら塩コショウ、やや強火にしてニラを投入。
④ニラに火が、というか油が回ったら醤油を少しかけ回し火からおろす。
(ニラは予熱で十分火が通ります)
⑤なお、卵黄を真中に乗っけると見栄えもよろしい♪

そのままつまんでもいいし、ご飯に乗っけて丼にしてもうまし!

なおこれは基本の形で、カレー風味にしても美味しいし、
料理酒と、みりん、砂糖で甘めにしても美味しい!
オイスターソースとゴマ油少々で中華風にしてもいける!

ほんの5分もあればできるので、ずぼらしたいときにはお勧めなのであります。
(丼は洗いものも数少なくて済むから楽でいいものね♪)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、そういうわけで、ニラ丼で満足できた私はもう道端のハナニラには食指が働かない。

だってね…

ハナニラは有毒で食べちゃいけないから~!

お腹イタタでピー!になりますよ。

ちなみに、その毒は「リコリン」というアルカロイドで、
あのヒガンバナやスイセンと同じ毒成分というから、かなり強烈で恐ろしい!
加熱しても毒性は変わらないし、水溶性だからうっかり鍋にでも入れたら、本体を食べなくとも中毒に。

だから絶対口にしないようにしてくださいね。

DSCN4237.jpg
「食べるなキケンやさかいに!」

スポンサーサイト



近頃、もっぱらこのポトフです

春は新じゃがや春キャベツが美味しいよね~♪

そう言うわけで、私は近頃こういうものをよく作ります。

DSCN3997.jpg
大きめ野菜のポトフ

もともとは、以前ネットで知ったレシピ。
それをもっと、簡単バージョンにして作っております。

それまではのは、もっと汁気の多いこういうもの。

CA394332_2014120310404874a.jpg

ですが、それよりもおいしくて、しかも簡単&短時間!
材料も調味料もほぼ同じなのにね。

作り方はざっくりいうとこんな感じ。
(本来のレシピは末尾に動画を貼り付けておきますので、そちらをご覧ください。)

【材料など】 3人前 キャベツ1/2  ニンジン1本 ジャガイモ1こ 玉ねぎ小2個 ベーコン(ソーセージ)
顆粒コンソメ、塩コショウ、マーガリン、バター

①野菜は全部大きめざく切り。じゃがいもは皮つきで、キャベツとタマネギは芯を残す。
②フライパンでマーガリンを溶かし、各野菜に焼き色、というか焦げ目をつけ別皿へ。
③ベーコンを焼き色が付くまで炒めたら②の野菜を戻しひたひたになるまで水を入れる。
③お湯が沸いたら顆粒コンソメを適量入れふたをして中火で10分。
④途中味を見て必要なら塩コショウ。
⑤ジャガイモに火が通タラ、バターを入れて、火を消したのちフタして3分。

出来上がり~♪ 

粗挽き黒コショウがよく合うよ!ヽ(^∀^)ノ

この方法だと、料理にかかっておおよそ15分もあれば食べ始めれるので、
時間がなく忙しいとき(ジムのある日とか)など非常に助かる!


そんなわけで、美味しいキャベツが安く手に入る時期は、ヘビーローテーションになりそうです。




意外な方に人気でした ~タイの子~

DSCN3887.jpg

先日久々にタイの子を炊きました。
本当はマグロが欲しくて魚屋さんに行ったのですが、
「頼むわぁ~!タイの子買って~!」
と泣きつかれたので買ったのです。

ですので、本来ならば、マグロの短冊を切って皿に盛りそれで夕飯完了の予定でしたが、
その前にこうして炊くこととなったのです。

とはいえ、非常にずぼらなやり方なのでそんなに手間はかかりません。
だし汁に、醤油、酒、みりんを加え、後は「少し甘すぎか?」とそう思う程度の砂糖を入れ火にかけ、
煮立ったらば、カットしたタイの子をそっと投入し、そのまま10分煮立たせたまま、
適宜アクをすくい取り後は自然に冷めるのを待つだけ。

だから調理としては簡単で、そんでもっておいしい一品追加できるなら儲けもの?

さて、そういうわけで無事出来上がり、
「あ~、これでビールでもあればな…」
とそう思いながらご飯と一緒に食べていると、

IMG_3758_2021032415242227c.jpg
「くださいな♪」

すごく期待した目でニコニコチップさんが現れました。

この子はとても野菜好きdえ、普段はキャベツやニンジンをカットしていると、
その音を聞きつけやってきてはねだるので、其の都度少し上げているのですが、
今回はそういうものは何もないし、第一包丁などいじっていない。

でも、ものすごく期待しているので、

「今はあんたの期待しているものないよ、
ほれ、今食べているのはこんなやつ。」

そう言ってタイの子を鼻先につきだすと。

DSCN3907.jpg
「パクッ!おいしい~!」

あれまあ!食べちゃった!

