ひす日記BBS

日々の出来事や、連絡事項

2018-04

鯛づくし ~昆布〆め~

「にいちゃん助けて~!」

と、なんだか聞き慣れた声に魚屋さんの前で立ち止まり、
「今日は何?」
と尋ねると、この日は鯛!

鯛か~。
としばし思案。
というのも、以前私は鯛のお造りは苦手で食べれなかったのですが、
今年に入り、同様に売れ残ったお刺身を買ったら、意外にも美味しく食べることができたので、
案外いけるようになったのかと思っていた矢先だったから。
そこで、「どれくらいあるの?」と聞いてみると、
「こんだけ!」
見れば、見事なサイズの尾頭付きの鯛が、
片側の半身(腹側)だけがない状態で、ほぼ一匹。
お値段はお買い得だったけど食べきれるかな~?
すると、お店の奥さんが「残りは昆布〆めにするとええよ。」と。
なるほど…

そう聞くと試したくなったので買って帰ったのでありました。

で、まずその日は普通にお造りと、アラ煮に♪
CA395772.jpg
うん、これはこれで美味しく家族にも大好評♪

そして残りは昆布でくるんで冷蔵庫で3日間ほど寝かせたのち
薄くそぐように切ってお皿へ。
CA395775_2018030812163785b.jpg
せっかくなんで、使用済みの昆布で撮っただしを使ってお茶漬けにも♪

で、結果はといいますと…

(・∀・)うまい!

昆布に水分を吸い取られ、反対に昆布の旨みは見に移して、
旨みマシマシ状態!
ちなみに、塩もしょうゆも不要なほどの濃厚さで、
食感もねっとりと生ハムのようになっており、
わたしゃ絶対刺身よりこっちがいい!


そんな感じなんで、お茶漬けもむろん美味しかったのですが、
これはややもったいない。
やはり一切れづつ味わう方が絶対に良い!

こりゃいかん!
この味を知ってしまったら、次から魚屋さんの前を素通りできなくなってしまう!
また売れ残りがあるかどうか、夕方近くに見に行こう!

(=^^=)ゞ
スポンサーサイト

オレンジピール チョコ

美味しいな~♪
IMG_1171.jpg

私が大喜びで食べているのは、
56君の奥さんが愛情込めて作ってくれたオレンジピールチョコ。
これ大好物なんだけど、ちゃんとしたのはあまり売っていないから、とてもうれしい!
(市販だとロイズかな?)

実はこの前にもオレンジピールをいただいており、
言っていなかったのによくこれが好きだと知ってはったなと思っていたら、
今度は、再度こうして作って持ってきてくれたってわけで、
本当に、どうにもこうにも、
ありがとうございます。(*^人^*)

で、聞けばたまたま八朔(ハッサク)の皮がたくさん手に入ったので作ったとのことだったので、
それならと、私も自分で作ってみることにしました。

というのも、幸い今の時期お隣の八百屋さんからいろいろいただけるから、
柑橘類はいろんな種類が売るほどあるのですよ。
で、今回はその中から大きく分厚い文旦(ブンタン=ザボン)の皮をチョイス。

まずは皮を4つに開き、裏側の白いワタをざっとこそいで熱湯で10分煮るのを三回。
(苦味が苦にならないなら、煮るのは一回でも多分大丈夫。)
その後、再度白いワタを適当にこそいで除き、食べやすいサイズにカット。
手鍋に入れ、ヒタヒタの水とたっぷりの砂糖を放り込み、弱火で焦がさぬよう火にかけます。
水分があらかた飛んだら、お皿に移し、レンジで数分チン♪

CA395764_20180303152756fb6.jpg

その後100度のオーブンで20分ほど乾燥させれば…

CA395767_20180303152758e23.jpg
はい出来上がり。

というわけで、このままでも美味しいのですが、
やはりここまで来たらもうひと手間♪

チョコレートを湯せんにかけて、ピールをひとかけづつコーティング。
IMG_1311_20180307095751cae.jpg
そして冷蔵庫で冷やせば…

IMG_1312.jpg
できがり!ヽ(^∀^)ノ

ピールを少し苦みが残るように作ったんで、
チョコよりもホワイトチョコの方が良く合います。
(チョココーティングするなら、ピールはあまり乾燥させずジューシーなのもいいかも?)