そんでもって更に期待に満ちた目でこちらを見つめます。
え?もしかしてこれが欲しかったの?

そういや、調理にかかる前まえ、パックに入ったタイの子をシンク付近に置いていたらば、
ゆきのが伸びあがり執拗に匂いをかいておりました。
もしかしてこれの匂いってわんこにとってとても魅力的なの?

そういうわけで、結局その熱い視線に耐えきれず、
なるべく味を抜いたタイの子をチップさんに献上いたしました。

いやはや、タイの子は奥さんの好物であることは知っていたけど、
意外な方も大好きだったのだよな~。

今度は味付けせずに炊いてやろうか?

*ちなみに、タイの子は実は鯛ではなくタラの子なんですよね~。
だから昔は「鯛の子」と都書いて売っていたいたのに、
今では「タイの子」と表記するようになりました。

料理するものの特権

昨日はひさしぶりに焼きめしを作りました。

IMG_4668.jpg

というのも、先日ジムで昔私がバイトをしていた中華屋さんの話になり、
「あそこの焼き飯が美味しかった!また食べたい。」という話になったので、
じゃあ、台所借してくれたら作りに行きますよ、とかそういう話になっていたんです。
(簡単な作り方はこちらに)
で、そういう私自身も久しぶりに食べたくなったので作ってみたというわけ。

とはいうものの、思うとあまり家では焼き飯を作らない。
それは「後片付けが面倒だから。」とよくそういってはいますが、
昨日作り終えかたずけをしてみると、実はそんなにめんどくさくもない。
あれ?じゃあ一体何がめんどくさかったんだろう?

しばし考えて思い当たった!

そうだ!
こいつは一人前ずつ作らなあかんからや!


そう普段の料理なら、家族の分をまとめて調理できるのですが、
焼きめしについては、美味しく作ろうとするとどうしても一人前ずつ。
まとめて作ると絶対に、中華の焼き飯(チャーハン)ではなく、おうちの焼き飯になってしまう。
だって、うちのコンロでは火力が足りないから。

そういうわけで、普段は一気に調理して終われるところを、
繰り返し作らねばならないから、「めんどくさい」と感じていたんですね。
なるほど、これには自分でも今まで気が付いていなかった…

でも不思議なもので、そうと分かると、と単位焼きめしづくりがめんどくさく感じなくなってきたので、
また近いうちに作ろうかな~♪
とそう思えるようになっていたのでした。
ほんと、人の行動なんて全くほんとに気分次第ですね。
(=^^=)ゞ

さてさて、とは言うもののやはり焼きめしを作ったあとは、
コンロに飛んだ油やご飯粒などの掃除をはじめ後始末はそれなりにあるわけで、
それならせめて洗い物を減らそうと、自分の分はお皿によそわず鍋から直食い!

IMG_4671_2021022810132333c.jpg
お!これは予想外にうまい!

そう、アツアツ鍋から直接食べるので、ご飯粒は加熱され続けいよいよパラパラで香ばしく、
途中で垂らすソースやしょうゆもいい感じで焦げ付いてさらにうまし!

うんうん、これは鍋餃子ならぬ鍋チャーハンや!
と、大喜びで一気食い。

でもこれって、考えてみればつまみ食い同様料理するものだけの特権ですよね。
出されたものを食べるだけの人には絶対味わえない美味しさ!

てなわけで、ささやかな優越感に浸りながら、
「うん、近いうち絶対また作って食べよう♪」
と、そう思いつつお鍋を洗う私なのでありました。

(=^^=)ゞ

ちなみに、中華鍋をはじめ鉄製のフライパンなどは、
洗った後、毎回キッチリ油引きし空焼きしておくととても気持ちの良い鍋に育ちます。

IMG_4672_20210228101325831.jpg

うちのこいつでもう30年ほど。
こうなると、愛着も沸いて文字通りの一生もんとなりますよ。



そうそう、今回「焼きめし」、「チャーハン」とごっちゃの表記にしておりますが、
じつはその使い分けは気分であります。
ですが実は、この二つにはキッチリした違いがあるとのこと。
みなさん、お分かり?

所説あるそうですが、
最初にご飯を入れ後に玉子を入れるのが焼き飯で、
最初に玉子を入れ、後にご飯を入れるのがチャーハンとのこと。

う~ん、そういわれればそんな気もするけど、
やっぱ、個人的には、油タップリで強火力…
というか、気合で一気に作るのがチャーハンで、
具材や味付けに凝ってきっちり作るのが焼き飯って気がするな~。


あまり食べないけど最近作る ~スペアリブ~

美味しいことは美味しいのだけども、あまりそう作らない肉料理。
それがスペアリブ。

というのも、仕込みと調理に時間がかかるから、
閉店後家に帰り、留守番わんこたちの世話を終えそれから調理に入る身にとっては、
中々に縁遠いメニューなのです。
だって、毎回夕飯にかけれる時間平均で30分以内だから。

それともう一つ作らない理由は食べづらいから。
実はうちの家族は元来肉が大好きというわけはなく、おまけにホルモン系が苦手。
だから普段使うお肉も普通は赤身かバラ肉。
でも、スペアリブって、思いっきり肉肉しいでしょう?
なんてったって骨付きだから、軟骨や血管もそこそこにある。

そんなわけで、今まであまり調理してこなかったスペアリブなんですが、
今週は二回も食卓に登場しております。

DSCN3331_20210125100710f0a.jpg
なぜ?


ひとつは簡単な調理法(下記参照)に気づき調理時間を短縮できたのと、
もう一つは食べる際骨からきれいに切り分け食べやすくしたこと。

でも実は、本当の理由はそういうものではなく、
肉をそいだ骨を取り出しガスオーブンでこんがりじっくり焼き上げて…

DSCN3333.jpg
そう!この骨が欲しかったのです!

はい、そうです。
ご推察の通り、これらはすべて、
うちのわんこたちのおもちゃ代わり!

以前市販のラムのあばら骨を与えてみたら大喜びでバキバキかじっていたので、
どうせならもっとかじりがいのある骨を与えてやりたいと思たわけ。
すると案の定まだ歯の丈夫な子たちは大喜びで骨をかじるし、
もう、歯のないシニアさんたちは、小さくカットした軟骨などを大喜びでパクパク!

特に元気溢れていたずらばかりしている凸凹コンビにこれを与えると、
「うわぁぁぁ~♪」
と、夢中になってかじり出し、文字通り骨の髄までしゃぶりつくします。
だから、その間はおとなしくなって大助かり。

また食べづらいお肉の部位も、取り分けて小さく刻めば歯のないわんこも大喜び!
だから、捨てるところなくすべて奇麗に消費できてうれしい限り♪

そういや、以前小さい小さいモコにカットした骨を手に持ちしゃぶらせていたら、
「あぐあぐ!」と一機にかぶりつき飲み込んでしまって、
その後ひやひやしながら、毎日うんちチェックしたもんです。
(その後無事出てきました。)

そんなことも思いだしながら、骨を手にわんこともどもニコニコしております。


凸凹コンビの凸

DSCN3336.jpg
「わぁ~い骨やぁ~!」

DSCN3337.jpg
「ぱくっ!」

DSCN3338.jpg
「よいしょ、よいしょと…」

DSCN3339.jpg
「ここに隠れて食べるねん♪」

一方こちらは凹


IMG_4422.jpg
「ガブッ!」


IMG_4423_20210127165329042.jpg
「ガリガリぼりぼり…」


IMG_4428.jpg
「うまぁ~♪」

何とも豪快!

【簡単スペアリブ】

・仕込み
表面に市販のたれをかけ、全体に馴染ますようにしたのちラップで包んで冷蔵庫で保存。
調理前日でもいいけど、3日ほど寝かすとなおよし。
・調理
①フライパンに並べてから火にかけ、ふたをしてごく弱火で10分。
②お肉をひっくり返してさらに10分。
③ポン酢、酒をかけ回し、ふたをして中火で5分。
④みりんをかけ回し、ふたして中火で5分。(甘口好きならここで砂糖やはちみつも)
⑤ふたを取り焦がさぬよう注意しつつたれを煮詰めつつ強火で仕上げる。
出来上がり♪ヽ(^∀^)ノ

この作り方だと、最初の20分間は火のそばを離れることができるので、
その間、わんこの世話とか、わんこ部屋の掃除とか、ほかの用事ができ助かる!

なお、たれは少し多めに作り、残った分を容器で保存しておくと、
後日豚丼や生姜焼きに転用でき便利!

そうそう付け合わせには…

DSCN3332.jpg
最近ハマっているディルがおすすめ!

独特の香味がしつこい肉料理によく合うのですよ♪

 | HOME |  »

 

プロフィール

ひす

Author:ひす
ようこそ!
私のプライバシーを覗いておくれ!
(/ω\)

「ひす画像BBS」ができました。
放出品やイベントのお知らせなどを掲載予定す。
また、各種ご連絡・ご相談もこちらまでお気軽に♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する