56君の奥さん、良いアイディアありがとうございました。
(*^人^*)



ちなみにこちらの夕飯のおかずも、
やはり56君の奥さんに教えてもらったお料理。

CA395766.jpg

煮豚?焼き豚?
この時これね。)

今回は野菜くずよりも果物くず(主にリンゴ)が多かったので、
甘い味付けになりました。

塩分控えめなんでわんこ達も狂喜乱舞!

*簡単な作り方*
豚バラブロックを強火で焼き目を付ける。
いったん肉を取り除き、野菜くずを敷きその上に置く。
ふたして強火で、汁が出てきたら、しょうゆ、みりんを加え、
再度ふたをして強火から中火で1時間!
多少焦げ付いても気にしない!

野菜くずは適当でいいけど、玉ねぎ一個とショウガひとかけは必須。
今回のようにリンゴやナシなど果物を入れると柔らかく甘くておいしい!

野菜が高いとお嘆きですか?

今年の冬は、とにかく野菜特に葉っぱものが高い!
最近は少し落ち着いてきましたが、先々週の寒波の時など、
高いところでは、キャベツも白菜も一玉900円前後だったとか。
まあ、こちらはそれほどでは無いにしろ、それでも500円前後の値が付いている時もありました。
(最近ではすこし落ち着き、昨日は白菜、キャベツとも200円~350円でした)

とはいえこれは仕方がないことですよね。
なんせ野菜は自然からの頂き物だから、出来が悪い時はどうしようもない。
むろんその間農家の方々は、いつも通り、
いやいつも以上に頑張っておられるわけだから、
その労働対価からすれば、商品としての野菜の価格も高騰して当たり前。
だから私たちも、そういう時は
「そういうもんだ。」
と割り切らねばいけないはず。
だって、反対に野菜が豊作で安くなっても、
「安いからいつもの倍買って、いつもの倍食べよう!」
そういう人はまず多くないはずだから。

とはいえ、さすがに高級品となった葉っぱものをバンバン消費するのは気が引ける。
ですから買うのは必要最小限、小さいのを一玉買って、ちびちび使っていたりするのです。
でも同じ野菜でも根菜類などはそう価格が上がるわけでもなく、
いつもとそう変わらない値段で安定してくれているから、
今の時期はそういうものをバンバン食べる方がいいと思いません?
特に今の時期だと、暖かい汁物や煮物が調度嬉しいですから。

そういうわけで、最近はニンジン、子芋、大根、カブラ、ゴボウ、レンコンなどなど。
根っこばかりを食べております
(特に、大根カブラは青々とした葉っぱが付いて来るのでお得!)

で、今の季節の根菜類は、煮ればすぐ柔らかくなるし、
これがまた美味しいのはいいのだけれど…

いや~、なんか根菜類ってすぐお腹いっぱいになりません?
特にそういうものをたくさん入れた汁物など、
それだけでもうごちそうさま状態になっちゃうんですよ。

だからそういう時はどうしたらいいと思います?
ご飯を残す?
いやいや、
ここはやはりちょいと休憩。
一息入れたら、きっとお腹も落ち着くはず。
そう、根菜類だけに根っ子ろがって一休みすれば♪

え?
字が違う?
まあまあ、煮こんだ根菜類の話なんで…

かたいことは言いっこなしで♪

(=^^=)ゞ



CA395730.jpg
この日は豚汁。

最近私は豚汁の出しを気分によって変えております。
基本はかつおだしですが、
たまに、ブイヨンや鶏ガラベースにしても結構おいしいですよ。
一度お試しあれ♪

ネギご飯

はたしてこれを料理と呼んでいいものかどうか…

ある日私は街に出て、そして屋台のたこ焼きを食べておりました。
それはよくあるソースと青のりの振ったものではなく、
素焼きに、ごま油を垂らし、塩を振って、その上に青ネギを山ほど乗っけたもの。

実は私はこの食べ方が大好きで、
たこ焼きを食べる時はたいていそうするのです。

で、またある日のこと。
バタバタと忙しく夕飯を取らないままバンドの練習に向かった私は、
帰り道晩ごはん代わりにネギ盛りたこ焼きを食べようとウキウキしながら自転車をこいでいたのです。
ですが、あいにく時間が遅かったため、お店はもう閉まっていて食べられない!

だから大人しく家に帰ったものの、どうしてもあの味が諦めきれない。
とはいえ、ない袖は振れぬし、無いたこ焼きは食べれぬ!
素直に諦めお茶椀いご飯をよそったときに思いついた。

たこ焼きもご飯も炭水化物じゃね?

そこで、ほかほかご飯にごま油を垂らし、そこに青ネギを盛って、
仕上にアジシオをパラパラ♪

CA395700_20171216095838fb4.jpg
ネ~ギ~ご~は~ん~♪

というわけで、勢いよくかっ込んだら、これがまた美味しい!
むろんたこ焼きのそれとは全く違いますが、
こちらにはこちらの美味しさが~!

そういうわけで、思わずおかわりしてしまい、
さらに翌日、普通におかずを作りながらもまたもやネギご飯を!

ヤバイ!
これくせになる!

というか、ご飯を盛る前に軽くフライパンにごま油を垂らして、
そこで五平餅の様に焦げ目がつくまで焼いてからネギを盛るともっと美味い!

そんなわけで、冷蔵庫のネギを使い切るまで連日食べてしまったので、
わたしはその間かなりネギ臭かったと思います。

以前はベランダでネギを育てていたけれど、
今もそれを続けていたらと思うと…

あ~、エンドレスで怖い!

(=^^=)ゞ

居酒屋の楽しみ

わたしは普段呑みに出ることはもちろん、
外食も稀な方なのですが、
だからこそたまの外食は結構な楽しみなわけであるのです。

特に数人で居酒屋へ行った時などは、
時分では頼まないような料理を誰かが頼むので、
「お!こういう食べ方があったのか!」
と目から鱗の時が結構あるのです。

で、後日それをアレンジして家で作ったりとかが結構楽しいので、
そういう意味では、私にとって居酒屋は、
あるいみ料理学校的な意味合いもあるのですよ。

無論居酒屋以外のお店でもそういう事はあるかもしれませんが、
やはり、メニューの数の多さとそのユニークさ、多様性は、
ほかのお店より一歩リードしている感じがありますね。

また、たいてい私が行くようなレベルのお店だと、
特に凝った調理法や、高級な素材を使用するではないというのがまた良い!
普通にある食材を、ちょちょいと手早く調理して出来上がる。
そういうメニューが結構多い。
(なんというか、この点が駄菓子チック♪)
だからこそ、家に帰ってもある程度再現することができるのですよ。

そういうわけで、つい先日もそんな感じのおかずを家で作りました。


材料は山芋。

いつもうちの倉庫前で店を出す八百屋の兄ちゃんが持て来ていたので、
1本買ってみたのです。
普段ならば、半分は棚ザクにしてポン酢和え、
残りは普通にすりおろしてとろろ汁にするのですが、
この日はとても寒かったので、そういう気分ではなく…

さて、どうしよう?

ん?

そういや、こないだの忘年会の時、
隣のテーブルのおっちゃんが食べていたな、
「山芋の揚げもの」
確かあれは、棒状に切った山芋を海苔で巻いて揚げていたな。

今まで山芋を加熱するという考えがなかったけれど、
たまに串カツで食べると美味しいからそれもありか。

じゃ、今回の山芋は揚げてみる?

でも揚げ物はちょいめんどくさいし…

そこで、ほかに作る気になっていたトン汁のことを思い出したので、
そうだ!この豚バラを使って♪

というわけでこういうのができました。

おかず
山芋の豚バラ炒め

豚バラを油が出尽くすまでじっくり炒めたのち肉を引き上げ、
残った油で山芋の短冊を強火で手早く焼き色を付け、
頃合いを見て肉を放り込み、塩コショウで最低限の味付け。

で、食べてみるとこれが結構おいしい!

焼き面が、もっちりねっとりしながらも、山芋独特のサクッとした歯ごたえがどこかに残る!
また過熱した分山芋の風味と甘さが増している!
(豚肉の代わりにおベーコンでもよさそうな気もするけれど、
それだと山芋の風味がベーコンに負けそうな気がするね。)

よし!次回からこれは山芋料理の定番にしよう!

んでもって次回時間に余裕があればぜひ揚げ物に。
そん時は、「揚げ出し山芋」なんていいかもしんないな~♪


と、こんな感じで、居酒屋に行くと後々まで結構楽しめることがあるので、
わたしはやっぱ居酒屋へ行きたくなるのです。

(=^^=)ゞ

 | HOME |  »

FC2Ad

 

プロフィール

ひす

Author:ひす
ようこそ!
私のプライバシーを覗いておくれ!
(/ω\)

「ひす画像BBS」ができました。
放出品やイベントのお知らせなどを掲載予定す。
また、各種ご連絡・ご相談もこちらまでお気軽に♪

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する